こんな夜更けにバナナかよ

いちごちゃん(・∞・)さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
こんな夜更けにバナナかよ
9

わがままになる勇気

実話を元にした映画です。
筋ジストロフィーという難病に侵された男が家族に頼らずに自立した生活を送る物語です。
障がい者を扱った映画は感動系が多いと思いますが、この映画は感動だけじゃない、笑いと感動、そして最後には障がい者の自立について考えさせられます。
主人公鹿野はたくさんのボランティアを集めシフトを組み入浴や食事介助、排泄のケアを依頼しています。そこでは全くの遠慮はなく怒ったり、新しいボランティアには「研修生」と名付け指導しています。
しかしひどい扱いを受けてもボランティア達は鹿野の天性の明るさ、全力で夢に向かっている姿に刺激を受け辞めずに続けています。
鹿野はできない事を頼める勇気の必要性を訴えています。
進行していく病気とは裏腹に、どんどんわがままになっていく姿には爽快さすら感じました。
大泉洋のコミカルながらリアリティーのある演技にどんどん引き込まれていきました。
障害や福祉に関しては正解はないかもしれませんがこれを見た後は自分なりにこうあるべきなのかも、と考える事ができました。
出演者もむやみやたら多くなく、わき役もいい味を出しておりとても見やすかったと思います。
もう一度見たいと思える作品でした。