ルームメイト

on_lrsdさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ルームメイト
10

本当の怖さがそこにはある

深田恭子と北川景子のダブル主演のこの映画。2人とも美人なので観ていて見とれてしまいます。
交通事故に遭い、重症を負った北川景子。入院先の病院で優しい看護師である深田恭子と知り合いとなり、意気投合し2人は一緒に暮らすようになります。
最初は順調な生活だったのですが、深田恭子の言動に少しづつ怖くなる北川景子。
深田恭子が二重人格者だと知るのです。深田恭子の人格は優しい「れいこ」と、残忍な「マリ」が存在していました。マリとれいこの時の表情の違いを深田恭子がとてもリアルに表現していました。
しかし、本当の恐怖はそこから。その二つの人格と北川景子のまさかの関係。
ホラーといえば幽霊話を想像しがちですが、これこそ本当のホラーです。
全ての被害者だったはずの北川景子の本性があったのです。それを見抜いたのは北川景子の事故相手である男性でした。
そこでやっと観ていて全てが理解できました。母親に電話していたこと、れいことの交換日記のことも。そういったドンデン返しが私はとても好きなので大満足です。
人間の怖さがよく表現されている上に驚きの事実が隠されているとても面白い映画です。終盤になるにつれ「そういうことか」と言わされました。