かぐや姫の物語 / The Tale of the Princess Kaguya

NNN3さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
かぐや姫の物語 / The Tale of the Princess Kaguya
10

こんなに泣けた映画はありません。

高畑監督の遺作である「かぐや姫の物語」。この映画が発表された当時はそれ程興味を持ちませんでした。今頃手書きなんて…、少し時代遅れだな、と思っていました。
しかし、一旦見始めたらどんどん物語に引き込まれ、長編ではありますが一気に観ることが出来ました。観ている間、ほとんど泣いていました。何故こんなに涙が止まらないのだろう、と不思議に思う程、最初から最後までわんわん泣いてしまいました。
その理由は、この映画の中には、私の幼少期から独立までのすべての場面が詰まっていたからです。もうとうの昔に忘れていた幼少期の場面が、この映画を観る事によって一気に脳の記憶領域から再生され、それら過去の思い出と被り、あの時は幸せだったなー、と、どっぷり感傷に浸ってしまい涙が溢れ出てきました。
四季折々の風景が繊細な描写で描かれていますが、どの場面を見ても、「そうそう、自然ばかりだった昔はそんな感じだった。バッタが飛び跳ねるのは、カエルが飛び跳ねるのは、鳥が鳥かごの中でぴょんぴょん飛び跳ね囀るのは、草木が風に戦ぐ風景は、桜が満開の時の淡いピンクの色合いは、崖から転げ落ちる感じは、草や木しかない道端で近所の子たちと一緒につるんで遊びまわったのは、父母に育て上げられた時代の光景はこんな感じだったな。あの頃はとってもとっても楽しかった…。」沢山の貴重な過去の思い出が一気に溢れ出しましたが、今は全て存在しないものとなりました。
昔の良き時代の貴重な映画を高畑監督は労力と命をかけて残して下さったと思っております。他の誰にも真似出来ない力作です。この映画の中には人生全てが詰まっています。