東京ラブストーリー

NEYMEX_79さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
東京ラブストーリー
7

タイトルなし

随分もう昔になるのですが、鈴木保奈美、織田裕二によるラブストーリーです。ある、企業の営業部に配属された織田裕二は先輩となる鈴木保奈美と出会うのでした。そして、二人はやがて恋に落ちていくのです。
りかは天真爛漫で笑顔の可愛い女性で、かんちは、少し無口な男の子でした。そんな二人が様々なラブストーリーを展開していくのです。時には楽しくデートしたり、食事したりと、そして時には喧嘩する時もありました。また、そんな二人の有名なシーンがありました。それは、二人が出会ってまだお付き合いする前の話です。二人が公園でお別れする時のことでした。二人がサヨナラするのが淋しいねって言って、そんな二人がその公園で背中合わせにして離れて行くのです。そして、本来ならそのまま振り返らず帰る予定だったのですが、りかだけが振り返って かんちの後姿を見ているのです。すると、かんちも気配に気付いて かんちはずるいなぁ~って言うのです。すると、りかが突然、かんちに向かって走り出し抱き付き告白するのです。そして、そこから二人は本格的にお付き合いがはじまるのでした。しかし、ラブストーリーだけあって、そうは上手くいきません。間に新たな女性が入りはじめ、後にドロドロになっていくのでした。