オデッセイ / The Martian

refuesさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
オデッセイ / The Martian
9

とにかく前向き!

火星に独り取り残された宇宙飛行士ワトニー。水もない、食料もない、助けも期待できない。ただ火星に独り。普通は、絶望しかない状況です。私なら発狂します。
ところがこのワトニーは、そうはならないんです。むしろ前向き。究極の前向き。信じられない!!

植物学者であった知識をフルに使い、火星で食料にするイモを作り始めます。水もないから、水素を燃やして水をも作る。その際爆発を起こしても「自分の吐く二酸化炭素を計算に入れるのを忘れてた。」と淡々と動じません。自分を置いて地球へと帰ってしまったクルーの糞尿をも利用し、たくましいことこの上ない。
見事、火星産のイモを収穫し、「植民地と言うのは、上陸した土地に食料のための植物を植えることで植民地になる。だから僕は火星を植民地したことになる。」とまで言ってのけます。

彼の悩みは、火星で自分好みの音楽が聞けないこと。
彼に残された唯一の音楽は、船長のPCに入っていた70年代ディスコ・ミュージック。
「今世紀の音楽はないんですか?」「最低だ」などとワトニーにぼやかれていますが、この作品中に流れる70年代ポップスがまた懐かしくていい!

絶望しかない状況のハズなのに、このワトニーを見ていると、何度も吹き出しちゃう!笑えてしまうんです!自分の日常の悩みや、もうどうにもならないと思っていることなど、実は小さいことかもしれないと思えて、観て元気になれる映画だと思います。
元気になりたい方にも、気軽に楽しみたい方にも、ぜひお勧めです♪