あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 / あの花 / Anohana: The Flower We Saw That Day

guuro9696さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 / あの花 / Anohana: The Flower We Saw That Day
10

必死に子どもの頃のトラウマと闘い前に進もうとする青春アニメで、作品中に何度も泣けます。泣きたい方には必見のアニメです。

小学生の頃、いつも仲良しで、あだ名で呼びあい行動を共にしていた幼馴染の男女6人の物語です。ある日突然、そのうちの一人の女の子(芽衣子ちゃん)が亡くなってしまい、その死をきっかけに残された5人の子ども達はどんどん関係が離れていき、それぞれの生活に流されていきます。中学を卒業し、高校受験に失敗して引きこもりになっていた男の子(仁太くん)のところに、亡くなった芽衣子ちゃんの幽霊が現れ、願いを叶えて欲しいと頼まれます。小学生のときのトラウマを抱え、誰とも関わらずひっそりと孤独に生活している仁太くんが、芽衣子ちゃんの願いを叶え、ひきこもりから脱却し人と関わって成長していこうとする姿が健気で涙が止まらなくなります。誰もが抱いたことのある子どもの頃の後悔や負い目や自分を責め続ける思いと闘い、亡き芽衣子ちゃんが一緒にいることでようやく孤独から抜け出せた仁太くんが、芽衣子ちゃんの願いを叶えるためには、芽衣子ちゃんをちゃんと成仏させてあげなければいけませんでした。でも、成仏すると二度と芽衣子ちゃんに会えなくなるのが分かっていた仁太くんは葛藤と闘います。いつか生まれ変わってまた出会える芽衣子ちゃんの存在を信じて仲間と約束を果たそうとする青春アニメは、作品のどの場面でも何度も泣けます。