フルーツバスケット / フルバ / Fruits Basket

フルーツバスケットとは高屋奈月による少女漫画。1998年から2006年まで白泉社の「花とゆめ」にて連載。2001年にはテレビ東京でアニメ化され、更に2019年にもキャストを変えて再びアニメ化された。原作コミックは全23巻で完結済み。主人公は父親が病死、母親が事故死してしまい孤独となってしまった少女「本田透」。透はひょんなことから高校の同級生の「草摩由希」「草摩夾」と同居することになる。由希と夾は呪いによって女の子に抱き着かれると動物になっていしまうという特殊な体質だった。そんな透と由希、夾を中心としたギャグあり、恋愛あり、シリアスありの青春ストーリー。透は呪いに戸惑いつつも、次第に呪いを解く決意をする。物語前半はギャグ要素多め、後半に行くにつれてだんだん物語はシリアスになっていく。設定は現代の学園ものだが、登場人物が動物になってしまうなどファンタジー要素も含まれている。2009年と2022年の二度にわたり舞台化された。

mihoko10226さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
フルーツバスケット / フルバ / Fruits Basket
10

心に響く言葉が詰まっている

フルーツバスケットには幾度となく泣かされました。なかなか見たことないような設定の不思議な物語ではありますが、一人一人のキャラクターに焦点をあてて物語が進んでいきます。
メインキャラクターの本田透、草摩由希、草摩夾の話もスゴクスゴク良いですが(特に由希君の話は泣けます)透の母の話や、草摩家当主の草摩慊人の話も素晴らしいです!なにより、主人公である本田透(女の子)がすごくいい子で、こんなにマンガの主人公と友達になりたいと思ったことはありません。
最初はよくいる純粋ないい子と言った女の子と思ったのですが、この子に至ってはもう包容力が半端ない。作中でも勿論ほかのキャラクターの支えになるのですが、読み手にも心に染みるような行動、発言をしてくれます。
私は何か嫌なことがあった時に、透君(彼女のニックネーム)の言葉を思い出したりします。そんな、自分のことを二の次にほかの人を支えてあげるような彼女自身にも悩みというか、闇があり、不安定になることがあります。その時は今度は支えてあげなくちゃ!という気持ちになります。私も実際に友達であったなら、透君のピンチとなればすぐに駆けつけると思います。彼女は紛れもなく私の好きな女の子のキャラクターナンバーワンです。