家庭教師ヒットマンREBORN!

snsck0さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
家庭教師ヒットマンREBORN!
8

死ぬ気になればなんでもできる?!

勉強も運動も何をやってもダメダメの少年沢田綱吉、通称ツナの元に突如やってきたのは、最強のヒットマンを名乗る赤ん坊リボーン。リボーンは「ツナをマフィアのボンゴレファミリーの10代目ボスとして立派に育て上げること」を目的にやってきたと言います。はじめはデタラメだと思っていたツナでしたが、リボーンの並外れた強さの前では歯が立たず、嫌々リボーンとの生活が始まります。
REBORNを語る上で外せないのが死ぬ気弾です。死ぬ気弾はボンゴレファミリーに伝わる秘弾で、これで頭を撃ち抜かれると「死ぬ時に後悔したことを、復活して死ぬ気でやり遂げてしまう」という効果があります。ツナはリボーンと死ぬ気弾により、平凡からはかけ離れた波瀾万丈な毎日を過ごすことになってしまいます。しかしそれがきっかけで様々な人たちと関わるようになり、友達がいなかったツナに獄寺や山本のような大切な友人たち(リボーン曰くファミリー)もできていきました。
諦め癖の付いていたツナがリボーンとの出会い以降、友達を守るために強くなりたいと段々思うようになり、精神面でも武力面でも成長していく様子が描かれています。作品の序盤のギャグパート中心のところも笑えて面白いのですが、段々と派手なバトルシーンも増えていき繊細な絵柄のバトルシーンに魅せられる人も多いと思います。
マフィアも、戦いも、怖いのも、痛いのも本当は好きじゃないけど、大切なものを守る為に強くなりたい。ツナが戦う理由はいつも大切な仲間との平凡な日常を守る為なのです。そんなツナの成長していく姿がとても魅力的です。
家庭教師ヒットマンREBORN!は2012年に既に完結しているので、結末まで読むことができます。ギャグと繊細なバトル描写のギャップと、キャラクターの成長に心奪われ、一気に読んでしまうこと間違いなしのオススメの作品です。