Entertainmentその他エンタメの記事一覧

帰ってくる!ミュージカル「エリザベート」の魅力

最近、ミュージカル界が熱い!その中でも特に注目すべきは、ミュージカル界のプリンスと元宝塚歌劇団のプリンセス、期待の若手キャストにジャニーズのホープまで、豪華なキャストが集結したミュージカル「エリザベート」です。 昨年の上演の評判が良く、今年はかなりのチケット難となっている「エリザベート」の魅力に迫ります。

Read Article

「ゴーン・ガール」の作者が描く、新しいミステリー映画「ダーク・プレイス」

「ゴーン・ガール」の原作者であるギリアン・フリンの新作映画「ダーク・プレイス」がいよいよ公開。幼少期、家族を一度に失ってしまうという悲惨な事件を経て大人になった少女は、改めて事件と向き合うことになります。ミステリーファンにはたまらない先の読めない展開は必見です。

Read Article

きもっ。ゆるキャラの最終兵器・しもっきー

くまモンやふなっしーなどを筆頭として現在も盛り上がっているゆるキャラの世界。 ブームは一段落していると見える中、その存在が一部ゆるキャラファンの間で噂となっているとんでもないゆるキャラがいます。 その名も”しもっきー” キモさやダンス・DJスキルの高さなど既存のゆるキャラの概念を超えたゆるキャラです。 今回はそんなゆるキャラ・しもっきーについてまとめました。

Read Article

ヤン・シュヴァンクマイエルのおすすめ作品・短編

芸術分野を彩る様々なアーティストの中から、異常なほどの映像センスを持ったシュルレアリスト、ヤン・シュヴァンクマイエルをご紹介!食べ物や食事シーンをまずそうに描写し、教訓や主張を「シュール」という名のオブラートに包む彼の作品は、食に例えればまさに珍味!噛めば噛むほど味が出て、何度でも見たくなる・・・こともある。さて、どの作品をチョイスしたものか?何せいずれ劣らぬ傑作ぞろいですから。

Read Article

海外映像作家、二人のデビュー作

チェコのシュルレアリスム映像作家ヤン・シュヴァンクマイエルと、フランスのアニメーション作家シルヴァン・ショメ。共に映像作家としてはかなり有名な人物です。が、そんな彼らにも無論「新人」の時代はありました。そこで、今回は二人のデビュー作をまとめてみました。受賞作の多いショメと、心にずしりと来る作風のシュヴァンクマイエル。彼らの原点とは一体・・・?

Read Article

謎すぎる存在感・ハコちゃんこと岩下尚史って何者だ?

日本の伝統文化に精通した博識ぶり、作家であるにもかかわらずバラエティー番組でも活躍し、大河ドラマにまで出演した謎のおじさん、”ハコちゃん”こと岩下尚史。 柔和な口調と穏やかな雰囲気からは想像できない爆弾発言の数々で人気を博していますが、何者かわからない人のほうが多いかと思います。 そこで今回は経歴や愛称の由来など岩下尚史についてまとめました。

Read Article

水谷千重子先生だけじゃない!ロバート秋山のなりきりキャラクターが面白すぎる

近頃メディアを賑わす大物演歌歌手、水谷千重子先生……と言ってもその正体は女性芸人・友近さんなわけですが、今「いそうなキャラ」を演じる芸人さんが続々登場中。中でも、Youtubeチャンネルで独自のキャラクターを生み続けるロバート・秋山さんの着眼点が「絶妙すぎる」と話題になっています。

Read Article

天才の共演に腹筋崩壊注意。『北斎漫画キット』傑作選

『富岳三十六景』などで有名な天才浮世絵師、葛飾北斎。日本初ともいわれる漫画『北斎漫画』でも知られていますが、その『北斎漫画』や文字を組み合わせ全く新たな『北斎漫画』を現代によみがえらせるという試みがネットでなされて幾星霜。改めて振り返りましょう、傑作たちを。腹筋崩壊及び飲食しながらの閲覧にご注意を。吹き出したらPCやキーボードが大変なことになりますので・・・。

Read Article

絶好調!「トットてれび」 あの人が演じている「アノ人」はこんな人!

最近「すごく面白い!」と評判のドラマが、NHKで放送されている「トットてれび」です。 このドラマにはテレビ黎明期から活躍されてきた黒柳徹子さんを中心に、たくさんの著名な歌手や俳優が見事に「再現」され登場してきます。 そこでドラマに登場する人物のモデルとなった方々について、ちょっと調べてみました。

Read Article

【小林よしのり】~UGN(ウラギラナイ)48~よしりんとみるきーの軌跡【渡辺美優紀】

恋愛禁止条項を絶対守る「UGN(ウラギラナイ)48」 ファン公認のAKBヲタ・小林よしのりが選ぶ、絶対にスキャンダルが出ない安全メンバー。 その中でもファンの間で一番不満が出たのが、「釣り師」と名高い渡辺美優紀の選出である。 それでも信じて推し続けたよしりんと、釣り師みるきーによる攻防戦まとめ

Read Article

現代社会を生きる若者へ贈る野坂御大のお言葉 「野坂説法」全文書き起こし(2分で読めるゾ)

作家、作詞家、歌手、政治家、タレント、評論家等々、様々な顔を持つ知の巨人、野坂昭如。とあるパーティーの壇上で、そのパーティーの主役である故・大島渚に全力で右フックをかましたことはあまりにも有名。一方で、「火垂るの墓」の作者であり「おもちゃのチャチャチャ」を作詞した人物であることを知る者は意外に少ない。 今回はそんな野坂御大が若者に向けて贈った言葉「野坂説法」の全文をお送りします。

Read Article