木村カエラ(Kaela Kimura)の徹底解説まとめ

2001年にモデルとして活動を開始。後の2002年に「katie」という名前でボーカル担当をしたインディーズバンド「ANIMO」を結成する。
後に、テレビ神奈川の音楽番組「saku saku」のMCを務め、番組の企画により1stシングル「Level42」を発表しメジャーデビューを飾る。
2009年にはNHK紅白歌合戦で披露するなどし、音楽活動を中心に活躍している。

8EIGHT8

01. 「Make my day!」(カネボウ化粧品【KATE】CMソング)
02. 「KEKKO」(カネボウ化粧品【KATE】CMソング)
03. 「8EIGHT8」(カネボウ化粧品【KATE】CMソング)
04. 「Ring a Ding Dong」(NTTドコモ【ひとりと、ひとつ。 walk with you】CMソング)
05. 「うたうらら」(カネボウ化粧品【KATE】CMソング)
06. 「lollipop」(NEC【LaVie L】CMソング)
07. 「ホシノタネ」
08. 「Moon Light」(カネボウ化粧品【KATE】CMソング)
09. 「喜怒哀楽 plus 愛」(カネボウ化粧品【KATE】CMソング)
10. 「deep beep」(カネボウ化粧品【KATE】CMソング)
11. 「A winter fairy is melting a snowman」(NTTドコモCMソング)
12. 「orange」(東宝配給アニメ映画【チェブラーシカ】主題歌)
13. 「チョコレート 」

6thオリジナルアルバム。2011年10月12日発売。
殆どが「カネボウ化粧品【KATE】CM」で流れた曲を収録している。8曲目の「Moon Light」だが、CMで使用されていた際の曲のタイトルは「Sea」であり、CDに収録された際に曲名が変更されている。
「8EIGHT8」は全楽曲「渡邊忍(ASPARAGUS)」がプロデュースを担当している。

Sync

01. 「マミレル」(テレビ朝日系金曜ナイトドラマ【都市伝説の女】主題歌)
02. 「HERO」
03. 「Sun shower」
04. 「coffee」
05. 「Hello Goodbye」(キヤノンミラーレスカメラ【EOS M】CMソング)
06. 「sorry」
07. 「MY WAY」
08. 「Synchronicity」
09. 「so i」
10. 「Merry Go Round」
11. 「Cherry Blossom」(東海テレビ【スイッチ! (東海テレビ)】主題歌)
12. 「WONDER Volt」 (ディズニー映画【フランケンウィニー】のインスパイアソング)

7thオリジナルアルバム。2012年12月19日発売。
前作アルバム「8EIGHT8」はプロデューサーが一人だったが、本作「Sync」はすべての曲でプロデューサーが異なっている。「渡邊忍」を始め、クラムボンの「ミト」、NATSUMENの「AxSxE」、ホテルニュートーキョーの「今谷忠弘」、「蔦谷好位置」、「Jhameel」など多くの人が関わっている。それに伴い収録曲も「ロック」、「ポップス」、「アコースティック」と多彩なジャンルの曲が収録されている。
本作は音作りにおいて「リズムを意識する」というテーマが存在している。多くのプロデューサーが関わることでそれぞれの特徴が出るが、アルバムに収録し一体感を出すための共通点が決まっていなかった。そこで、誰にでも共通していることは「心臓が動いている」ことであり、心臓の鼓動をリズムとして考えることで何かしらの共通点が生まれるのではないかと思ったそうだ。
歌詞に関しては木村カエラ曰く、「前作『8EIGHT8』のツアーを武道館で行ったときに、伝えたいと思った事を伝えられ無かったことがあり、今回はそれを活かして歌詞に悔いがないよう、歌詞で共感できるように作った」と述べている。

MIETA

01. 「one more」
02. 「sonic manic」(ソニー ハイレゾ【音源対応ウォークマン(R) & ヘッドホン】 CMソング)
03. 「TODAY IS A NEW DAY」
04. 「MAKE THIS DREAM REAL」
05. 「c'mon」
06. 「Satisfaction」
07. 「RUN」
08. 「MIETA」
09. 「OLE!OH!」
10. 「Wake up」
11. 「eye」

8thオリジナルアルバム。2014年12月17日発売。
木村カエラのアーティスト活動10周年記念作品である。
前作アルバム「Sync」同様、「渡邊忍」「牛尾憲輔」「森岡義裕」「三浦康嗣」等多くのプロデューサーが関わっている。そのため、曲も多彩であり、「パンク・ロック」「ポップ」調の曲から、過去の曲や音源の一部を引用し再構築して新たな楽曲を製作する「サンプリング」で構成された曲まである。
アルバムタイトルは「MIETA」と「CLEAR」の2つの候補が残り、発売間近まで決定されていなかった。しかし、「10年続けることで“見えた(MIETA)”もの」ということで 最終的には「MIETA」に決定した。

PUNKY

01. 「There is love」
02. 「僕たちのうた」
03. 「EGG」(TBS系木曜ドラマ劇場【37.5℃の涙】挿入歌)
04. 「THE SIXTH SENSE」
05. 「オバケなんてないさ」(カバー曲)
06. 「SHOW TIME」
07. 「好き」
08. 「恋煩いの豚」(クラシエボディケア商品【ナイーブ】CMソング)
09. 「PUNKY」
10. 「BOX」(MicrosoftタブレットPC【Surface Book】タイアップソング)
11. 「向日葵」(映画【バースデーカード】主題歌)
12. 「Happyな半被」(Bonus Track)

9thオリジナルアルバム。2016年10月19日発売。
本作はデビューも決まっていない10代の頃から共に作品作りをしてきたバンドメンバーと一旦決別し、新たなメンバーを迎えて制作している。そのため、今までとは曲調が変化している。
「オバケなんてないさ」は日本の童謡をベースとしてNHK「みんなのうた」で放送された曲のカバー曲になる。

木村カエラの代表曲

「Snowdome」

【JR東日本】のCMソングに使用された曲。
この曲はラブソングであり、曲調や歌詞からどことなく切なさを感じる曲になっている。
作曲者「BEAT CRUSADERS」がアイドルっぽい曲調で作曲し、渡された曲を木村カエラが曲に合うように作詞した。
結果はラブソングの歌詞になるが、木村カエラ自身は曲に合うように作詞しただけでラブソングにしようとしたわけではなかった。そのため、木村カエラ自身はこの曲がラブソングであるという意識を持っていない逸話がある。

全体的にゆったりとして耳に残りやすい曲である。アイドルっぽい曲調で作曲した割には落ち着いた曲になっている。

「Butterfly」

リクルート【ゼクシィ】のCMソング。
親友の結婚式のために書き下ろした曲であり、結婚情報誌【ゼクシィ】のCMソングに採用される。
CMで話題になったことから、各配信サイトのチャートで1位を獲得すると共に、音楽配信サイト「iTunes Music Store」と「mora」の楽曲ランキングでは年間第2位になる。さらに、この曲「Butterfly」で第60回「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たしている。
教会の様な厳かな曲と二人が誓い合う歌詞が、結婚式にふさわしい楽曲になる。

「OLE!OH!」

木村カエラの20枚目のシングル曲である。
キャッチフレーズは「夢をかなえる私応援ソング」となっており、メイキング映像等もそれに合わせるような作りになっている。
全体的に明るく元気で応援ソングにふさわしい、弾むような曲調になっている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents