木村カエラ(Kaela Kimura)の徹底解説まとめ

2001年にモデルとして活動を開始。後の2002年に「katie」という名前でボーカル担当をしたインディーズバンド「ANIMO」を結成する。
後に、テレビ神奈川の音楽番組「saku saku」のMCを務め、番組の企画により1stシングル「Level42」を発表しメジャーデビューを飾る。
2009年にはNHK紅白歌合戦で披露するなどし、音楽活動を中心に活躍している。

『木村カエラ』概要

「木村カエラ」は、1984年に東京で生まれた日本の歌手である。他にも幼少のころから読者モデルや、ファッションモデルなど様々な部門で活躍している。

小学生のころ原宿でカットモデルにスカウトされたことがきっかけとなり、宝島社が発売する雑誌「CUTiE」の読者モデルとして活動を開始する。中学生になると、「スパイス・ガールズ」など芸能活動をしている同級生も多くなり、木村カエラ自身も刺激を受けて歌手を目指す気持ちが強くなる。
その後も雑誌モデルなどをしながらバンドの練習を行い。2002年に初のインディーズバンド「ANIMO」を結成、「katie」という名前でボーカルを担当するようになる。
2003年にはテレビ神奈川制作の音楽情報番組「saku saku」でMCを努めつつ、音楽活動を行い、2004年に1stシングル「Level42」でメジャーデビューする。
多くのCM曲を発表しながら全国的に知名度を上げていき、2009年に第60回NHK紅白歌合戦に初出場。「Butterfly」を披露することでさらに有名になる。
その後も、多くの曲を発表しながら音楽活動を始めとして様々な部門で活躍する。

2010年に俳優の瑛太と結婚。同年の10月に男の子を出産する。また、後の2013年には第二子になる女の子を出産している。

人物像

日本人の母親とイギリス人の父を持つ日英のハーフである。
本名は「木村 カエラ りえ」で、結婚したことにより姓が「永山」に代わり「永山 カエラ りえ」になる。
アーティスト名「木村カエラ」の名は旧姓とミドルネームを合わせた名前である。
ミドルネーム「カエラ」とはヘブライ語で「最愛」の意味を持つ言葉であり、「木村 カエラ りえ」=「木村家の最愛の娘、りえ」と美しい名前になるが、木村カエラ曰く、「両親はそんな意味を知らず、語呂がいいからつけたのではないか?」とドライな発言をしている。実際にその通りで、後にテレビ番組で「カエラは愛を意味するが名前の由来とは関係が無く、両親は他の人とは違う変わった名前にする為に付けた」と説明している。

趣味は「ギター」、「ピアノ」、「服作り」。
木村カエラ曰く肉好きの大食い。また、ガンダムシリーズのフィギュアを自室に飾るなどしている。好きなシリーズはファーストであり、特にモビルスーツの「ズゴック」、「ドム」が好きとのこと。
他に漫画も好きで、幼少のころから「ちびまる子ちゃん」のファンであると述べている。

3歳からエレクトーンを習い、11歳でピアノに転向する。また、小学生低学年で「globe」の「KEIKO」の歌声に衝撃を受け歌手を目指すようになる。
モデルとして活動する傍ら、10代で歌手デビューしようと模索していた。後に音楽番組「saku saku」のMCの仕事が決まる。そして、saku sakuの番組プロデューサーだった武内和之に「英語歌詞も歌うような西海岸風の、ロックでバンドっぽい音楽をやりたい」と告げたことで方向性が決まり、CDを出せるようになる。

ちなみにゴールデンボンバーのボーカル「鬼龍院翔」とは高校時代同じクラスの同級生だった。

テレビ神奈川制作の音楽情報番組「saku saku」

「saku saku」とは独立放送局等で放送されていた、テレビ神奈川制作のバラエティ仕立ての音楽情報番組。
前身の番組「saku saku morning call」の終了後に、パペットキャラクターのみの「小動物王国」として放送を開始する。また初代MCとして「フトモモ」「青木」の2パペットが出演していた。
後の2001年に「フトモモ」「青木」の両パペットが卒業と共に一新され、「あかぎあい」がMCを務めるようになる。

2003年にあかぎあいが卒業。代わりに木村カエラがMCを務めるようになる。
当初はファッションモデルだった程度で認知度が低かったが、物怖じしない天然なトークで人気を獲得していく。その後、木村カエラがCDを発売しメディアへの露出が増えたことで、saku sakuも全国的に知られるようになる。

アルバム

KAELA

01. 「untie (album take)」
02. 「You know you love me?」
03. 「あの頃」
04. 「happiness!!!」(ロート製薬【セセラ】CMソング)
05. 「INVENTOR」
06. 「D.T.S.」
07. 「Level42 (album take)」
08. 「誰」
09. 「Because」
10. 「weak」
11. 「Whatever are you looking for? (album take)」
12. 「sola」

1stオリジナルアルバム。2004年12月8日発売。初のメジャーアルバム。
多くはメジャーデビューした後の曲になるが、「You know you love me?」と「Because」の曲はインディーズバンド「ANIMO」で活躍していた時に作詞した曲である。
CDジャケットは、スカートの下からパンツが見えている状態であるが、これは木村カエラ本人が、「こういうノリは10代でないとできない」ということで「絶対にパンツを見せる」という趣旨の下撮影した為である。

Circle

01.「リルラ リルハ」(ボーダフォン 日本法人(現:ソフトバンクモバイル)【連発メール】篇 CMソング)
02.「tea cup」
03.「I ♥ hug」
04.「BEAT(Album ver.)」
05.「トゥリル トゥリル リカー」(東宝配給映画【嫌われ松子の一生】挿入歌)
06.「Twinkle(NANA ver.)」
07.「You」(ネスレコンフェクショナリー【キットカット】CMソング)
08.「PIONEER」(森永乳業【エスキモーPino】CMソング)
09「.Deep Blue Sky」
10.「Dancing now」
11.「Circle」
12.「はちみつ」
13.「C-hildren 」

2ndオリジナルアルバム。2006年3月8日発売。
タイトルにも使われている曲「Circle」だが、これはシングルCD扱いはされていないが、キットカットに添付されたCDシングルとして限定販売された曲である。
「You」を含め落ち着いた曲が多く入っているが、次回アルバム「Scratch」のインタビューで木村カエラ本人から「暗い」と述べられている。

Scratch

01.「L.drunk」
02.「Magic Music」( 東芝【gigabeat】CMソング)
03.「Snowdome」(【JR東日本】CMソング)
04.「ワニと小鳥」
05.「dolphin 」
06.「sweetie」
07.「きりんタン 」
08.「Scratch」
09.「SWINGING LONDON」
10「.never land」
11.「TREE CLIMBERS 」(【モード学園】CMソング)
12.「JOEY BOY 」
13.「Ground Control(Album Mix) 」(東芝【gigabeat】CMソングのアレンジ)

3rdオリジナルアルバム。2007年2月7日発売。
後のデビュー10周年のインタビューで、「作品を作る時は自分の体験を削って作るので、きついことだけど、この時は歌詞が次々降りてきて楽しかった」と述べており、「全曲シングル候補」と意気込むほどの出来になっている。そのためかはわからないが、アルバム「Scratch」は明るい曲が多く収録されている。また、自身初のオリコンチャート1位を獲得などの快挙も達成している。

+1

01. 「NO IMAGE」
02. 「Jasper」(角川配給映画【マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋】日本語吹き替え版主題歌)
03. 「Yellow」(日本テレビ系【スポーツうるぐす】テーマソング)
04. 「STARs」(ポッカコーポレーション【キレートレモン】CMソング)
05. 「ファミレド」
06. 「dejavu」
07. 「Samantha」
08. 「+1」
09. 「No Reason Why」(山崎製パン【ランチパック】CMソング)
10. 「鏡よ鏡」(日本テレビ系ドラマ【The O.C.】エンディングテーマ)
11. 「はやる気持ち的 My World」
12. 「1115」
13. 「Humpty Dumpty」

4thオリジナルアルバム。2008年4月2日発売。
タイトルの「+1」は、外国でパーティーに連れていく相手のことを自分を基準に「+1(プラスワン)」と表現するところが面白いと感じ採用したらしい。
自分自身の生活を楽しむ素直な気持ちが大切であり、普段の出来事からふと気が付く、人を素直にさせてくれるモノ「+1」を探してほしいという意味が込められている。
そのため、日常の何かを見つけられるような楽しい曲が多く収録されている。

HOCUS POCUS

01. 「Dear Jazzmaster '84」
02. 「マスタッシュ(album ver.)」(マンダム【LUCIDO-L】CMソングのアレンジ)
03. 「Phone」(ポッカ【キレートレモン】CMソング)
04. 「乙女echo」
05. 「Butterfly」(リクルート【ゼクシィ】のCMソング)
06. 「どこ」(日本テレビ系【音楽戦士 MUSIC FIGHTER】2009年1月度オープニングテーマ)
07. 「HOCUS POCUS」(毎日放送ドラマ【子育てプレイ】テーマソング)
08. 「Another world」
09. 「season」
10. 「キミニアイタイ」
11. 「Jeepney」(マンダム【LUCIDO-L】CMソング)
12. 「BANZAI(album ver.)」(TBS系【S☆1】テーマソングのアレンジ)
13. 「Super girl」(日本テレビ系【世界!弾丸トラベラー】テーマソング)
14. 「Today」(シークレットトラック)

5thオリジナルアルバム。2009年6月24日発売。
第60回NHK紅白歌合戦に初出場した際に歌った曲「Butterfly」が収録されているアルバムになる。
タイトル「HOCUS POCUS」には「呪文、手品、いんちき」といった意味があり、ハロウィンでの掛け声に使用される言葉としても知られる。
木村カエラ曰く、「人はいくらでも自分の意志と力で変わることが出来、変わる為のおまじないの呪文「チチンプイプイ」の様な意味を持つタイトルにした」と述べている。
本アルバムは14曲目にシークレットトラック「Today」が収録されている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents