食戟のソーマ(しょくげき)【基本情報・随時更新】

「食戟のソーマ(しょくげき)」は、『週刊少年ジャンプ』で2012年52号から連載され、原作・附田祐斗先生、作画・佐伯俊先生、料理研究家・森崎友紀先生の協力のもと、日本屈指の料理学校で主人公・幸平創真(ゆきひらそうま)を始めとする個性豊かな生徒達が、“一流の料理人”を目指し切磋琢磨しながら友情と絆を育む“新感覚料理バトル<食戟>”漫画。

甲山鉄次

甲山鉄次(かぶとやま てつじ) 声-野川雅史

遠月学園高等部2年生の男子生徒。串打ち研究会主将。
牛、鶏、魚介とあらゆる食材を変幻自在に加工・調理し、「串打ちの鉄」の異名を持つ食戟の勝率が8割を超える実力者。秋の選抜での創真の実力を評価し、スタジエールから戻った創真に食戟を挑むが、料理人としてのレベルを上げた彼の前に敗北した。条件として、創真に串打ちの技術を教えることになる。

月饗祭では目抜き通りエリアに出店し、初日の売上では第2位にランクインした。

中枢美食機関設立に異を唱え、叡山に食戟を挑むが、叡山が仕組んだ八百長によって料理を食べてもらえずに敗北する。本来なら退学となるはずだったが、創真が叡山に勝利し一色によって叡山の八百長が公表されたことで彼の処分も見直されることになった。

楠連太郎

楠連太郎(くすのき れんたろう)

遠月学園高等部2年生の男子生徒。中枢美食機関の一員。

左目の目元に入れ墨を入れている。中枢美食機関に選ばれたことに対して強いプライドを持っており、尊大な態度をとっている。食戟では相手の得意分野で戦い制限も相手に委ねるスタイルで戦い、そのうえで徹底的に叩き潰すことを好んでいる。しかし、ももからは「悪趣味」、タクミからは「今まで味わってきた劣等感の裏返し」「セントラルに選ばれた事実に縋りついている」と評されている。創真からは「連たろ先輩」と呼ばれている。

低温調理の使い手で、スチームコンベクションオーブンやサラマンドルといった最先端の加熱機器を多数所持している。火入れの全てをマスターすることで、素材特化の料理人には辿り着けない地平に行けると自負している。素材の加熱に入ると普段とは打って変わり冷静になる。

残党狩りで最先端研究会代表の黒木場と対決し、魚介類を得意とする黒木場にあえて食材テーマ「鮭」をぶつける。凍結粉砕機で作った鮭のアイスを付け合せ、オリーブオイルで鮭の水分を閉じ込めた「サーモンのコンフィ・フラム」を披露したが、黒木場のクーリビヤックに比べ味が単一的かつ表面的であることを指摘され黒木場の成長を侮っていたことが仇となり敗北。その後空位となった十傑の座を賭けたバトルロイヤルに出場したが、3年生の実力者に敗北した。

遠月学園(中等部)

早津田みつる

早津田みつる(そうつだ-) 声-山下大輝(No image)

遠月学園中等部3年生(第93期生)。新聞部所属。

まだあどけなさが残る少年。秋の選抜での創真の戦いぶりに感動し、遠スポの取材のため創真の下を訪れる。当初は把握している情報量の多さから創真からは美作のスパイではないかと疑われ、実際、創真についてもかなりのことを調べていた。その後は試作したビーフシチューの味見役として創真の取材を行ったが、美作にデータを盗み見られた。月饗祭では創真の依頼で久我の特集記事を見せたり、彼の久我に対する宣戦布告の記事を掲載している。

遠月十傑評議会(成績順)

第一席・司瑛士

司瑛士(つかさ えいし) 声-石田彰(DVD同梱版)

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第一席。

現在の十傑の頂点に君臨する立場であり一見クールな雰囲気だが、自分でも「人前に立つタイプじゃない」と語るほど気弱な性格で、第一席としての責任や重圧に押しつぶされそうになっている。秋の選抜でも会場の仕事は一色たちに任せて自分は裏方に回っていたが、本戦で創真や美作が食戟を立て続けに行ったことで事前処理にかなり苦労したと語っている。短すぎる人生に対して料理はあまりにも深く広いという考えを持っており、料理の腕には他人に味の有無を確かめないほどに絶対の自信を持っている。その一方で、良くも悪くも自分の料理を極めることしか頭になく、他人への配慮を考慮しない傲慢なところがあり、中枢美食機関の方針で大衆料理店が潰れることを仕方ないと割り切っている。いつもネクタイを肩にかけている。

徹底的に「自分らしさ」を捨て、素材のよさを極限にまで研ぎ澄ませた料理を重要視し、食通からは食材に傅きその身と誇りを奉じる者「食卓の白騎士(ターフェル・ヴァイスリッター)」と賞賛されている。えりなからも感性と技術は人間業を超え、美食をつかさどる神々の領域に踏み込んでいると評されている。一方、弱気すぎる性格から他人に作業を任せられないため作業工程は全て自分で行っている。

1年前の紅葉狩り会で上級生に挑戦状を叩きつけた久我の挑戦を受け完勝した。また、同年の月饗祭では中央エリアに出店し5日連続売上1位を達成した。

中枢美食機関発足後、自らが講師を務めた講義で自分のサポートに回った創真の能力の高さを気に入り自分の助手として中枢美食機関に誘う。創真からは断られたが、第一席の地位を条件に創真に食戟を申し込む。2種類のソースで鹿肉を彩った「ふたつの表情を見せる鹿のロースト」で創真に勝利したが、奇抜な料理を作る創真の破天荒さを自分では制御できないと判断し創真の中枢美食機関入りを取り下げた。

第二席・小林竜胆

小林竜胆(こばやし りんどう) 声-伊藤静(DVD同梱版)

遠月学園高等部3年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第二席。

八重歯や左目を髪で隠しているのが特徴で明るく茶目っ気があるが、ドキドキするという単純な理由で薊に加担するなどどこか食えないところもある。常に制服を着ているため目立ちにくいが、えりなやアリス、涼子、郁魅にも劣らないプロポーションの持ち主。料理することよりも食べることを趣味としており、月饗祭では十傑の中で一人だけ出店せず5日間で全120店舗の食べ歩きを行っていた。かなりの寒がりであり、久我曰く、爬虫類みたいに動かなくなるらしい。創真など後輩からは「竜胆先輩」と呼ばれている。

司とは中等部の頃からの付き合いで彼の料理に対する姿勢に興味を持ち、彼の十傑第一席に着く夢に対して、自分は第二席に着くことを約束していた。

月饗祭で久我に一矢報いた創真を気に入り、創真と恵を司の模擬店に招待した。中枢美食機関設立後、創真と叡山が食戟を行うと聞きつけ、面倒な事務処理を司に押しつけて見学に訪れ創真の「羽根チーズ付き餃子」を試食し絶賛した。

進級試験では反逆者を潰す機関側の刺客として派遣されるが、試験官達のような卑劣な手は使わないと公言する。また、十傑を追放された久我が進級試験で反逆者に加勢するのも黙認しているなど、水面下で不穏な動きを見せる。薊の命で三次試験でタクミと恵と対戦することになったが、料理勝負ではなく自分に美味いと言わせる料理を出すという形式にし条件をクリアした2人を合格にした。

第三席・女木島冬輔

女木島冬輔(めぎじま とうすけ)

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第三席。
帽子を被った大柄な生徒。常に無表情。3年の十傑では唯一薊の方針に反対していたため、一色、久我と共に十傑の権限を剥奪された。
その後、連隊食戟にて反逆者チームに参加する。

第四席・茜ヶ久保もも

茜ヶ久保もも(あかねがくぼ-) 声-釘宮理恵(DVD同梱版)

遠月学園高等部3年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第四席。

十傑では最も小柄でツーサイドアップのような髪型をして折り、常にブッチーと呼ばれるネコのようなぬいぐるみを抱いている。一人称は「もも」。口数は少ないが結構な毒舌家でもある。人見知りが激しく梁井によると目を合わせて会話が成立するまで軽く1か月はかかるという。飛行機が苦手。

遠月学園当代きってのパティシエ(菓子職人)と呼ばれており、洋菓子やケーキを中心としたスイーツ作りを得意としており、その繊細な技術と華やかな美的センスを生かした菓子作りで十傑入りを果たした。

月饗祭では山の手エリアで売上総合1位を達成。初日の残党狩りでは叡山と同じくD会場に出場し各研究会に完勝した。

第五席・斎藤綜明

kouki #H&L# EXPG
kouki #H&L# EXPG
@kouki_exldh

Related Articles関連記事

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフまとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

目次 - Contents