日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

概要

「日常」とは、あらゐけいいちのギャグ漫画。全10巻。
2011年に京都アニメーション製作でアニメ化された。全26話。
2012年にはNHKで12話分に再編集した「日常 Eテレ版」が放送された。
民法で放送されたアニメがNHKで再放送されるというケースが非常に稀で、反響が大きかった。

日常というタイトルとは反して、非日常的な「そんな事起こらないだろう」と言う様な奇抜でシュールなネタが多い。
原作版の方がややシュールさが多く、アニメ版はやや可愛い寄りになっている。
時間軸の概念はあまり無いように感じられる作品であるが、原作コミック最終回ではキャラクター達が大人になった姿で登場する。

時定高校を舞台に、明るくてアホな「相生祐子(通称ゆっこ)」、普段は常識人であるが暴走した時のふり幅の広い「長野原みお」、マイペース且つミステリアスな「水上麻衣」、実はロボットの「東雲なの」を中心に起こるシュールな日常を描く。
原作もアニメも主人公は定かでは無いが、アニメ版では祐子が特にメインとして扱われている。
彼女達のほかにも個性の強いクラスメイト、謎の部活囲碁サッカー部、教師陣、なのを作った「はかせ」など様々なキャラに焦点が当たる。
日常と言うよりはもはや異常とも言えるような、疾走感溢れるシュールな短編ギャグ編成される。

原作コミックとアニメではなのの入学時期が異なり、原作では最初っから学校に在籍しているが、アニメでは途中(14話)から学校へ入学する。

あらすじ・ストーリー

時定高校に通うゆっこは、友人のみおと麻衣と何でもない(が、確実に少しおかしい)日常を過ごす。
一方ゆっこと同じ年頃の容姿を持つ(実年齢は1歳)の東雲なのは学校に憧れを持っていた。
なのはロボットである上に、なのを作ったはかせがなのと離れたく無いと言う理由で学校には行っていなかった。
はかせはなのの気持ちを察し学校へ行くのを許可し、満を持して学校へ通うようになる。
しかし背中に付いたネジ回しを取ることが出来ないため、皆から背中がどうなっているのか不思議がられる。
なのは次第にゆっこ達と仲良くなり、ゆっこ・みお・麻衣・なのの4人で行動するシーンが見られるようになっていく。
ゆっこはなのがロボットである事に気づくが、なのがロボットであっても気にせずになのを受け入れた。
そして最終話ではゆっこ・みお・麻衣達が東雲家に行き、はかせ達と共になのの誕生日をお祝いした。

登場人物・キャラクター

1年Q組

相生 祐子(あいおい ゆうこ)

CV:本多真梨子

通称「ゆっこ」。
お調子者且つおバカさんでオーバーリアクションのムードメーカーで主役のようなポジション。
運動神経は良いが勉強は嫌い。
絵心は無く、アゴのとんがったシュールな絵を描く。
ボケでもありツッコミでもあり、突拍子も無い事を言い出したりオヤジギャグをしつこく言う。
みおや麻衣と仲が良くよく三人で一緒にいる。
なのの事はロボットだと気づいているが、一人の人間として接している。
はかせからはとても懐かれている。
性格は比較的大らかで器の大きな面があるが、直接バカと言われると怒る。
また一度熱くなると後に引けない性格でもあり、みおとは時折喧嘩することもある。
何故か「スラマッパギ」(インドネシア語で「おはようございます」)という挨拶をし、麻衣やみおに無視される。
小さい頃の将来の夢はエリマキトカゲだった。
新種の動物を見つける才能がある。

最終回で大人になった姿が映った時は海外に居て、頭にターバン、手に扇、動物を従えて登場した。
これがどういうことなのはか触れぬまま連載は完結した。
人気ランキング第3位。

長野原 みお(ながのはら みお)

CV:相沢舞

ゆっこの親友。
ゆっこからは「みおちゃん」と呼ばれ、ファンからは「ちゃんみお」(ゆっこが一度だけ言った呼び名)と呼ばれる。
基本的には常識人で大人しい性格であるが、何かのきっかけで一度スイッチが入ってしまうと誰よりも大暴走する。
作中で顔芸が一番多いキャラクターでもある。
ゆっことは勉強が得意でスポーツが苦手。特にルールがあるものは混乱して動けなくなる。
しかし暴走すると恐ろしい速さで疾走したり、物理的に周りの人間を倒して行ったりもする。
実はボーイズラブを好む腐女子で、自作でBL漫画を描いている。
本気で漫画家なろうとしていて、「長野原大介」というペンネームで投稿している。
腐女子であることも漫画を描いてる事も周囲に隠していて、バレそうになると挙動不審になり、最初はお金で解決しようとし、それがダメなら実力行使に出る。
しかしバレてしまった後はゆっこ達に打ち明け、漫画を描く手伝いをしてもらったりもするようになった。
先輩の笹原に片想いをしており、笹原が絡むのもみおが暴走するきっかけの1つ。
笹原に対して夢を見ていて、乙女チックな妄想をしている。
笹原が別の女の子と一緒に居るとドキマギし、特に笹原の同級生みさとが仲良さそうにしていた時はショックが大きすぎて、学校の窓を割って外へ走り去った。
みおの頭についてる木製の髪留めは、古代兵器を復活させるアイテム「ウッドキューブ」としてユッコの夢の中に度々登場する。
次第に髪留めだけではなくみお本人も夢に登場するようになる。
みおの髪の部分は「しっぽ」と呼ばれ、ユッコの夢の中ではチアリーダーの持つポンポンとして出てきた。

最終巻で大人になった姿で出てきた時は、イラストレーターになっていた。
人気ランキング第5位。

水上 麻衣(みなかみ まい)

CV:富樫美鈴

ゆっことみおの親友。
優等生で頭が良く、無表情で無口と言うミステリアスな女の子。
いつも本を読んでいたり寝ていたりする。
独特な空気感を持っていて、非常にマイペースな性格。
大人しそうな見た目に反し、いつどんな時でも唐突に大きなボケをし、周りを翻弄する。
言われた事を言われた通りにはやらないなど、予想外の行動で周りを取り乱させる事に長けているが、本人はいたってマイペースで取り乱すことは無い。
そういった行動から、みおからは「麻衣ペース」とも言われる。
様々な事を卒なくこなし、腕相撲ではゆっこを一瞬で倒したり、絵を描くのも非常に上手いが画風はかなり個性的。
仏像が好きで、校長から貰った木製の弥勒菩薩像を大事にし、自ら仏像を彫ることが出来る。
麻衣のキャラクターソングにも「麻衣の涙の阿弥陀如来」というタイトルの曲がある。
ゆっことは同じ中学出身。
アラスカからの帰国子女で(と本人は言っているが真相は不明)中学三年のときにゆっこの居るクラスに編入した。
内気でなかなか友達が作れない麻衣であったが、ゆっこが気さくに話しかけて仲良くなった。
小さな子供が好きで、なのの家へ行った時はサメが好きなはかせにサメの絵をプレゼントしたり、どうにかはかせと仲良くなろうとしていた。

最終話で大人になった姿が登場した時には保育士をしていた。
人気ランキング6位。

安中 榛名(あんなか はるな)

CV:佐土原かおり

頭につけている大きな赤いリボンが特徴の女の子。
口癖は「えー!?」。
常識人であるが、それ故になのか何かと理不尽な目に合う。
先生からリボンが大きすぎると指導された時は、手をウサミミのようにして「ぴょん♪なんて」と言って誤魔化した。
そのポーズが可愛らしかったことから、安中さんというと手をウサミミにいているイメージが一般的に広まる。
「安中榛名」と言う名前は群馬県のJP東日本北陸新幹線の駅の名前。
またフルネームはゲームで明らかになり、それまでは「安中さん」と呼ばれていた。

人気ランキング12位。

中之条 剛(なかのじょう つよし)

CV:山本和臣

金髪でモヒカンヘアーの男の子。
田中と仲が良い。
モヒカンは「横から髪が生えない体質」を親から遺伝してしまったもの。
至って好青年であるが、この髪型のせいで不良と勘違いされる事もある。
安中さん同様理不尽な目に合うキャラで、何度かスキンヘッドになってしまった。
将来は科学者になるのが夢で、幽霊などの非科学的な事を信じない。
非科学的な事を否定するために、恐山へ行ってイタコに会い口寄せさせてみたり、近所の寺に訪問し悪魔憑きを装ったりした。
そして「人は誰でも悪霊になれる」という名言を生んだ。
実家は大福屋で、継がせようとする父親に対して反抗をしている。

人気ランキング14位。

田中(たなか)

CV:山口浩太

アフロヘアーの男性生徒。中之条の友達。
お調子者な性格で、アフロヘアーの中にはドラ焼きが入っていることも。
実はアフロヘアーは地毛ではなくカツラ。
アフロヘアーが鳥の巣になってしまったこともある。
霊媒体質。

人気ランキング12位。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

NEW

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

ヒャダイン(HYADAIN、前山田健一)の徹底解説まとめ

ヒャダインとは、1980年生まれのミュージシャン、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家。当初、ニコニコ動画において「ヒャダイン」名義で活動していたが、徐々に幅広いジャンルの音楽を手掛け、ももいろクローバーZ、ゲーム・アニメ系のプロデュースなどで名を知られ現在に至る。2010年に本名が前山田健一というプロの音楽家である事を明らかにし、本名での出演も行うようになった。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

NEW

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフまとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents