NieR:Automata(ニーア オートマタ)のネタバレ解説まとめ

「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」とはプラチナゲームズが開発したPlayStation4用のゲーム作品。ジャンルはアクションRPG。2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売。2017年4月には全世界での累計出荷本数 (ダウンロード版含む) が100万本を突破。
地球に侵略してきたエイリアンが作った機械生命体と人類を守るために作られたアンドロイドたちの抗争を描く。

サブクエスト

各所で出会う登場人物から個別に依頼を受けることがある。メインストーリーに関係はないが依頼を受けたことで報酬がもらえる。またその登場人物の素顔も知ることができる。

野生動物

地球に住む一部の野生動物 (イノシシ、トナカイなど) にはえさを与えることで騎乗することが可能。

釣り

水辺にポッドを投げ入れることで釣りが可能。魚だけでなく魚型の機械生命体を釣り上げることができる。

アクセスポイント

物語中盤で登場する自動販売機に模したもの。世界各地にあり、過去に訪れた場所へ短いロード時間で移動が可能。他にセーブやメールボックスを閲覧できる機能もある。戦闘時は使用できないので注意が必要。

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の登場人物・キャラクター

アンドロイド(ヨルハ部隊)

2B (トゥービー) CV : 石川由依

正式名 : ヨルハ二号B型。
ヨルハ部隊に所属する戦闘アンドロイド。近距離攻撃と随行支援ユニットのポッドを使用しての遠距離攻撃が可能の万能タイプ。比較的冷静な性格だが、割と大雑把な面がある。9Sが拘束された時は敵に怒りを露わにするなど仲間を大事に思っている。
正体はヨルハ二号E型 (2E) で離反した兵士の暗殺を請け負っていた。いずれ機密事項である「ヨルハ計画」にたどり着くであろう9Sの抹殺が本当の任務であり、仲間を殺さなくてはならないことに苦悩していた。バンカーが消失した後は任務に背いて9Sを逃がし、自身はウイルスに感染する。汚染が他者に広がらないように人気のない場所へ移動した先で襲われたところをA2に助けられる。
汚染が限界に達したため、A2に自らの記憶がこもった刀を渡し介錯を頼む。

9S (ナインエス) CV : 花江夏樹

正式名 : ヨルハ九号S型。
攻撃性能もあるが探査目的を主としたモデルでハッキングが得意。性能上単独行動が多いが、今回は2Bと組んで任務に当たり彼女のメンテナンスも担当する。親しい間柄では「ナインズ」という愛称で呼ばれている。2Bにも催促したがなかなか呼んでもらえず残念がっていた。当初から2Bの正体を知っており、途中で人類が既に滅亡していたという事実に自力でたどり着いた。本来は明るく温和な性格だが2Bを失ってからは豹変し、A2の復讐に燃えるうちに心が荒みきってしまった。

A2 (エートゥー) CV : 諏訪彩花

正式名 : ヨルハA型二号。
2Bや9Sの前身のモデルで近接戦闘に特化している。ヨルハ部隊では“脱走兵”として認識され追われている。多くを語らず誤解を受けやすいが仲間思いの優しい性格である。実は現在のヨルハ部隊の実験部隊として地球に派遣され、彼女以外のヨルハ機体は全滅。捨て駒として処分される前に逃亡し、単独で機械生命体を殲滅するために行動している。汚染された2Bの願いを聞き入れ、彼女を手にかけた。2Bの刀を受け継いでからは短髪になる。2Bの遺志を継ぎ、9Sを諭そうとするが理解されず戦闘になる。

ヨルハ部隊司令官 (ホワイト) CV : 加納千秋

地球の衛星軌道上にあるヨルハ部隊の基地「バンカー」の長官。無茶をしがちな2Bや9Sを心配する様子を見せる。月面基地がダミーであり、人類が滅亡したことを知っている数少ない人物。9Sがその事実を突き止めたことに気付いても追及しなかった。バンカーで隊員が次々と汚染され、爆破されたバンカーと共に最期を迎えた。「ヨルハ計画」においてヨルハ部隊自体が廃棄される事実までは知らなかったので、彼女もいずれ始末される運命であった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents