NieR:Automata(ニーア オートマタ)のネタバレ解説まとめ

「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」とはプラチナゲームズが開発したPlayStation4用のゲーム作品。ジャンルはアクションRPG。2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売。2017年4月には全世界での累計出荷本数 (ダウンロード版含む) が100万本を突破。
地球に侵略してきたエイリアンが作った機械生命体と人類を守るために作られたアンドロイドたちの抗争を描く。

一方A2も上層部を目指し、図書室と呼ばれる場所にたどり着く。そこには機械生命体たちが収集したデータが収められていた。その中に「ヨルハ計画に於ける二号モデル運用概略」というデータがあり、2Bの正体を示すものが書かれていた。2Bの正式名称は「ヨルハ二号E型」であり、離反したヨルハ兵士の処刑執行役を請け負っていた。さらにA2の前に赤い少女が現れ、月面基地を破壊するための砲台として塔を建設したという事実を突きつけて去っていった。

真相を知った9SとA2は塔の上層部で相対する。
A2は2Bの正体や彼女の思いを告げ、自分たちが争い合うよりもすぐに塔を破壊すべきだと諭すが、2Bを停止させたことを許せない9Sは聞き入れなかった。

Cエンディング

9Sを助けた後、A2は..。

A2は仕方なく9Sと戦闘になる。9Sに勝利したA2は9Sをハッキングし、ウイルス除去を施した。9Sをポッド042に託したA2は一人ネットワーク内に残り、内部から塔を破壊。仲間のことを思いながら崩れゆく塔と運命を共にした。

Dエンディング

A2に復讐を果たすも相打ちになる9S

A2の復讐に燃える9SはA2やポッド153の制止も聞かずに戦闘になる。とどめを刺されそうになった9Sだったが、A2に一瞬の迷いが生じたのを見逃さず彼女を倒した。だが同時に自身も刃に貫かれ相打ちとなる。2Bのことを思いながら意識が遠くなりかけたその時、赤い少女とアダムとイヴが現れる。赤い少女は塔の役目を変えることを告げる。それは月面基地を破壊するための「砲台」としてではなく、機械生命体のデータを後世に遺すために宇宙へ飛ばす「方舟」として使うというものだった。アダムは一緒に来ないかと9Sを誘う。9Sが返事をして間もなく方舟が空へ打ち上げられ、塔は崩れ落ちた。

Eエンディング

ポッドたちが目指した先には..。

ヨルハ部隊が全滅したことでヨルハ計画は終了。ポッド042と153はヨルハ機体のデータを全削除しようとするが、自身に芽生えた2Bたちを救いたいという気持ちに思いとどまる。個体データをサルベージし、残存していた素体に2B、9S、A2のデータを移し、彼女たちを復活させる。

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のゲームシステム

オープンワールド

プレイする世界は全てシームレスに繋がっていて、ロードする時間なく、広大な地域間を移動できるようになっている。

戦闘

地上戦

オープンワールドを活かしてのアクションバトル。
本作では防御機能はなくダメージを防ぐには攻撃を回避するしかないが、敵の攻撃を受ける直前に攻撃を回避 「ジャスト回避」 できると強力な反撃を繰り出すことができる。
他にバトルを優位に進める方法として「挑発」がある。敵を挑発して挑発に成功すると自身の攻撃力がアップするが、敵の攻撃力も上がってしまうので使用する際には注意が必要。
最後の手段として「自爆」(2Bと9S)と「バーサーカーモード」(A2)がある。
自爆を発動すると周囲の敵に大ダメージを与えることができるがHPが1になり一定時間移動以外のアクションが行えなくなる。
バーサーカーモードを発動すると攻撃力が各段に上昇するものの、対してHPが急速に減少しHPが1になると発動が解除され、一定時間行動不能になる。
どちらも発動タイミングが重要。

空中戦

大型兵器などとの戦闘では飛行ユニットに搭乗してのシューティングバトルとなる。
形式は飛行ユニットの形態により異なる。飛行形態時は縦スクロール、機動形態時は全方位でのシューティング形式となる。

ハッキング

9Sのみ操作可能。△ボタンを長押しすることで発動し、発動後表示されたゲージが満タンになるとミニゲーム式のシューティングが始まる。制限時間内に勝利するとハッキングが成功する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents