ノッティングヒルの恋人(映画)のネタバレ解説まとめ

ロジャー・ミッシェル監督、リチャード・カーティス脚本、主演はヒュー・グラントとジュリア・ロバーツによる1999年のイギリス映画。イギリスのノッティングヒルで本屋を営む冴えない店主とハリウッド女優のラブストーリー作品。主題歌はシャルル・アズナヴール作曲による「She」をエルヴィス・コステロがカバーして歌った事でも有名。

アナの恋人役に有名ハリウッド俳優アレック・ボールドウィンがカメオ出演

アレック・ボールドウィン

アナとウィリアムがホテルで鉢合わせをする恋人役を演じたのは、ハリウッド俳優のアレック・ボールドウィン。
カメオ出演だが、名演技と存在感は抜群の見ごたえ。
「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」や「ビートロジュース」などに出演。

子役時代のミーシャ・バートン

ミーシャ・バートン

劇中の映画インタビューシーンに出演している子役スターの役はハリウッド女優のミーシャ・バートンである。
今では、誰もが知っている女優だが、当時の貴重な映像が見られる。「シックス・センス」や「あの日の指輪を待つきみへ」などに出演。

ウィリアムの本屋の上に住んでいたアデル

アデル

ウィリアムの本屋はアンティークショップで、イギリスの歌手アデルはこのショップの上にある部屋を買い取って住んでいた。

『ノッティングヒルの恋人』主題歌

エルヴィス・コステロ:『She』

1999年にエルヴィス・コステロが曲をカバーして発売。
「ノッティングヒルの恋人」の主題歌としてヒットした。
元々は、1974年にフランスの歌手であるシャルル・アズナヴールが「忘れじの面影」 というタイトルで発表した楽曲である。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ワンダー 君は太陽(Wonder)のネタバレ解説まとめ

『ワンダー 君は太陽(Wonder)』とは2017年のアメリカ合衆国のドラマ映画。原作は、2012年に発表された新人作家R・J・パラシオの処女作「ワンダー」である。 外見からわかる先天性の障害がある少年が様々な困難に立ち向かい、周囲の考え方を変え、周りと共に成長していく。少年の視点だけでなく、複数の登場人物の視点が導入されている。「見た目ではなく中身を見る」という事の大切さを伝えている物語。

Read Article

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説まとめ

『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』とは、2015年の英米合作で制作されたスパイ・アクション映画。1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした映画。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズを手掛けたガイ・リッチーが務めた。アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている。 東西冷戦下を舞台に、米ソ両国のエージェント同士が手を組み凶悪テロを阻止するというスリリングなストーリー。

Read Article

目次 - Contents