夜ノヤッターマン(Yattarman Night)のネタバレ解説まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

ヤッターマンでんせつ

ヤッターキングダム全土に配布されている絵本。
内容はヤッターマンがドロンボー一味を倒し、ヤッターキングダムを建設するまでを描いている。
実際はドクロベエが人類に対する復讐としてヤッターマンを神格化させるために、配布させたもの。
レパードたちがドロンボーを名乗る際に、この絵本に書かれていた旧ドロンボー一味の衣装や行動を参考にした。

ヤッター十二神将

ヤッターマンに忠誠を誓う12人の将軍たち。
常にヤッターパグを率いていて、ゴロー将軍に劣らず戦闘力も高い。
しかし、その実態はヤッターマンを騙ったドクロベエによって洗脳されたサイボーグである。

辺境の地

旧ドロンボー一味がヤッターマンによって追放された土地。
ここでは食物は育ちにくく貧困生活を強いられている。
住民たちは他の地に移動できず、半ば閉じ込められている。
実際はヤッターマンを騙ったドクロベエが「役に立たない」理由で、旧ドロンボー一味をこの地に追放させた。

名シーン・名場面集

ドクロベエが登場するシーン

出典: cdn-ak.b.st-hatena.com

10話より。
表向きはヤッターマンによって倒されたとされていたドクロベエだったが、10話でヤッターキングダムの支配者としてその姿を現す。
ドクロベエはヤッターマンを騙ることで、国民を酷使し、復讐を果たしそうとしていた。
ドクロベエの登場シーンは作中では少ないが、悪役としてのインパクトは強烈。
10話の登場シーンはそのインパクトが味わえる名シーンである。

ドクロベエ打倒で世界が解放されるシーン

出典: cbz.c.blog.so-net.ne.jp

12話より。
人々を苦しめてきた元凶がドクロベエだと知ったガリナとアルエットはヤッターマンを名乗って、レパードたちと共闘し、ドクロベエを打倒した。
ドクロベエ打倒でガリナたちは世界を救ったのである。
ガリナたちはドクロベエを倒すだけではなく、本当の正義のヒーローとして人々の心を掴んだ。
これは作中において、ずっと人々を苦しめてきたドクロベエが倒れて世界に夜明けがもたらされた象徴的なシーンである。

インチキ商売のシーン

4話より。
レパードたちはメカを作る資金稼ぎのためにインチキ商売を行っていた。
そのインチキ商売は先祖である旧ドロンボーがメカを作る際に行っていた行動である。
しかし、ヤッターキングダムはかなりの不景気なため、あまり商品は売れなかった。
原典であるヤッターマンのネタがオマージュされた名シーンと言ってもいいだろう。

レビュー

ギャグアニメの「ヤッターマン」でシリアスの内容は無茶があったけど、ちゃんと体を張ったギャグとか話の良さとかもあった。それに人によってだろうけど、懐かしさも。最後の新生ドロンボー一味とヤッターマンの共同作業は素晴らしかった。

出典: sakuhindb.com

タイトルからショートアニメ、ギャグアニメ的なものを想像していましたが、それとは全く違いちょっとシリアスな内容となってます。これは今期ではかなり面白い方だと思います。ヤッターマンを知らない人にはイマイチかもしれませんが。

出典: www.anikore.jp

主題歌

OPテーマ:「極限Dreamer」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

タイムボカン(Time Bokan)のネタバレ解説まとめ

タツノコプロによるギャグアニメシリーズの記念すべき第一作目。ギャグだけでなくタイムトラベルというSF要素、三悪という憎めない悪役等で人気に火が付き、『ヤッターマン』などの後続作品を生み出すこととなったアニメです。2016年10月より、リメイク作『タイムボカン24』が放送。まさに時を超えて愛される作品。1975年10月から1976年12月まで放送されました。

Read Article

ヤッターマン(Yatterman)のネタバレ解説まとめ

『タイムボカンシリーズ』の人気を不動のものとした『ヤッターマン』。「主役」であるヤッターマン1号・2号と、「影の主役」ドロンボー一味とのドクロストンを巡っての数々の戦いは、自ら「マンネリ」と称しながらも高い人気を得て、多くの派生作品を生み出した。 「全国の女子高生の皆さん!」「おしおきだべぇ~」「ブタもおだてりゃ木に登る」など、この番組をきっかけとして広まったギャグも数えきれない。

Read Article

エガオノダイカ(The Price of Smiles)のネタバレ解説まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。 ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。 戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

Read Article

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

目次 - Contents