ウルトラマンガイア(Ultraman Gaia)のネタバレ解説まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。
『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。
高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

・身長:ミクロ ~ 52メートル
・体重:4万6千トン
・飛行速度:マッハ23
・走行速度:マッハ7.4
・水中速度:マッハ1.5
・潜地速度:マッハ1.8
・ジャンプ力:1,300メートル
・握力:9万トン

真に守るべきもののために戦う力を欲した藤宮博也が、「海」から与えられた光によって甦ったウルトラマンアグル。

体色が初期の黒みがかった群青色から、鮮やかな明るい青色に変わっている。
黒色の割合が全体的に少なくなり、胸のプロテクター(アグルブレスター)のボディーラインに金色が入っている。
体色は青・黒・金・銀。
この形態になって以降、わずかながら、ウルトラマンガイアを象徴する赤色の光までも帯びるようになる。

初期形態の光線技などは全て引き継がれ、さらに強化されている。

ウルトラマンガイアV2とは誕生経緯が異なる為、ヴァージョンアップ形態はない。

根源的破滅招来体とは

宇宙から襲来してくる存在。
その実体や、人類を攻撃する明確な理由、意味は一切不明。

単に、怪獣を送り込み、文明や人類への攻撃だけでない。
電子生命体や宇宙微生物などを送り込んでの工作攻撃。
人類を宇宙の病原体と捉えているような言動。
超巨大な生物を地球に落とそうとしたり、地球そのものを破壊しようとするような手段を講じることもある。
時には、高山我夢や藤宮博也、その周辺の人間への精神および心理攻撃も行う。
さらに、ウルトラマン同士を争わせ、そのエネルギーを利用したりなど、その行動は様々である。

XIG(シグ)

XIG(シグ)は、eXpanded Interceptive Guardiansの略称。

若き天才科学者集団「アルケミー・スターズ」と、国連が連動して完成させた、汎地球防衛機構「G.U.A.R.D.」(対根源破滅地球防衛連合)のエリート隊員で構成。
最前線で根源的破滅招来体と戦う特捜チームである。

XIG全体の統括・指揮を行う、XIGの司令塔に「オペレーションクルー」がある。

その元に、「ファイターチーム」が3チームある。
若手のエースパイロットで編成される空軍チーム、「チームライトニング」。
ベテランパイロットで編成される空軍チーム、「チームファルコン」。
女性パイロットで編成される空軍チーム、「チームクロウ」。

さらに陸戦部隊からの叩き上げで編成した体育会系の地上戦担当チーム、「チームハーキュリーズ」。
人命救助専門のチーム、「チームシーガル」。
海洋専門チーム、「チームマーリン」。

上記のように、複数の専門チームで構成されている。

G.U.A.R.D.(ガード)

G.U.A.R.D.(ガード)とは、Geocentric Universal Alliance against the Radical Destruction(対根源的破滅地球防衛連合)の略称。

アルケミー・スターズが開発した世界初の光量子コンピュータ・クリシスが、襲来予測した「根源的破滅招来体」に対抗するために、世界的規模で結成された防衛組織である。

本部は、アメリカ・ニューヨーク。
北アメリカ、アラスカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、北アジア、南アジア、オーストラリア、南太平洋、日本に支部がある。

母体は各国の軍となっている。
施設も軍の施設を転用されている。

主な登場人物・キャラクター

高山 我夢(たかやま がむ)

演者:吉岡 毅志

本作の主人公。
出身地:千葉県出身
年齢:20歳。

アルケミー・スターズ日本代表。
1980年代に世界中で誕生した天才児の1人である。
17歳で量子物理学の博士号を取得。

当初、城南大学の量子物理研究室に在籍。
宇宙戦闘獣コッヴ襲来時、地球の大地よりウルトラマンガイアの力を授けられたことを機に、根源的破滅招来体と戦うため、XIGにアナライザー(異常現象や怪生物の分析担当)として入隊。

物語初期では、他のメンバーとの衝突が見られた。
しかし、分析の的確さや性格の素直さ、柔軟さなどから、次第に周囲から厚い信頼を置かれるようになる。

頭脳派で、あまり運動は得意でない。
ウルトラマンガイアに変身後、思い通りに戦うことができずに悔しがることがある。
それを克服するために、自身の肉体を鍛え強くなろうとしたことがある。

純粋に人類と地球を守ろうという気持ちを持っていたが、藤宮博也との対立や、様々な戦いを経験し、本当に戦わなければならないものや、本当に守らなければならないものとは何なのかを悩み、成長していく。

意外と毒舌な性格。
他人と争うことを嫌う純粋な心の持ち主。
少年時代、頭のよさを同級生に妬まれ、よく虐めに遭っていたことがあった。

藤宮 博也(ふじみや ひろや)

演者:高野 八誠

本作のもう一人の主人公。
年齢:22歳。
生年月日:1979年10月21日。

元アルケミー・スターズの一員。
海の青い光の力で、ウルトラマンアグルに変身する。

アルケミー・スターズの科学者としても、破滅に挑むウルトラマンとしても、高山我夢の先輩でありライバルでもある存在。
自らが作った光量子コンピューター・クリシスが予測した、『根源的破滅招来体』の脅威に対抗するため、模索し、やがてウルトラマンアグルの力を手に入れる。

常に落ち着いた性格。
理屈屋な性格もある。
他者を突き放すような言動も多いが、その信念と意志は強い。
クリシスの「答え」により、地球を守るために人間は排除すべきという思想を持ってしまったことで、ウルトラマンガイアと対立、奔走をする。

しかし次第に、ウルトラマンアグルの力を用いた幾度もの活動や、理解者との死別を経験することで、人類を滅ぼし地球だけを救おうとする考えと、目の前の人間の命を放っておけない心との間で、常に心が揺れ動き、心身が疲弊していく。

そして、ウルトラマンガイアとの決戦の後、クリシスの導き出した「答え」が、外部の干渉を受けたものだったことを知り驚愕する。
自身の考え方が間違っていたことを悟り、今まで自身を支えていたものが折れてしまう。
そのため、戦う誇りと気力を失ってしまい、「自分にはもう、守るものは何もない」と、高山我夢にウルトラマンアグルの光を託し、姿を消してしまう。

その後、自分なりのやり方で、再び『根源的破滅招来体』に挑むだけの気力を取り戻すが、失敗してしまう。
過去の間違っていた思想が招いた悲劇を目の当たりにし、罪悪感と、無力感に苦しむ。
その心に根源的破滅招来体がつけ込み、数々の精神攻撃に苛まれる。
白髪混じりの姿にまでまってしまい、精神的にも追い詰められていく。

しかし、高山我夢を救うために、もう一度戦いたいという強い思いが、海の力を呼び起こし、ウルトラマンアグルV2として復活。
戦う誇りを取り戻す。

石室 章雄(いしむろ あきお)

演者:渡辺 裕之

XIGの司令官(コマンダー)。
年齢:45歳。
既婚者で、2人の息子がいる。

様々な情報を元に判断を下せる人物。
しかし、科学的な話題には明るくない様子を見せる。
高山我夢が、ウルトラマンガイアであることに早くから気づくが、誰にも話さないでいる。
それもあってか、高山我夢に対しては、強い信頼を置きつつ、時に厳しく接することがある。

茶道を嗜む、篆書体(てんしょたい)にすぐ気付くなど、東洋文化に親しみを持っている。

堤 誠一郎(つつみ せいいちろう)

演者:宇梶 剛士

XIGの行動隊長(チーフ)。
年齢:33歳。

過去、航空防衛隊に所属。
当時の階級は中佐。
防衛隊随一の戦略家として認められた人物。

命令を下すチームが出動する際、必ず部下と顔を合わせて出動させている。
そのため、チームから厚い信頼を得ている。

子どもへの簡単な状況説明・報告が苦手。

佐々木 敦子(ささき あつこ)

演者:橋本 愛

オペレーター担当。
年齢:21歳。

幼い頃、病弱で孤独な日々を過ごしていた過去がある。
一方でゲーセン荒らしだったこともある。
現在は、非常に明るい性格の持ち主。

ジョジーが製作したジョイスティック型デバイスで、エリアルベースのシステムに侵入したコンピューターウイルスを、たった1人で完全に沈静化させる。

時間の経過と共に、高山我夢に対して恋愛感情を持つようになる。

極度のシスターコンプレックスな一面がある。
そのため、『姉』という立場への憧れが強く、高山我夢に対し、お姉さんぶって子供扱いすることが多い。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウルトラマンコスモス(Ultraman Cosmos)のネタバレ解説まとめ

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。 春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)のネタバレ解説まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンオーブ(Ultraman Orb)のネタバレ解説まとめ

『ウルトラマンオーブ』とは、2016年7月9日から12月24日にテレビ東京系列で毎週土曜日朝9時から放送されたウルトラシリーズの作品。ウルトラシリーズ50周年記念作品。主人公の風来坊クレナイ・ガイ/ウルトラマンオーブは旅の途中に魔王獣の復活を感じ取りとある街に立ち寄る。そこで起こる運命の出会いや、戦い、ガイの自身との葛藤を描く。キャッチコピーは「光の力、おかりします!!」

Read Article

ウルトラマン80(ウルトラマンエイティ、Ultraman 80)のネタバレ解説まとめ

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Read Article

ウルトラQ(Ultra Q)のネタバレ解説まとめ

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。 ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。 世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。 後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。 2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

Read Article

ウルトラマンA(ウルトラマンエース、Ultraman Ace)のネタバレ解説まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンティガ(Ultraman Tiga)のネタバレ解説まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

ウルトラマンタロウ(Ultraman Taro)のネタバレ解説まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

ウルトラマンダイナ(Ultraman Dyna)のネタバレ解説まとめ

1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンダイナ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 前作『ウルトラマンティガ』が闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。アスカ・シン=ウルトラマンダイナ、スーパーGUTSメンバーと、謎の生命体スフィアとの戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラセブン(Ultra Seven)のネタバレ解説まとめ

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンジード(Ultraman Geed)のネタバレ解説まとめ

ウルトラマンジードとは2017年7月8日から12月23日にテレビ東京系列で毎週土曜日朝9時から放送されたウルトラシリーズの作品のタイトル、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。悪のウルトラマン、ウルトラマンベリアルの遺伝子を持つ主人公朝倉リク/ウルトラマンジードの、運命に立ち向かう戦いの中でかけがえのない仲間との出会い、成長する姿を描く作品。キャッチコピーは「運命―覚悟を決めろ」

Read Article

ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)のネタバレ解説まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

『ウルトラマンシリーズ』に登場する悲しき運命を背負った怪獣・宇宙人たち

『地球の平和を守るために怪獣と戦う』がウルトラマンの一般的な印象だと思うが、作品の中にはそこから大きく逸脱した回が存在する。迫害・いじめをテーマにした回、やむなく怪獣になるしかなかった者、そういった回では怪獣はかわいそうに思えるほど悲痛な最後を迎える。 ジャミラやピグモンなど、悲痛な最後を遂げた怪獣・宇宙人たちを紹介する。

Read Article

ウルトラマンを倒した怪獣・宇宙人たち!

子供たちから憧れを持たれ、圧倒的な国民的ヒーローであるウルトラマン。そんなウルトラマンは、実は結構敗北しています。初代ウルトラマンを倒して、その後、シリーズ最大の敵となるゼットン、4人のウルトラマンを相手にしても勝利してしまうヒッポリト星人など、強力な怪獣・宇宙人が登場します。 歴代のウルトラマンを打ち倒し、視聴者に衝撃を与えた怪獣・宇宙人をまとめました。

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

NEW

新条アカネ(SSSS.GRIDMAN)の徹底解説まとめ

新条アカネとは、『SSSS.GRIDMAN』に登場する重要キャラクターである。 主人公である響裕太のクラスメイトであり、クラスのマドンナ的美少女。内海からは「才色兼備才貌両全の最強女子」と評されていた。 思い通りにならない世界に苛立ちを抱き、そのストレスを解消するために怪獣を生み出し、苛立ちの原因となった人間を殺害しようとしていた。

Read Article

目次 - Contents