テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。
エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。
就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。
事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。
「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

CV.置鮎龍太郎
年齢:33歳/身長:185cm/武器:長刀/戦闘タイプ:剣士/職業:リーゼ・マクシア国王

黎明王とも呼ばれる統一リーゼ・マクシアの若き王。
部族同士の争いが続く混沌のア・ジュールを一代でまとめ上げた。
ア・ジュールとラ・シュガルの両国を結ぶ内政やエレンピオスの外交交渉など多忙な日々を過ごしている。
各地で情報収集するため市井に出ることもあり、その際、素性を隠すため本名である「アースト・アウトウェイ」を名乗っている。
分史世界を破壊しているルドガーの覚悟を見極めるため旅へ同行し、世界を守るため共に剣をとった。
前作「エクシリア」では偉大な存在、敵としての強大さが強調されていたが、仲間に対する優しさが垣間見え、頑固かつ真面目が行きすぎるあまり、天然に発展していった。
ちなみに機械音痴。
ローエンに手玉に取られることもあるが、互いに信頼しあっている。

ミュゼ

私、お姉さんだもの。これでも色々、大変なのよ

CV.真田アサミ
年齢:21歳/身長:168cm/武器:髪/戦闘タイプ:精霊術士

大精霊マクスウェルによって生み出された時空間を操る大精霊。
現マクスウェルであるミラの姉。
精霊界と人間界を行き来する力を持っており、行方不明になったミラを捜しに人間界へやってきた。
ハ・ミルにて食事をしていたところ、ルドガーと分史ミラに出会い、彼らに興味を持ち同行する。
行く先々で食い逃げやつまみ食いをするなど問題を起こすこともしばし。
普段は妖美な美女を振舞っているが、実際は妹・ミラのことが大好きなハイテンション少女。
前作では敵として登場した。

ミラ=マクスウェル

どこで生きようと、私は私だ。何も変わらない

CV.沢城みゆき
年齢:21歳/身長:168cm/武器:剣/戦闘タイプ:術剣士/職業:精霊の主

前作「エクシリア」の女性主人公。
断界殻(シェル)の解放で消滅した先代マクスウェルから精霊の主の座を受け継ぎ、人と精霊を見守る、現マクスウェル。
元素を司り、地水火風を操る四大精霊を従えている。
魂の循環に異変が起きたことを察知したのをきっかけに、四大精霊と共に再び人間界に現界する。
しかし、大精霊クロノスにより次元の狭間に閉じ込められてしまった。
次元の狭間では四大の力で消滅から守られており、本来であれば四大の力で正史世界に戻れるはずだったが、不在にしている間に分史ミラが正史世界に来てしまったため戻ることが出来なかった。
その後、分史ミラを通してルドガーたちの旅を見ていた。
リドウによって次元の狭間に落ち消滅していく分史ミラを見届けながら、正史世界に降臨。
分史ミラを慕っていたエルには「エルの知っているミラじゃない」と拒まれるも、自分が彼女(分史ミラ)の意思を無駄にせず人と精霊のため、使命を成すのを見届けてほしいと誓う。
稀少なマナを消費することで現界しているため、長時間の現界は難しい。
猪突猛進な性格はなりを潜め、厳かで優しげな雰囲気の女性へと成長した。

ユリウス・ウィル・クルスニク

ルドガー…俺を信じてくれ

CV.大川透
年齢:28歳/身長:180cm/武器:双剣/戦闘タイプ:剣士/職業:クランスピア社 エージェント

クラン社通信部門及び分史世界対策の王冠(クラウン)エージェント。
ルドガーと同様ミラ・クルスニクの末裔でルドガーの兄(戸籍上は義兄)。
ルドガーと同じく骸殻能力を持っている。時計の色は銀。
優秀かつ聡明で、穏やかで面倒見がいい。弟・ルドガーだけではなく周りからの信頼も厚い。
ルドガー曰く「完璧超人」だが、家事は苦手。
列車襲撃テロ事件の際、クラン社社長・ビズリーに斬りかかり、その後行方不明になると同時に事件の首謀者として指名手配されてしまう。
その後、ルドガーの前に度々現れては助言・忠告し、窮地を救っては立ち去っていく。
しかし物語終盤にて時歪の因子化が末期まで進行し、自分の命が長くないことが判明。
ルドガーの審判を超えるための覚悟を見定めるため彼との一騎打ちを行い、力を使い果たし時歪の因子化した。
最期は魂の橋をかけるための生贄となりその生涯を終えた。
実はルドガーの異母兄弟で本名は「ユリウス・ウィ・バクー」。ビズリーの実子。
クルスニク一族の末裔であるバクー一家の嫡子として生まれ、父親と一族の期待に応えるため11歳の頃から骸殻能力者として分史世界の破壊に関わってきた。
しかしその2年後の13歳の頃、自身の能力はフル骸殻に達しないことを悟り絶望。
いずれ「魂の橋」としてビズリーに利用されることを察し出奔する。
行方不明になっていた叔母のクラウディアと遭遇。誤解の果てに抗争になり殺してしまう。
その後、自身の身を守るため親族の時計を利用することを思いつき、戸籍を操作してクラウディアの息子であるルドガーの保護者としての権利を得て共に暮らすようになった。
自分の置かれた境遇、非才に絶望しひどく荒れていたこともあったが、ルドガーが自分のために火傷しながらも夕食を作ってくれていることに胸を打たれ、ルドガーのために生きようと心に誓った。
時計を奪ったのも当初は生き残るためだったが、現在はルドガーを一族の宿命から遠ざけるためとなった。

ビズリー・カルシ・バクー

ルドガー、世界のため、君の力を貸して欲しい

CV.磯部勉
年齢:43歳/身長:162cm/職業:クランスピア社総帥

本作のラスボス。クランスピア社の最高責任者。クルスニク一族の末裔のバクー一家の一人。
政財界への発言力は大きく、「エレンピオスの王」という異名が囁かれている。
その経営手腕は「未来を見てきたのではないか」と言われるほど的確。
一方、エージェントとしての経歴も輝かしく、戦闘は基本的に徒手空拳。
骸殻を使わずして大精霊クロノスと互角に渡り合うほどの実力を持ち合わせている。
「オリジンの審判」を超えようとする者の一人で、自分を含めあらゆるものを道具とみなし、自らの信念に基づいて行動している。
審判を超えたあかつきには犠牲になった者たちの敵討ちとして「精霊の意思を奪い、人間の道具へと変える」という願いを成就させようとしている。
エルさえも手段として用いカナンの地に赴いたことで、最後の壁としてルドガーの前に立ちはだかる。
自ら時歪の因子化を防ぐため自らの拳で心臓の活動を停止させ、やがて静かに息を引き取った。
ルドガーとユリウスの父親で、二人は異母兄弟。

リドウ

社会のルールは守ろうぜ、ルドガー君

CV.遊佐浩二
年齢:29歳/身長:182cm/武器:医療用ナイフ/戦闘タイプ:六刀使い

医療技術、新薬に関する発明特許を持つクラン社のドクターエージェント兼分史対策室副室長。
クルスニク一族の子孫であるため骸殻能力を使うことができる。
過去に難病を患っていたことがあり、ジュードの父・ディラックの施術によち内臓のいくつかを医療黒匣に取り替えた。
ルドガーに2000万ガルドの借金を負わせた張本人。
社交的な言動とは裏腹に金と名誉に異常なまでの執着を秘めており、トップエージェントの座をめぐり、ユリウスに黒いライバル心を抱いている。
アルクノアとのパイプがあり、アルクノアを利用しユリウスをテロリストに仕立て上げた張本人でもある。
ビズリーが「魂の橋」の生贄に自分かユリウスのどちらかを選ぶことが分かっていたため、ユリウスと互いの生き残りをかけて共に分史世界の破壊をしつつも潰し合いをしていた。
しかし、ユリウスが行方不明になったことでビズリーによって魂の橋に選ばれてしまう。
ビズリーの思惑通りになりたくないという思いから骸殻能力を使い時歪の因子化しようとしたが、内臓黒匣のコードが制御されてしまい、生贄にされ、その生涯を終えた。

イバル

ふっ、いいところに来てしまったようだな

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー』とは、ナムコから発売されたPlayStation用のRPGゲーム。 人気の高い作品で、後にリメイク版やディレクターズカット版がPlayStation 2用ソフトとして発売された。 主人公のスタンは故郷を飛び出し、大国セインガルドへ向かう飛行竜に密航していた。しかしその飛行竜にモンスターの大群が襲来。絶体絶命のスタンであったが飛行竜の倉庫で発見した知能のある剣「ディムロス」と出会い、ソーディアンマスターとなったことで彼の運命は大きく変わっていく。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ グレイセス エフ』とは、バンダイナムコゲームスからWii版に新エピソードや衣装が追加された移植版として発売されたPlayStation 3用のRPGゲーム。 ドラマCDやコミック等幅広くメディア展開されている作品である。 主人公であるアスベルと弟ヒューバートは幼年期に記憶喪失の少女ソフィと出会う。 ある事件でソフィは姿を消してしまうが、7年後に立派な騎士へと成長したアスベルが故郷に戻ると、事件で姿を消したソフィそっくりの少女が現れ、運命の変転に巻き込まれていく。

Read Article

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア』とはナムコから発売されたニンテンドーゲームキューブ用RPGゲーム。 人気の高い作品で、後に他機種へ移植されたり、OVAやドラマCD等幅広くメディア展開している。 戦乱の元凶である邪悪な種族ディザイアンを勇者ミトスが封印した古代大戦から四千年後、復活したディザイアンによって再び世界は衰退の道を辿ろうとしていた。 世界を救済する神子である少女コレットと共に、主人公ロイドはディザイアンを封印して世界を平和に戻す世界再生の旅に出る。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説・考察まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー2(Tales of Destiny 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー2』とはナムコから発売されたPlayStation 2用のRPGゲームで、『テイルズ オブ デスティニー』の続編である。 ゲームの他にドラマCDやコミック等にメディア展開している。 今から18年前、巨大レンズ「神の眼」を巡る騒乱があった。主人公のカイルは神の眼の脅威から世界を救った四英雄の内の2人、スタンとルーティの間に生まれた息子で両親の様な英雄に憧れていた。ある日遺跡で「英雄を探している」と言う謎の少女リアラと出会い、カイルの英雄になる為の旅が始まる。

Read Article

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ファンタジア』とはナムコから発売されたスーパーファミコン用RPGゲーム。 後にPlayStation版を始め様々な機種で移植やリメイクがされた。 トーティス村に住む主人公クレスは親友のチェスターと共に近くの森まで狩りに出掛けるが、村の非常事態を知らせる半鐘の音が鳴り響くのを聞き、異変を感じた2人が村に戻ると壊滅状態となっていた。 村が襲われた原因がクレスが父からもらったペンダントにあると知り、村人達を弔う為村に残る親友と別れ、クレスは謎を探る為に1人旅立った。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(TOS-R)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』とはバンダイナムコゲームスから『テイルズ オブ シンフォニア』の続編として発売されたWii用のRPG。ゲームの他に小説や漫画も出版された。 2つの世界が1つになり平和を取り戻した再生の神子達。しかし世界が1つになったことで自然環境の変化や文明レベルの違いからくる衝突等が後を絶たなくなった。 世界再生から2年後、「血の粛清」と呼ばれる事件をきっかけに物語は幕を開ける。

Read Article

テイルズ オブ ゼスティリア(Tales of Zestiria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズオブゼスティリア』とはバンダイナムコエンターテイメントが開発したロールプレイングゲームである。テイルズシリーズの15作目にして、20周年記念作品であり、キャッチフレーズは「伝承はいつしか『希望』になる」。壮大な世界観で、自由にフィールドを駆け巡ることができる上、新しいシステムを使用し、おなじみのスキットも楽しめる作品だ。天族に育てられた人間スレイは、純粋かつ大きな夢を抱いた少年だった。少女との出会いをきっかけに彼は災厄に見舞われる世界を救う導師になることを決意する。

Read Article

浜崎あゆみ(Ayumi Hamasaki)の徹底解説まとめ

浜崎あゆみとは、キッズモデル・アイドル時代を経て1998年に歌手デビューした福岡県出身のミュージシャン。自らが作詞を手掛ける事が多く、そのストレートな表現で若者たちの心を魅了した。後に総売上枚数が5000万枚を突破し、ソロアーティスト及び女性アーティストとして史上初の快挙を成し遂げた。また、楽曲のみならず彼女のファッションやメイクをお手本にする若者たちが急増し、女子高生のカリスマ的存在に。ファッションリーダーとして、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などを流行させ社会現象となった。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

【テイルズシリーズ】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

『テイルズシリーズ』とは、バンダイナムコエンターテイメントが製作する、1995年の『テイルズ オブ ファンタジア』を1作目とするRPGの総称である。 ほぼ全ての作品が完全に独立した世界観を持ち、ゲームごとにまったく異なる場所での冒険をすることになるという特徴があるため、個別の設定や専門知識が無いと「何これ?」と首をかしげたくなるような光景も時に見られる。またシリーズの歴史と人気から、様々なファンアートも作られている。ここではその一部を紹介する。

Read Article

目次 - Contents