ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(夢砂、The Legend of Zelda: Phantom Hourglass)のネタバレ解説まとめ

2007年に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話で、主人公リンクが幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を助けるために冒険に出るストーリーとなっている。システム面では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやマイク機能を活かした謎解きがダンジョン各所に散りばめられている。

概要

2007年6月に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された。
「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話となっており、登場人物や設定、ゲームシステムが一部継続している。
ニンテンドーDSの機能を存分に活かした「ペンアクションアドベンチャー」とうたっており、直感的で自由な操作が可能となった。
シリーズ恒例の財布の上限を解放するイベントや、体力上限を解放するハートのカケラ集めなどが廃止された。
幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を探すために、主人公・リンクが船乗り・ラインバックと妖精シエラと共に航海しながら冒険するストーリーとなっている。

ゼルダ史

「時のオカリナ」にて時の勇者が勝利した時間軸、かつ「風のタクト」から数か月後の話である。
この時間軸特融のキャラクターデザイン(通称トゥーンリンク、猫目リンク)も踏襲されており、アニメ調の3Dグラフィックとなっている。
物語冒頭で「風のタクト」のストーリーがあらすじとして紹介されているが、共通している登場人物、設定は一部のみで「風のタクト」の知識を必要としていない。
「風のタクト」でのラスボスであったガノンドロフも今作には登場しておらず、あらすじの中でも「魔王」と表記されている。

renote.jp

あらすじ・ストーリー

ウワサの幽霊船との遭遇

魔王を封印して世界を救い、ゼルダを救い出したリンクは、ゼルダと共に新天地を求めて航海の旅に出た。
自分の正体はゼルダと分かった海賊船の船長テトラも以前のような姿・口調に戻り、テトラとして生きていくことを決めた。
世界を旅してまわっていた一行は、ある日幽霊船が出没するとウワサの海域に入る。
幽霊船なんて存在しない、もし出くわしたらこらしめてやると意気込んでいるテトラの前に、ウワサの幽霊船が現れる。
テトラは幽霊船に乗り込んでいったが、その直後に辺りにテトラの悲鳴が響き渡った。
悲鳴を聞いてリンクは幽霊船へと飛んで船のへりにしがみついたが、こらえきれずに海に落ちてしまった。

見知らぬ浜辺で目覚めたリンクの前に、シエラと名乗る妖精が飛んでいた。
シエラには昔の記憶がなく、今はとある老人に世話になっているようだった。
シエラはリンクの事情を聞くと、自分がお世話になっているおじいちゃんなら力になってくれるかもしれないと、リンクを案内する。
シエラに案内され、たどり着いた一軒家にはシーワンという老人が住んでおり、幽霊船を追うことは危険だと反対される。
幽霊船にさらわれた友達を放っておけるわけないというシエラとリンクの熱意に押され、シーワンは「隣町にいる船乗り・ラインバックも幽霊船を探しており、彼なら何か有益な情報を持っているかもしれない」と言った。
隣町にたどり着いたリンクとシエラだったが、ラインバックの姿はなく、住人の情報によるとラインバックは島の上部にある「海王の神殿」に向かったようだった。
海王とはこの海域の守り神のことで、海王の神殿は海王を祭るためのものであったが、近年原因不明の呪いが立ち込めており、神殿に入った者の命が吸い取られるというウワサが流れていた。

海王の神殿に入ったリンクとシエラは、神殿の中で身動きが取れなくなっていたラインバックと遭遇する。
長居すると命が吸い尽くされてしまう神殿からラインバックを助け出すと共に、リンクはこの海域の海図を手に入れる。
そこへシーワンが現れ、海図に示された島に行くことで幽霊船の手がかりがつかめるだろうと言った。
幽霊船にあるとされるお宝を欲しているラインバックと共に、リンクとシエラは海図に載っている島を目指した。

幽霊船を探して

行きついた島で魔物に捕らわれていた力の精霊・リーフを助け出した一行は、新たな海図を手に入れるため再び海王の神殿へ挑むこととなった。
そこで、リンクはシーワンから「夢幻の砂時計」という神殿の中にいても一定時間命を吸われなくなるというアイテムをもらった。
海王の神殿にてまた新たな海図を手に入れたリンクは、次に知恵の精霊・ネーリを助け出し、そしてシエラとよく似た正体不明の精霊を助け出した。
その正体不明の精霊とは、実はシエラの失われた半身であり、シエラは普通の妖精ではなく特別な力を持った精霊であると知る。
シエラ、ネーリ、リーフは邪悪な力を感じ取ることができる精霊であり、その力で神出鬼没だった幽霊船の位置を探し当てることに成功した。

シーワンの正体と世界の危機

幽霊船の中からテトラを見つけ出したリンクだったが、テトラは何者かによって石にされていた。
そこへ突然シーワンが現れ、自分はこの海域の守り神である海王だとリンクたちに正体を明かした。
海王は数年前、あらゆる万物の力の源であるフォースを食らう化け物・ベラムーによって神殿の奥深くに封印されてしまったのだと語った。
また精霊たちは散り散りに封印された。
シエラの記憶や力がなかったのはベラムーに襲われた際、それらを切り離して難を逃れたからだったのだ。
シーワンは残り僅かな力で自分の分身を作り出し、この危機を救ってくれる勇敢な人間が現れるのを待っていた。
ベラムーは海王のもつフォースだけでは飽き足らず、莫大なフォースをその身に宿すテトラをさらいフォースを吸い取ったためにテトラは石になってしまったのだろうとシーワンは言った。
テトラを元の姿に戻すには、ベラムーを倒す必要があった。
しかしあらゆるフォースを吸い尽くしてしまうベラムーには、普通の攻撃は効かない。
夢幻の剣という、特別な力を宿した剣を手に入れるため、リンクたちはシーワンに言われて鍛冶屋のサウズの元を訪れた。
サウズは夢幻の剣を作ることはできるが、材料となる三つのハガネを手に入れるようリンクに依頼した。

ベラムーとの対決

緋色のハガネ、紺碧のハガネ、深緑のハガネを手に入れたリンクは、サウズの元へと戻り、夢幻の剣の刃を作ってもらった。
柄の部分は海王であるシーワンに作ってもらい、夢幻の剣が完成した。
海王の神殿の奥深くにいるというベラムーと対峙するため、リンクとシエラは再び海王の神殿に潜り込む。
海王の神殿最下層でベラムーと戦っていたリンクだったが、その最中にベラムーがフォースの塊のようなものを吐き出した。
その塊にシエラが触れると、シエラの失われていた記憶が戻り、時と勇気の精霊として覚醒した。
シエラの力を借りてベラムーを倒したリンクは、シーワンの力によって神殿を脱出し、ラインバックの船へと戻ってきた。
するとテトラの石化が解け、元の姿へと戻った。
しかしほっとしたのも束の間、外からベラムーの触手が伸びてきて、再びテトラをさらっていった。
倒したと思っていたベラムーは、まだ完全に消滅したわけではなかった。
テトラを取り戻すべくベラムーに向かっていったリンクだったが、リンクもベラムーの触手に捕らわれてしまう。
ラインバックがリンクの落とした夢幻の剣を振り回し反撃したところ、ベラムーは標的を変えリンクを離し、ラインバックに憑りついて操り、リンクを攻撃しはじめた。
リンクが夢幻の剣でラインバックからベラムーを引きはがしたところで、ベラムーは砂となって消えていった。
ベラムーが消えたことで海王が完全に復活し、海に平和が戻ったのだった。

アイテム

夢幻の砂時計

リンクが海王の神殿の祭壇にて手に入れる。
中には海王のフォースの力が宿った砂が入っており、各地のボスを倒すと砂となって砂時計に吸収される。
そこにいるだけでどんどん体力が削られていく海王の神殿の攻略にはこのアイテムが必須である。
砂時計を手に入れてからは、リンクが海王の神殿に入ると自動で砂が落ちはじめ、全ての砂が落ちてしまうまで体力が削られることがなくなる。
ただしそれは同時に神殿攻略のタイムリミットを示しており、プレイヤーは砂時計に表示された時間内にクリアしなければならない。

夢幻の剣

緋色のハガネ、紺碧のハガネ、深緑のハガネから刀身を作り出し、夢幻の砂時計と融合することによって出来た剣。
ハガネは海王に縁のあった三つの種族が保管しており、彼らの願いを聞くことで譲ってもらえる。
そのハガネを鍛冶屋サウズに鍛えてもらい、海王の力で砂時計と融合させて完成した。
柄に砂時計が埋め込まれたフォルムとなっている。
以前の剣と比べて、海王の神殿内にいるベラムーの手下・ファントムに攻撃できるようになったほか、時と勇気の精霊・シエラが作り出す夢幻のスフィアという物質を取り込み少しの間、時を止めることができる。

力・勇気・知恵のみなもと

各所の宝箱やショップで手に入れることができる、雫のような形をした物体。
赤い「力のみなもと」、青い「知恵のみなもと」、緑の「勇気のみなもと」と三種類ある。
これを10個集めると各種ステータスがアップし、20個集めるとさらにアップする。

力のみなもと→攻撃力アップ
知恵のみなもと→防御力アップ
勇気のみなもと→剣から衝撃波が出るようになる

登場人物・キャラクター

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda: Breath of the Wild)のネタバレ解説まとめ

2017年に任天堂より発売されたWii U/Nintendo Switch用アクションアドベンチャーゲーム。本作の特徴としてオープンワールドを使用しており、一本道の攻略ではなく自分で選び新しく探すゲームになっている。 それに伴い、武器防具の破損など『ゼルダの伝説』として新たな要素が組み込まれおり、今までにないハイラルの世界をリンクと共に冒険し、救うことが目的になる。

Read Article

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(The Legend of Zelda: Majora's Mask)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は、2000年に任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャー。1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の続編で、基本システムは『時のオカリナ』を踏襲しつつ、「3日間システム」や「仮面」による異種族への変身など、独自の要素も盛り込まれている。3日後に滅亡する運命の異世界「タルミナ」に迷い込んだリンクは、時のオカリナで滅亡までの3日間を繰り返しながら、タルミナを救うべく、世界を滅亡に導く仮面「ムジュラの仮面」を追う。

Read Article

ゼルダの伝説 風のタクト(風タク、The Legend of Zelda: The Wind Waker)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 風のタクト』とは、2002年に任天堂からGC用に発売されたアクションアドベンチャー。アクションや謎解きはそれまでの3Dゼルダを踏襲しつつ、アニメ調グラフィックが採用され、雰囲気は一新された。舞台もハイラル大陸ではなく、大海原と島々という、風と海の世界である。魔物にさらわれた妹を救うため大海原の冒険へと飛び出したリンクは、やがて世界の秘密を知り、ハイラルとガノンドロフの因縁の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』とは、2004年に任天堂からGBA用に発売された、アクションアドベンチャーゲーム。リンクの体を小人サイズに小さくする魔法の帽子「ふしぎのぼうし」を使い、通常の世界と小人の世界を行き来して謎解きを行う。「カケラあわせ」やモグラグローブなど、他シリーズ作品にない要素が多く盛り込まれている。復活した魔人グフーの呪いで石に変えられてしまったゼルダ姫を救うため、リンクは喋る帽子エゼロとともに、伝説のピッコル族の剣を手に入れ、グフーを倒す旅に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ、The Legend of Zelda: Ocarina of Time)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』とは、任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ初の3D作品で、奥行きのある世界観や立体的な謎解き、壮大な物語など、その完成度の高さから、国内外で現在もなお非常に人気の高い作品である。神々の子孫が住むと言われる地ハイラルを舞台に、主人公リンクは子どもと大人2つの時代を股にかけた冒険を繰り広げ、伝説の秘宝トライフォースを手にし世界を支配しようと企む魔王ガノンドロフと戦う。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(神トラ2、The Legend of Zelda: A Link Between Worlds)のネタバレ解説まとめ

2013年に任天堂からニンテンドー3DS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。世界観は、1991年にスーパーファミコンで発売された「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」からはるか未来の設定である。ロウラルの司祭・ユガによって絵画にされたゼルダ姫と七賢者たちを救うため、リンクは冒険に出る。今作新たに加わったシステムは、主人公リンクが壁の中に入り込める壁画化能力である。

Read Article

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(トワプリ、The Legend of Zelda: Twilight Princess)のネタバレ解説まとめ

任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。略称は「トワプリ」。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣(4剣、The Legend of Zelda: Four Swords)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣(The Legend of Zelda: Four Swords)』は、2003年に任天堂からGBA用に発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』収録のアクションアドベンチャーゲーム。GBAの通信ケーブルを使い2~4人で遊ぶ、多人数プレイ用のゼルダである。プレイヤーは協力して4つのステージを攻略しながら、ステージ中で集めたルピーの獲得総額を競う。復活した風の魔人グフーにさらわれたゼルダ姫を救うべく、リンクは伝説の剣フォーソードで4人に分かれ冒険に出る。

Read Article

リンクの冒険(Zelda II: The Adventure of Link)のネタバレ解説まとめ

『リンクの冒険』とは、1987年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ2作目である本作は、他のシリーズ作品とは異なる、横スクロール視点のアクション性が非常に強いRPGとなっている。前作『ゼルダの伝説』でリンクがガノンに勝利してから数年後、未だガノンの影響が残り荒廃するハイラルを舞台に、「勇気のトライフォース」を復活させ、初代ゼルダ姫とハイラルを救うべく、リンクは再び剣と盾を手に、トライフォースの試練に挑む冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣+(4剣+、The Legend of Zelda: Four Swords Adventures)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣+』とは、2004年3月18日に任天堂から発売された、ゲームキューブ(GC)用アクションアドベンチャーゲーム。専用アダプターでゲームキューブ都ゲームボーイアドバンスを接続することにより、最大4人までの多人数プレイができる。『ゼルダの伝説 4つの剣』の続編ストーリー「ハイラルアドベンチャー」のほか、「シャドウバトル」「ナビトラッカーズ」という2つの対戦ゲームが収録されており、3つの毛色の異なるゲームを楽しむことができる作品である。

Read Article

ゼルダの伝説1(初代、The Legend of Zelda)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説』とは、1986年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ第1作目ながら、物を押す、壁を爆弾で破壊するなど後のシリーズ作品に受け継がれる謎解き要素の基礎は完成されている。主人公のリンクは、「力のトライフォース」とゼルダ姫を大魔王ガノンの魔の手から取り戻すため、広大なハイラルに点在する8つの迷宮から「知恵のトライフォースのかけら」を入手し「知恵のトライフォース」を完成させるべく冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース(神トラ、The Legend of Zelda: A Link to the Past)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は、1991年に任天堂からスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ3作目で、『ゼルダの伝説』のゲーム性を踏襲しつつ、アイテムやリンクの行動が増え、より多彩な謎解きを楽しめる。また、シリーズ定番の伝説の剣「マスターソード」は本作が初登場。世界の支配を企む大魔王ガノンを倒しゼルダ姫を救うため、光と闇の世界を巡るリンクの冒険が始まる。

Read Article

目次 - Contents