モンスターハンターダブルクロス(モンハンダブルクロス、MHXX)のネタバレ解説まとめ

モンスターハンターダブルクロス(通称MHXX)とは、2017年3月18日にカプコンから開発、発売されたニンテンドー3DS専用のゲームソフトのこと。前作「モンスターハンタークロス」の続編となる。
プレイヤーは、新たな拠点である「龍識船」からさらに難易度の高いクエストを受注し、モンスターを狩猟していく。

チャージアックス

前述したスラッシュアックスのように、斧を剣に変形させることができる武器。
スラッシュアックスとの違いといえば、こちらは剣モードの時に同時に盾も装備できる点である。
剣モードの時に、内蔵ビンの効果が現れるスラッシュアックスと違い、こちらは剣モードの時にビンにエネルギーをチャージすることで強化し、斧モードで強力な攻撃をする。

操虫棍

モンスターハンター4Gから新しく登場した切断属性を持つ近接武器。
猟虫と呼ばれる蟲を放ってエキスを採集、回収することで自分や仲間を強化しながら攻撃をする。
リーチが長い上に切り返しが素早いため、初心者に最もおすすめな武器。

ガンナー

ガンナータイプの武器は全部で3種類。
中~遠距離攻撃用の武器で、広い視界を生かしたアイテム等による支援も期待される武器。

ライトボオウガン

ヘビィボウガン(詳細は後述)よりも、軽量で立ち回りのしやすい武器。
一撃の威力は控えめだが、手数の多さと豊富な弾の種類と機動力の高さでカバーでき、ソロプレイでも十分通用する武器である。
ガンナーゆえに他のハンターよりも広い範囲を見ることができるため、他のガンナータイプの武器と共に捕獲クエストなどでも重宝される。
また、状態異常弾によるサポートもしやすく、メインウェポンから支援まで様々な役割をこなすことが可能。

ヘビィボウガン

火薬と弦を併用した重量級の銃。ライトボウガンに比べると機動力に大きく遅れをとるのだが、一撃の威力はライトボウガンよりも高い威力を発揮する。
一度に大量の弾を装填でき、連続で弾を撃つことが可能な『しゃがみ撃ち』という専用動作もある。
ライトボウガンは初心者向けの武器だが、こちらの武器は熟練者向けの武器でもある。

弦を引き絞り、スタミナを使用して矢を放つ遠距離武器。
放つ矢のタイプによって様々な攻撃が可能。また、引き絞る時間によって攻撃力が変わる溜め攻撃ができる。
ライトボウガンやヘビィボウガンと比べて、敵を狙うのがやや難しいが、当たった時の火力は大きい。
機動力もガンナー随一なので、ソロクエストでも他のハンターとのクエストでも大いに活躍が期待される。

ニャンター

『ニャンター』とは、オトモアイルーをハンターとして操作できるモードのことである。
『村クエスト』『集会所クエスト』の両方にニャンター専用クエストが設けられている。

人間のハンターはニャンター専用のクエストを受注することはできないが、ニャンターはハンターのクエストを受注することができ、オンラインでハンターと一緒にクエストに挑戦することもできる。

『ニャンター』はハンターと違い、回復薬や秘薬など、ハンターが使用できるすべてのアイテムが使えない制限があるが『サポート行動』として爆弾攻撃や罠を設置したり笛を吹いて防御力や攻撃力を上げたり、味方の回復をしたりと多彩な動きが可能になっている。

人間のハンターと同じように『虫あみ』や『ピッケル』などで採集をする場合だが、『ニャンター』はアイテム等を消費せずにこれらをこなすことが可能。
また、スタミナに上限がないのでクエスト中、休まず走ることができる。

体力ゲージが0になった時には『モウイチドングリ』を消費して体力を半分回復する。
しかし『モウイチドングリ』の所持数が0の時に力尽きると通常のハンターと同じように力尽きた状態になるので注意が必要。『モウイチドングリ』はクエスト開始時点では2つ所持していて、力尽きると1つ消費するが、ベースキャンプのベッドで寝ると『モウイチドングリ』の数が回復するので(最大2つ)、ハンターより粘り強い戦闘ができる。

ちなみに、ハンターがオトモアイルーを2匹連れて行けるのと同じで『ニャンター』モードを選択中でもオトモアイルーは2匹まで連れていくことできる。通信プレイで他のハンターも『ニャンターモード』を選択し、オトモアイルーを連れて行けば、最大4匹のオトモアイルーが同時にクエストに出発することになる。

今作で復活したモンスター

ラオシャンロン

第一作目である『モンスターハンター』などに登場した古龍種で『モンスターハンターポータブル2G』以降、実に9年ぶりの復活となる。
あまりの体力の多さに、ソロ狩猟に苦戦するハンターが続出している。

ラオシャンロンの咆哮は、周囲のハンターをひるませる以外にも、複数の岩が落下してくる効果もあるので注意が必要。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

モンスターハンター:ワールド(MHW)のネタバレ解説まとめ

『モンスターハンター:ワールド』(MHW)とは、株式会社カプコンより発売された「モンスターハンター」シリーズ5作目にあたる。プレイヤーは第5期調査団の一員として新大陸の調査に向かうというストーリーとなっている。 これまでのゲームシステムは一新されており、自由度の高いハンティングを楽しめるようになっている。

Read Article

モンスターハンター・モンスターハンターG・モンスターハンター ポータブル(MH・MHG・MHP)のネタバレ解説まとめ

2004年3月11日の無印発売以降、現在も続く狩猟アクションゲーム、その初代となる作品。 プレイヤーは竜が生きる世界で「ハンター」の一人となり、アイテムの収集、モンスターの狩猟などの依頼(クエスト)をこなす。 可愛らしい草食動物から、凶暴な飛竜、存在そのものが災害となりうる超大型モンスターなどが存在する、弱肉強食の世界を駆け抜ける。「ひと狩りいこうぜ!」という名言はこのゲームから生まれた。

Read Article

モンスターハンタークロス(モンハンクロス、MHX)のネタバレ解説まとめ

モンスターハンタークロス(通称MHX)とは、2015年11月28日にカプコンから開発、発売されたニンテンドー3DS専用のゲームソフトのこと。モンスターハンターからモンスターハンター4Gまでのナンバリングタイトルとは違い、実験的に作られた全く新しいシリーズになる。 主人公は『ベルナ村』に置かれているモンスターの生態を研究、調査する機関『龍歴院』に所属することになり、モンスターを狩猟していく。

Read Article

【モンスターハンター】共闘ゲーム!各面白ポイントまとめ【ゴッドイーター】

ゲームがリアルタイムでオンライン通信が出来るようになった昨今で、やはりとてつもなく面白いのが共闘ゲーム!モンスターハンターシリーズをはじめ、各メーカーから様々な種類の共闘ゲームが制作・販売されています。今回は、そんな数ある共闘ゲームの中から面白いものだけを選び、そのポイントや醍醐味などをまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

モンスターハンター3・モンスターハンター3G・モンスターハンターポータブル 3rd(MH3・MH3G・MHP3)のネタバレ解説まとめ

MH3・MH3G・MHP3はカプコンより発売された、モンスターハンターシリーズのナンバリングタイトルである。 MHシリーズは主人公である「ハンター」が自然豊かな大地で生きる、巨大なモンスターたちを狩るゲームである。そんなシリーズを新たな舞台である「孤島」「渓流」へと移したものである。開発者いわく『新たなMHの原点』を目指したものであり、今作から追加された新規要素が非常に多く盛り込まれている。

Read Article

買い切りiphoneゲーム10選

iphoneのゲームはやはりとても面白いものが多い。しかし課金なんて言われると尻込みしてしまうものも多い。そこで今回はiphoneの買い切りゲーム10選を紹介したいと思います。基本的にはスーファミ、PS2などの名作の移植作品が多いため、まず買って損したなんてことはないかと思います。それでは素晴らしき買い切りゲームを見ていただこう。

Read Article

目次 - Contents