ゴジラ(84ゴジラ、The Return of Godzilla)のネタバレ解説まとめ

ゴジラ(The Return of Godzilla)とは、日本を代表する特撮映画「ゴジラシリーズ」の第16作目として、1984年に公開された怪獣映画。1954年以来、30年ぶりに出現したゴジラと人間の戦いを、当時の世界情勢等も織り交ぜながらリアリティ溢れる描写で描いている。
1990年代のヒットシリーズとなる「平成VSシリーズ」の事実上の第一作目にして、導入部にあたる作品でもある。

林田のゼミを受けている大学生。その関係で林田研究室の助手をしている。
唯一の肉親である宏が生きていた際には再開を喜び合うも、それを記事にした吾郎に一時失望してしまう。だが最終的には吾郎に救われることとなった。
余談だが、ゴジラ公開年は沢口靖子のデビューの年でもある。

奥村宏(演:宅麻伸)

尚子の兄で、同じく林田の教え子でもある。
遭難の一件もあってか、ゴジラを「絶対に許せない」「化け物」と称するなど、怒りをあらわにする。
林田と協力し、ゴジラ誘導作戦に一役買った。

林田信(演:夏木陽介)

生物物理学者で、奥村兄妹の大学の恩師である。
初代ゴジラの襲撃で両親を失った憎悪より、ゴジラの研究を始めたが、その過程の末、愛憎入り混じる複雑な感情を抱いている。
ゴジラの帰巣本能を利用した誘導作戦を立案し見事成功させるなど、今作における最大の功労者の一人。

三田村清輝(演:小林桂樹)

任期を終えようとしていた内閣総理大臣。
ゴジラの襲撃と米ソ両国の軍事衝突の危機対応に追われる。
非核三原則を持ち出して米ソ両国を説得する姿は、本作でも屈指の名シーンである。
三原山へ落下するゴジラを見た際には涙を流していた。

浮浪者(演:武田鉄矢)

新宿を根城としていたホームレス。
登場シーンは少ないものの要所要所で活躍(?)を見せ、印象に残るキャラクター。
ゴジラに対し放った言葉は、シリーズ屈指の迷言として知られる。

登場メカニック

スーパーX

正式名称:「陸上自衛隊幕僚監部付実験航空隊首都防衛移動要塞T-1号 MAIN SKY BATTLE TANK スーパーX」。

元々は有事(核戦争)に備えての「要人用移動核シェルター」として開発が進められていたが、外装はチタン合金、集積回路にはプラチナを多用するなど高熱に強い設計となっていたことから対ゴジラ作戦用に抜擢され、核物質を抑制する「カドミウム弾」を搭載して出撃する。
次作「ゴジラVSビオランテ」以降の作品に登場する、対ゴジラ兵器の原点となった兵器でもある。

ハイパワーレーザービーム車

元はクレーン車をベースとした航空機、ミサイル迎撃用対空兵器である。
劇中では、ゴジラを新宿へ誘導するための囮として使用された。
東宝特撮映画の架空兵器には珍しく、光線の色は鮮やかな真紅である。

見どころ

本作の作風

本作の大きな特徴として、「災害パニックもの」の側面が強いことが挙げられる。
東宝が過去に制作した「日本沈没」や「地震列島」などの災害パニック映画の流れを汲んでおり、「現実にゴジラが現れた場合の対応」についてのリアリティを持たせるため、政府や自然災害等の各界の専門家を特別スタッフとして招き、物語の構成に一役買っている。
また、ストーリーには当時の世界情勢が如実に反映されており、冷戦下におけるアメリカ、ソ連の対立、核兵器の脅威が描かれている等、シリーズでも屈指の重いストーリーが展開される。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングギドラ(ゴジラシリーズ)の徹底解説まとめ

キングギドラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣で、1964年のシリーズ第5作「三大怪獣地球最大の決戦」で初登場して以来、多くの怪獣映画に登場を果たしている。 竜のような3本の首と2本の尻尾、コウモリのような巨大な翼、黄金の体と、一度見たら忘れられないインパクトを持った見た目が特徴的。度々ゴジラと激突していることから、ゴジラ最大のライバルとも称される。

Read Article

GODZILLA 怪獣惑星(Godzilla: Planet of the Monsters)のネタバレ解説まとめ

『GODZILLA 怪獣惑星』とは1954年から続く怪獣映画「ゴジラ」を原作としたアニメ映画作品。脚本は虚淵玄、監督は静野孔文、瀬下寛之。 人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持ったゴジラによって半世紀に渡り敗走を重ねた人類は、種全体の存続のため宇宙への脱出を余儀なくされる。22年後、再び地球を人類の手に取り戻すため、主人公ハルオを筆頭にゴジラと戦う様を描く。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

メカゴジラ(MechaGodzilla)のネタバレ解説まとめ

メカゴジラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の一体。 その名の如くゴジラを模した姿のロボットであり、視覚的に分かりやすいコンセプト、 カッコよさ、劇中で見せる圧倒的な強さから人気の高い怪獣である。 劇中の描写には、映画製作当時におけるロボットや機械に対するイメージが反映されており、各作品ごとの特色がみられる点が興味深い。

Read Article

ゴジラVSキングギドラ(映画)のネタバレ解説まとめ

キャッチコピーは「お前だけには絶対負けない!」、「世紀末、最大の戦いが始まった。」、「12・14決戦!」。 「ゴジラvsキングギドラ」は、1991年12月14日に公開されたゴジラシリーズ第18作目で、東宝創立60周年記念作品。 ゴジラのライバルである人気怪獣キングギドラが再登場し、ゴジラとの戦いを描いた怪獣映画。

Read Article

ガイガン(Gigan)のネタバレ解説まとめ

ガイガンとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣である。 初登場作品は1972年のシリーズ第12作「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」で、その後も度々シリーズに出演している。「未来怪獣」「サイボーグ怪獣」の異名通り、ゴーグル状の単眼、鉤爪状の手、腹部に回転ノコギリと全身武器の凶悪怪獣であり、その華麗な姿と残忍な戦いぶりから、根強い人気を誇る怪獣である。

Read Article

歴代ゴジラの作品像、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルまとめ

東宝が誇る世界の怪獣王、ゴジラが初めてスクリーンに姿を現したのは1954年。そこから現在に至るまでゴジラは姿形設定を変え、見るものを魅了してきた。1954年から2018年までスクリーンに登場してきた歴代のゴジラの劇中での作品像、活躍、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルに焦点を充ててまとめていく。

Read Article

目次 - Contents