美男高校地球防衛部(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

美男高校地球防衛部とは、2015年1月から3月に『美男高校地球防衛部LOVE!』として第1期が、2016年7月から9月に『美男高校地球防衛部LOVE! LOVE!』が第2期として放送されたアニメ作品。
愛の力を授けられたことで、愛の戦士、バトルラヴァーズに変身した男子高校生達の活躍を、まったり、ゆるゆるな日常と友情を織り交ぜながらコミカルに描いている。

1期ではズンダーの、2期ではダダチャの力により、眉難高校の生徒たちが強力な力を得て、人外の姿になってしまったもの。
怪人になった生徒には深い悩みがあったり、何かに絶望したり、強い怒りを抱くと言う背景があり、ズンターやダダチャによってそうした感情が刺激されてしまった結果、怪人と化してしまうと言うのが一連の流れである。

そしてそうした感情を解き放つ役割を担うのが、バトルラヴァーズであり、その際に大きな役割を果たすのが、愛の力と言うことである。
よって怪人たちを浄化し終えた後には、スカーレットが「ラブイズオーバー!」と言う締めの台詞を口にするのがお約束となっている。

第1期『美男高校地球防衛部LOVE!』の登場怪人

知久 和武(ちく かずたけ/CV:石田 彰)

ちくわぶ怪人に変身する、眉難高校3年生の生徒。
人は皆、良い子・悪い子・フツーの子に分類できると考えており、何をとっても冴えない自分はフツーの子だと言うコンプレックスを抱いている。

存在はしているが目立たないと言うちくわぶの存在意義に、自分と似たものを感じていた。
そこをズンダーに利用され、怪人と化してしまう。

橋田 割男(はしだ わりお/CV:小西 克幸)

規律と秩序をこよなく愛する男子高校生。嫌いな物は、どこまで行っても割り切ることができない円周率。
学食で割り箸を左右均等に割ることができずにおり、その苛立ちがピークに達したところをズンターたちに狙われ、割り箸怪人へと変貌してしまった。

黒鳥 持手男(くろとり もてお/CV:遊佐 浩二)

ブラックスワン怪人に変身してしまう、眉難高校バレエ部顧問。
鏡に映った自分の姿に見惚れるほどのナルシスト。
生徒たちにドン引きされながらも、校内で開催される美男コンテストに参加し、優勝狙い、猛アピールを繰り広げる。

五十嵐 親治(いがらし おやじ/CV:鳥海 浩輔)

あまりの老け顔から『五十の顔を持つ男』と呼ばれる高校生。
だが見た目とは裏腹、非常に繊細な神経の持ち主。
女子高生に陰口を叩かれる屈辱、そして外見に左右されることなく、高校生らしい青春を謳歌したいと言う気持ちをズンダー達に狙われ、美少年怪人へと変身する。

宗佐 円覚(そうさ えんかく/CV:江口 拓也)

自分は父親の操り人形だと感じており、そのことに悔しさや怒り、空しさを抱いている高校生。
その気持ちを狙われ、リモコン怪人へと変身。
あらゆる電化製品のリモコンを奪い、勝手に操作して、その場を混乱させる。

逸茂 一番(いつも いちばん/CV:鈴村 健一)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents