美男高校地球防衛部(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

美男高校地球防衛部とは、2015年1月から3月に『美男高校地球防衛部LOVE!』として第1期が、2016年7月から9月に『美男高校地球防衛部LOVE! LOVE!』が第2期として放送されたアニメ作品。
愛の力を授けられたことで、愛の戦士、バトルラヴァーズに変身した男子高校生達の活躍を、まったり、ゆるゆるな日常と友情を織り交ぜながらコミカルに描いている。

眉難高校では、今年の恒例の美男コンテストが開催されることになっていた。
その開催予定に沸き立つ生徒たちの前にあらわれた造那は、こんな小さな大会で優勝してもたかが知れている、と言う。
そして、自分は世界の頂点に立つ人物たちと知り合ってしまったんだ、と続ける。

造那の発言に、その場にいた生徒たちは、嘘を吐くな、と彼を批判する。
しかしそこにあらわれた別府兄弟の存在に、生徒たちの態度は豹変。
瞬く間に、生徒たちは別府兄弟に魅了されていくのだった。

一方の防衛部は、湯基の実家『黒玉湯』の真ん前に、突如として建てられた建物の話題で盛り上がっていた。
見るからに豪華で、ラブホテルのような雰囲気も漂わせているその建物の正体は何なのか。
各人が好き勝手なことを言っていた、その時、湯基達の前に別府兄弟が姿を見せる。
そして2人は、この建物は自分たちの住まいであることを湯基達に告げる。

湯基は友好的な態度で2人に、『黒玉湯』のチケットをプレゼントする。
しかし別府兄弟は、表情を歪ませながら吐き捨てるように礼を言い、そのチケットを握り潰してしまう。
その失礼極まりない、かつ厳しい態度に、湯基を除いた防衛部のメンバーは驚く。

その建物内では、捕えられた造那の姿があった。
彼を前に、別府兄弟は『ギャラクシーアイドル The VEPPer』に変身。
そして造那は、彼らと生活を共にする謎の存在、ダダチャにより、豆腐怪人へと変身させられてしまう。

ラブブレスレットの反応により、怪人出現を知った湯基達は、怪人のもとへ直行。
豆腐怪人のおから攻撃に苦しめられるも、どうにか怪人を撃破する。

そして、自分たちを見下ろす存在に気が付く。
それこそ、変身を終えた別府兄弟の姿だった。

しかし、やはりここでも、防衛部から見た別府兄弟には、そして別府兄弟から見た防衛部はモザイクがかけられた状態、音声も加工された状態であるため、互いが互いの正体を見抜けないままであった。

後日。薪割りのために外に出かけた強羅は、驚く。
『黒玉湯』前の建物、つまり別府兄弟の住家の前に、眉難高校の生徒が大量に集結していたからだ。
その生徒たちは、別府兄弟に魅了された故に、自らを『別府APes』と名乗り、別府兄弟のしもべであることを良しとする存在だった。
そこに姿を見せた別府兄弟は、湯基の時の態度が嘘のように、強羅に対しては非常に礼儀正しい態度で挨拶を交わす。

第3話『愛するブラザーズ』

固い絆で結ばれた強羅と湯基の箱根兄弟。
湯基が困った時、ピンチの時には、いつも強羅が助けに来てくれると言うのがお決まりだった。

湯基達、防衛部は、ひょんなことから幼稚園への読み聞かせボランティアに選ばれてしまう。
だが、そのことを良しとしない生徒がいた。
『叫ぶ詩人の会』の唯一の会員であり、自らを世界の代弁者と名乗る生徒、過足多賀瑠。
彼は、自分がいかに語りたがっているのかを熱弁し、読み聞かせを行うのは自分こそがふさわしい、と湯基達に熱弁を振るう。
そのあまりの熱さに気圧された防衛部は、関わり合いにならない方が良い、と彼の前から立ち去ってしまう。

1人、残された多賀瑠の前に別府兄弟が姿を見せる。

『黒玉湯』で、読み聞かせについて語り合う防衛部。
面倒くさい、と言う煙。
更に無償のボランティアと言うのが気に入らない、と言う硫黄。
そんな2人に対して、湯基は、幼い頃、強羅が自分にそうしてくれたように、自分も幼い子たちに読み聞かせがしたい、と言う。
湯基の熱意に押され、結局、防衛部は読み聞かせボランティアに取り組むことになった。
選択した物語は『笠地蔵』。

幼い頃、強羅に言われて、編んだ笠を地蔵に被せる遊びをしていた湯基の思い出からの選択だった。

本番当日。
単なる読み聞かせではなく、演劇のようにして『笠地蔵』の物語を進めていく湯基達。
園児たちは喜ぶが、湯基達のあまりの棒読み、そして物語性を無視した展開に、観劇に訪れていた多賀瑠のストレスは頂点に達する。
そしてダダチャの力によって、彼はマイク怪人へと変身。

舞台は一転して、ヒーローショーへと変貌する。
マイク怪人の強力な攻撃な苦しめられながらも、幼児たちの声援もあり、湯基達は無事、マイク怪人を撃破。
『笠地蔵』の物語は飛んで行ってしまったが、幼稚園児たちも大いに喜び、ボランティア活動は大成功をおさめたのだった。

一方、今回も防衛部に破れてしまった別府兄弟は、嫉妬に駆られていた。
それは忌々しい防衛部に対しての、そして強羅の愛を一身に受けている湯基への嫉妬だった。
(なおここでは、湯基が防衛部の一員であることに、別府兄弟が気がついている。正体を隠しているはずのモザイク、音声加工は、この時点で、既になかったことになっている。が、その辺りについての説明はない)

第4話『愛のシンクロニシティー』

眉難高校に海外から1組の双子が転入してくる。
アラン・サルヴァトーレとベルナルド・サルヴァトーレが、その双子だった。

かつては非常に仲が良い兄弟だったのだが、ベルナルドに立派な胸毛が生えているのに対し、自分はいつまで経ってもツルツルなままである、と言うアランが今んプレックスを抱き、兄弟仲は悪化してしまっていた。

一方、別府兄弟は強羅に対して異様なまでの執着心を見せていた。
そのため、強羅と兄弟に関係にある湯基を忌々しく感じた彼らは、アランのコンプレックスを利用して、彼を怪人へと変身させてしまう。

アランが変身した胸毛怪人を打倒すべく、バトルラヴァーズへと変身した湯基達。
しかし、怪人が繰り出す胸毛攻撃になすすべがない。

そこにベルナルドが姿を見せる。
怪人がアランであると気がついていた彼は、そこまでアランが胸毛のことをコンプレックスに思っていた、そのことに気がつけなかった自分を責めるような発言をする。そして自分の胸毛をむしり取ってしまおうとする。

そんなベルナルドの姿に虚を突かれる胸毛怪人。
その隙をついて、湯基は無事、怪人を浄化することができたのだった。

第5話『愛を受け止めろ!』

飛んできたバレーボールを咄嗟に打ち返した湯基。
その反応速度、そしてボールを正確に打ち返すことができる能力の高さをバレー部部長に見込まれた湯基は、バレー部に入部することになる。
その湯基に引っ張られるような形で、煙、熱史、硫黄、立もバレー部に入部することに。
だが当然のことながら、やる気がない煙達をよそに、湯基のバレー部部長と意気投合し、すっかり部活動に打ち込む青春を謳歌していく。
そしてまた、バレー部部長も、湯基を手放さない、と涙を流すほどに、湯基にぞっこんになる。

しかし、そんなバレー部部長と湯基を陰から見つめる生徒の存在があった。
彼の名は岡修造。
元々はバレー部員だったが、バレー部部長からのきついしごきに耐えることができず、バレー部を去ってしまっていたのだ。
だが、彼にはバレー部に対する、そしてバレー部部長に対する未練があった。
そんな折、あらわれた湯基の存在は、彼にとってみれば自分の帰る場所を奪うようなものであった。

『黒玉湯』で和気あいあいと入浴を楽しむ湯基とバレー部部長の姿を盗み見ながら、彼の嫉妬は頂点に達していく。
そして同じく『黒玉湯』を盗み見し、薪割りに励む強羅の姿にうっとりしていた別府兄弟は、湯基を苦しめるため、修造の嫉妬心に目を付け、彼を怪人へと変貌させる。

バレー部部長と湯基が練習に励んでいる最中、ブラックボバヤン怪人は姿をあらわす。
そして怒りからバレー部部長を攻撃。
湯基達は変身、怪人と相対することに。

しかし攻撃は全て、怪人に吸い込まれてしまう。
そのため湯基は、会話による撃破を試みることに。

どうせ輝くことなんてできない、とやさぐれる怪人に対し、湯基は、君ならできる、輝ける、と励ましの言葉をかける。
その言葉に怪人が胸を打たれた隙をついて、見事、浄化することに成功する。

後日。
体育館では、熱い指導を行うバレー部部長の姿と、その指導に一生懸命、ついていく修造の姿があった。

第6話『愛してる!みんな誰かを』

いつもは仲の良い硫黄と立。
しかしその日、部室に居合わせた2人の間には妙な空気が流れていた。
一体、2人の間に何があったのか。
いやそもそも、防衛部に入部した時から、実は2人の仲はそれほど良くなかったのではないか。
ならば仲の良くない2人こそ、実は本当の2人の姿なのではないか、と湯基はやきもきしてしまう。

実は元々、お互いの第一印象は最悪だったと言う2人。
きっかけは、デート代は男が支払うべきと言う持論を展開していた立を、硫黄が鼻で笑ったため。
にもかかわらず、どうして同じ防衛部に入部したのかと言うと、それは2人が別々に、煙と熱史のもとに入部申し出を行ったたため。
ちなみに硫黄は、株式相場を見るのにちょうど良さそうな部だったから、と言うのが入部理由で、立は、静かに昼寝をできそうな部だったから、と言うのが入部理由である。

一方の別府兄弟は、別府APesのひとり、熊野九呂四郎から差し出されたお茶を楽しんでいた。
何かと地味で華々しいもの、人気者に憧れを抱いている九呂四郎は、別府兄弟やアイドルへの憧れを口にする。

別府兄弟は、彼のその気持ちを利用して、彼をパンダ怪人へと変身させる。

怪人出現の知らせを受け、とりあえず湯基、煙、熱史は3人で現場に駆けつける。
そこではただパンダと言うだけで、皆にちやほやされているパンダ怪人の姿があった。

怪人だから倒そうとする3人に対し、パンダ怪人の可愛さに夢中になってしまっている周囲の人間は猛反発。
ろくに攻撃をすることができない防衛部を、バンダ怪人の攻撃が襲う。

それは、自らの糞を投げつけると言う攻撃。
汚いうえに、パンダ怪人は攻撃を受けると、それを負の力に変えパワーアップすると言う性質まで持っていた。

苦戦を強いられる湯基達の前に、硫黄と立が姿をあらわす。
そして彼らは、とても仲が悪いとは思えないようなコンビネーションを見せ、見事、パンダ怪人を撃破したのだった。

実は今回の喧嘩の原因は、お互いが相手を凄いと思っているのに、そのことを認めようとしない、と言うことが原因。
立かせクラスメイトに対して硫黄の良さを語っていたら、硫黄自らがそれを否定した、と言うのがきっかけだった。

では、どうして入部当時は、あまり仲の良くなかった2人がそこまで仲良くなったのかと言うと、それは湯基のお陰だった。
『黒玉湯』を掃除していた湯基が、誤って2人に水をかけてしまい、2人は仕方なく、入浴することに。
そこでお風呂の良さを共感し合えた2人は、そこから距離が少しずつ、縮まっていき、現在のような仲になったのだった。

第7話『愛と奇跡のクリスマス』

クリスマスが近づいていたある日。
ラーメン屋でだべっていた防衛部の面々。
そんな中、何ごとにもやる気を見せない煙が、珍しくクリスマスパーティーの開催を提案する。
驚く湯基達だったが、勿論、その案に賛成する。
食べ物は、ラーメン屋に出前を頼むことに。

一方、そのラーメン屋でバイトをする、湯基のクラスメイトの聖夜一人はうつうつとした気分でいた。
毎年、毎年、クリスマスはバイトで、ろくにそれを楽しんだ経験がなかったからだ。

湯基は、『黒玉湯』でパーティーを行うことを提案。
強羅に相談したところ、快諾を得ることができた。

ライトアップされた『黒玉湯』を冷めた視線で見つめる別府兄弟。
彼らの胸には幼い頃、クリスマスにプレゼントを待ちわびても、それが送られてこなかった思い出がよみがえっていた。
しかし、そんな寂しい思いを打ち消すほどに強い、先代バトルラヴァーズとして活躍していた強羅に向けた思いもあり、それは今も変わっていない。
ただ、その強羅たちとのクリスマスパーティーを楽しむ予定の湯基たちが気に入らない2人は、全世界のクリスマスをむちゃくちゃにするための作戦を練る。

そしてパーティー当日。
トナカイの格好をしてラーメンの出前バイトに励む一人の前に、別府兄弟が姿を見せる。
言葉巧みに心を操られた一人は、別府兄弟のクリスマスをめちゃくちゃにするための道具として、怪人へと変貌してしまう。

しかしそんな別府兄弟は、自宅へと戻る途中で強羅に遭遇する。
憧れの強羅から声をかけられ喜ぶ2人に対し、更に強羅は、クリスマスパーティーへの参加を呼び掛ける。

断る理由がない、と大はしゃぎする2人。
自宅に戻り、食事の準備をしていたダダチャに、今日はクリスマスパーティーに参加するからいらない、と告げる。
するとダダチャは、ならばそのクリスマスパーティーをむちゃくちゃにするために誕生させた怪人はどうするつもりなのか、と突っ込まれる。
慌てた2人は、全世界クリスマス消滅作戦の中止を命じる。

パーティーへと参加した別府兄弟は、恭しく強羅に礼を述べる。
別府兄弟の参加に驚く防衛部だったが、湯基達は歓迎する。
しかし別府兄弟は、やはり湯基の対しては無視の態度を決め込む。

頼んだはずのラーメンの出前が来ないことに、防衛部は訝しむ。
ならば先に、プレゼント交換を行おう、と湯基は提案する。

プレゼントは皆が持ち寄った物。
そして別府兄弟の目的は勿論、強羅が用意したプレゼントだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents