アバター(Avatar)のネタバレ解説まとめ

『観るのではない。そこにいるのだ。』というキャッチコピーで3D上映され話題となった2009年公開のアメリカ・イギリス合作のSFファンタジー映画。監督は、「タイタニック」「ターミネーター」などを手がけた、ジェームズ・キャメロン。世界興行収入は歴代1位を記録した。自然豊かな惑星「パンドラ」を舞台に繰り広げられる人間と先住民族ナヴィの戦いを描いた作品。

あらすじ・ストーリー

太陽系からもっとも近い、アルファ・ケンタウリ系惑星ポリフェマス最大の衛星"パンドラ"。
地球の熱帯雨林のような密林に覆われた、神秘的な美しさのあるこの惑星の地下には、希少鉱物「アンオブタニウム」が眠っていた。
地球のエネルギー問題を解決する鍵となる希少鉱物を採掘するため、人類はパンドラに進出するが、鉱石の眠る地域の上にはパンドラの先住民族"ナヴィ"が住んでいた。

RDA(資源開発公社)は資源の採掘を願い出るも、ナヴィたちは今の生活に満足しており、森を荒らされることに嫌悪感を示し、頑なに拒み続けた。
資源開発の目的を果たすべく、地球人のDNAとナヴィのDNAそれぞれを掛け合わせた人造生命体"アバター"を作り、操作する人間の意識をそのアバターに接続させ、ナヴィたち先住民に接触する『アバター計画』が行われた。
元海兵隊員のジェイク・サリーはアバター計画の操作員だった双子の兄が急死したことを受け、代わりのアバター操作員として急きょRDA社に誘われた。アバターは各操作員のDNAに合わせ作られているため、新たなアバターを作るには高額な費用が掛かる。ジェイクと急死した双子の兄は一卵性双生児であり、操作員だった兄とジェイクのDNAが一致し、兄のために作られたアバターを利用することができた。

戦場で脊髄を損傷して以来、車椅子生活を余儀なくされていたジェイクは初め、アバター計画に無関心であった。科学が発達した未来の地球で脚の治療は出来るものの、高額な医療費が必要になる。軍人年金のみでは払いきれない費用をRDA社が負担してくれる代わりに、ジェイクはアバター計画に参加することになった。

西暦2154年、6年間の冷凍睡眠(コールドスリープ)を経てパンドラに辿り着いたジェイクは、ナヴィ研究の権威であり今回のアバター計画責任者グレイス・オガースティン博士の下で操作員としての任務に就くこととなった。

兄のアバターは問題なくジェイクの神経に適合し、仮の肉体を得たジェイクは久々に自身の足で自由に動けることに大きな喜びを感じ始めていた。
アバターとのリンクに慣れた頃、ジェイクは地球人居留地を警護する傭兵部隊の隊長マイルズ・クオリッチ大佐から、グレイスの下で働きながら傭兵部隊にも重要な情報を入れてほしいと持ちかけられる。
新参者のジェイクは全く知らなかったが、具体的な進展のないアバター計画に苛立つRDA社の鉱物資源開発責任者パーカー・セルフリッジ、ナヴィを軽視するクオリッチ大佐と、慎重に交渉を続けるべきとするグレイスの間に確執が存在していた。

ある日、アバターを使ってジャングルの中へ現地調査に出かけたジェイクは、仲間とはぐれてしまう。そればかりか、アバターの姿になり身軽になったせいか気が大きくなり、出会ったパンドラの生物を挑発し怒らせてしまう。危ういところを助けてくれたのは、ネイティリというナヴィの若い娘であった。
ネイティリは、「ここに来なければ獣は死なずに済んだ。」と、ジェイクを叱責する。

ネイティリの部族・オマティカヤ族の村に連れてこられたジェイクは、そこで部族のリーダーであるネイティリの父母に出会う。そこで、ネイティリからナヴィの生き方を学ぶよう勧められ彼らと生活を共にすることにした。
次の日からハンターとして修行するが、コツを掴めていないジェイクは失敗ばかりしてオマティカヤ族の若き戦士ツーテイに馬鹿にされる。それでもネイティリの指導で徐々にナヴィの生き方を学んでいったジェイク。
死者の魂は死後大地に戻って生きてゆくと考え埋葬し、狩りでしとめた獲物の死骸にも祈りを捧げるナヴィの自然観は、すべての生命エネルギーが大自然の中を循環するものだと考えられていた。
ジェイクは、母星を自然破壊によって瀕死になるまで追い込んだ地球人とはまるで異なるナヴィの生き方に関心する。

ある日、一人前のハンターの証として手に入れることができる翼竜・イクランの住処に向かった。ナヴィの若き戦士たちに煽られながらジェイクはイクランとフィーラー(触角)によって心を通わせ無事にハンターとしての修行を終えた。
飛行中、イクランの中でも巨大な翼竜トゥルークを目撃する。『空の王者』の異名を持つこの翼竜に受け入れられた者は数少ない。この翼竜に乗った者は"トゥルーク・マクト"と呼ばれ、ナヴィの指導者として尊崇を受けたという。

「ナヴィは二度生まれる」という言葉は、一度目は母親から生まれたときであり、二度目は厳しい修行を経て一人前のハンターとして認められた者が生まれ変わったときであるというナヴィに古くから伝わる言葉。
ハンターの修行を終え、オマティカヤ族の信頼を得たジェイクは、正式に部族の一員になり、彼らの兄弟として認められる。
厳しくも優しくジェイクに接してきたネイティリに惹かれ、ネイティリも共に時を過ごしたジェイクに好意を寄せ、いつしかお互いの間に愛情が芽生え二人は互いに深く愛し合うようになっていた。

一方でRDA社の苛立ちは頂点に達していた。進まぬ交渉に業を煮やしたパーカーとクオリッチ大佐はついに莫大な地下資源を採掘するべく、オマティカヤ族の村への襲撃に乗り出す。
その強引なやり方にジェイク達は彼らを制止しようとするが、二人はさらに"魂の木"への攻撃まで考えていた。
魂の木はナヴィの神である『エイワ』の意思の宿る神聖な場所と考えられている聖地である。
グレイスの見立てでは、パンドラに生息する植物は電気信号で交信し合い、それらが巨大なネットワークを形成して惑星全体を覆っているという。
その生命エネルギー情報のネットワークが巨大な脳細胞を構成しており、惑星の生態系を維持する意思を持っている。そしてナヴィを始めとするパンドラの生物はフィーラーを介してその意思にアクセスすることができる。
グレイスは、この貴重な生態系を破壊すべきではないと懸命に説明するが、パーカーとクオリッチの二人は目の前の資源にしか目に入っておらず全く理解を示さない。
結局、森を燃やしミサイルの雨によってオマティカヤ族の村を壊滅させてしまう。
彼らの優しさに触れ、これ以上隠せなくなったジェイクは村人たちに自分が地球人であること、スパイであったが今はナヴィの生き方に感銘したことを告白するが、拒絶されてしまう。

オマティカヤ族と共に暮らすことで自身がナヴィの生き方を心の底から愛していることに気づいたジェイクは、大佐ら地球人に背を向けパンドラのために戦うことを決断したが、それをクオリッチ大佐に止められ監禁されてしまう。
ジェイクと同様にクオリッチ大佐のやり方に反発した少数の仲間の助けもあり、なんとか居留地を脱出する。その際に、激怒したクオリッチ大佐の撃った銃弾がグレイスに当たり重傷を負ってしまう。

彼女を救うには不思議な治癒能力を持つというエイワに頼るほか無かったが、ナヴィ達が地球人を助けてくれるとは思えない。ジェイクは空の王者・トゥルークを手懐け、トゥルークに受け入れられた伝説のトゥルーク・マクトとして村人達の前に現れ彼らにグレイスの治癒を頼むが、グレイスは間に合わず息を引き取った。
伝説のトゥルーク・マクトとして再び信頼を得たジェイク。村人たちと団結し戦うことを決意。そして、オマティカヤ以外の部族もトゥルーク・マクトであるジェイクの号令によって魂の木に結集し、ナヴィ達は一致団結し侵略者に対抗することとなった。

ナヴィ達の計画を察知したクオリッチ大佐も、これに先制攻撃をかけるべく魂の木への侵攻作戦を準備し始めた。
そして魂の木もろともナヴィを蹂躙させる企みを知ったジェイクは、決戦を前にして魂の木の下でエイワに力を得るべく祈りを捧げた。

そして、クオリッチ大佐の攻撃が始まった。
歩兵・巨人ロボット兵器・AMP(パワードスーツ)による地上部隊、攻撃ヘリでの空挺部隊、そして聖地のすべてを焼き尽くすために大量の爆薬を積載した大型輸送機が魂の木を目指して攻めて来た。
ナヴィたちは、ジェイクの指揮で対峙するが、地球側の圧倒的な科学力・軍事力の前には無力だった。
しかし、仲間が倒れていくなか奇跡が起こった。
地上に地鳴りのような足音を立てて無数の獣たちの大群が押し寄せ、空には天を覆い尽くさんばかりのイクランの群れが現れ地球側の舞台を次々と襲い始めた。ジェイクの捧げた祈りをエイワが受け入れた結果、パンドラの生物たちが惑星を守るべく立ち上がったのだ。
ジェイクは大量の爆薬を積んだ輸送機を爆散させ、クオリッチ大佐が乗る機体を墜落させることに成功するが、クオリッチ大佐はしぶとくAMPに乗って間一髪で脱出する。
クオリッチ大佐の乗ったAMPが落ちた場所は、ジェイクのアバターリンク装置のあるコンテナハウスの目の前だった。
ネイティリが眠っているジェイクの本体を守るが、クオリッチ大佐は無理やりジェイクの眠るカプセルを破壊しようとした。そこへジェイクが駆けつけ、二人はついに一対一での対決することになる。

ジェイクはひるむことなく戦うが、クオリッチ大佐はわずかな隙を狙いカプセルを攻撃、ジェイクはアバターとの神経接続を断たれてしまう。
意識のなくなったアバターの方のジェイクを捕らえるクオリッチ大佐だが、死角を突いて放たれたネイティリの矢が胸に突き刺さり苦悶の声をあげて絶命した。
この戦いの隊長であるクオリッチ大佐が死亡したことで戦いはようやく終わる。地球人達はナヴィと共に戦った一部の人間達を残してパンドラを去ることになった。
侵略者達が去ったあと、ジェイクも居留地を去る。

ジェイクは魂の木の下に赴いた。そこには今度こそ本当に部族の一員としてジェイクを迎えるべく、オマティカヤの兄弟達が彼を待ってくれてた。
魂の木の下で、アバターと共に静かに横たわるジェイクはエイワの力によってその意識をアバターの肉体に移される。ネイティリや大勢の仲間たちに祝福される中、ジェイクはナヴィとして新たな生を受け、意識を宿したアバターは力強くその瞳を開いた。

登場人物・キャラクター

地球人

ジェイク・サリー(演:サム・ワーシントン)

人間の姿

アバターの姿

元海兵隊員の伍長を務めていたが、ベネズエラでの戦争の際、負傷してしまい脊髄を損傷したため下半身不随の身となった。
科学技術の発達した未来では、下半身不随も治せないわけではないが、軍人年金のみで治療を行うことが出来ず車椅子生活を余儀なくされていたことにもどかしい思いをしていた。しかし、アバター計画に参加するはずだった科学者の双子、兄のトミーが強盗に襲われ急死したため、その高額な治療費をRDA社が肩代わりすることを条件に兄の代理として誘われ参加することになった。
RDA社では軍人であった経歴を生かし、科学者やナヴィ達にうまく根回しする役目を任されるが、長い車いす生活から開放されアバターを通じて自由に歩ける興奮から任務そっちのけになってしまった。
今まで科学者や訓練を受けてきた者がアバター操縦に関わっていたが、知識もない無知な軍人がアバターを操縦する事は初めてであった。しかし、その軍人気質、諦めない精神力からナヴィのオマティカヤ族から「戦士」として受け入れられることになった。
パンドラの原住民ナヴィと共に過ごす中で、彼らに感銘を受け、次第にパンドラの自然やアバターとしての生活そのものを愛するようになった。
そして最後は人間ではなくアバターとして生きていくことを決意し生まれ変わった。

グレイス・オーガスティン(演:シガニー・ウィーバー)

アバター計画を率いる植物学者。
自然破壊の進む地球に見切りを付け、15年以上パンドラの生態系研究をしている。非常に優秀な学者だが、仕事がスムーズに進行しないとしきりに悪態をついて周囲を困らせるなど、かなり強気な性格。
自らもアバターを操り、ナヴィと交流しオマティカヤ族の村に学校を開き、文化交流と英語教育を行ったことがあるため、地球人としては例外的にナヴィたちから一定の信頼を得ていた。
軍人に対し偏見を持っており、専門的な教育を受けていた兄の代わりに送られて、しかもナヴィのことをまったく理解していなかった元海兵隊員のジェイクに不満を持っていた。はじめこそ彼を偏見の目で見ていたが、ナヴィとの交流で、戦士になりナヴィともうまく関係を築くその姿に関心し、徐々に態度をあらため信頼を置くようになる。
クオリッチ大佐の強引な作戦に反発し捕まるが、ジェイクらと共に地球人居留地を脱走する。逃走の際、クオリッチ大佐の放った銃弾が当たり重傷を負ってしまう。
ジェイクがナヴィたちに頼み、エイワの力で延命を行うが時すでに遅く命はエイワと一体化し人間としての命を終える。一見死んだように見えるが、エイワに命が移動したとネイティリの母親モアトは語る。

マイルズ・クオリッチ(演:スティーヴン・ラング)

元海兵隊の大佐で、RDA社の傭兵部隊を率いる。
地球では何度も戦争を経験している。
パンドラに来たばかりのジェイクにアバターを操縦させスパイするように指示した。
部下の面倒見は良く、約束は必ず守る性格の持ち主で部下の信頼も厚いが、生粋の軍人であり、大量の地下資源が存在するオマティカヤ部族の村の制圧を目論み、先住民たちやパンドラの生き物の生き方に理解を示さない、そればかりか一向に進展のないアバター計画に痺れを切らし、パンドラの森や村などを焼き尽くす強硬手段にでた好戦的な性格。
最後はジェイクらナヴィ側を追い詰めるも、ネイティリの矢にて胸を刺され死亡した。

パーカー・セルフリッジ(演:ジョヴァンニ・リビシ)

RDA社の社員で鉱物資源開発の責任者。
RDA社の上役、株主の顔色やマスコミからの評判ばかり伺っている小心者で、計画に関してクオリッチ大佐にまかせっきりになってしまった結果軍の暴走に繋がった。

トゥルーディ・チャコン(演:ミシェル・ロドリゲス)

元海兵隊員のヘリパイロット。
アバター計画の輸送を担当するため、ジェイクやグレイスと最も親しい軍人。
任務に実直であったが、強引な手段でナヴィ達を追い立て土地を奪うクオリッチ大佐のやり方に反発し、ジェイクたちに味方し共に戦う。
最後に命をかけクオリッチ大佐の乗る隊長機を攻撃するが、撃墜され戦死した。

ナヴィ

ネイティリ(演:ゾーイ・サルダナ)

オマティカヤ族の長の娘。
自身も強力な戦士で、とても勇敢。根は優しくナヴィとしての生き方に誇りを持っている。
最初はジェイクの横暴な考え方に敵意を表すが、母モアトの命で彼にナヴィの生き方を教えるうちに、ジェイクの心の強さやナヴィを心から愛す姿勢に惹かれ、愛し合うようになった。
父である長が地球側の攻撃によって殺された後、族を率いて果敢に敵に立ち向かった。
最後は、クオリッチ大佐の胸に矢を刺し、無事勝利した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ターミネーター2(T2、Terminator 2: Judgment Day)のネタバレ解説まとめ

大ヒットを記録したジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作「ターミネーター」の続編。核戦争後の西暦2029年、抵抗する人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、1994年の過去の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。前作で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーが、今度は少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

Read Article

タイタニック(Titanic)のネタバレ解説まとめ

ジェームズ・キャメロン監督・脚本、主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットによる1997年のアメリカ映画。1912年に起きたタイタニック号沈没事故を下地にして、船の中で出会った貧しい画家志望の青年と上流階級の娘の悲恋を描いている。1998年のアカデミー賞にて、11部門で受賞し、日本でも一年以上のロングラン上映し席巻した。

Read Article

ターミネーター(The Terminator)のネタバレ解説まとめ

1984年製作のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督の記念すべき出世作で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーも大スターへの突破口となった、SFバイオレンス映画の傑作。人間とサイボーグが対立する近未来の地球から、未来の革命リーダーの母となる人物を抹殺するため、過去のロサンゼルスに送り込まれた不死身のサイボーグ・ターミネーターと、それを阻止するため人間側が送り込んだ革命戦士が死闘を展開する。

Read Article

目次 - Contents