氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。
アニメは2012年4月から9月まで放送された。

第一話、初めてえるが奉太郎に好奇心旺盛さを見せたシーンは、アニメ版「氷菓」を象徴するシーンでもある。
えるは瞳をキラキラと宝石のように輝かせながら奉太郎に迫り、えるの髪の毛で奉太郎はかんじがらめにされてしまう。
まるで蜘蛛の巣に捕まってしまった蝶のようになり、えるから逃げられない奉太郎の運命が目に見えて分かる演出となっている。
勿論現実にえるの髪の毛が伸びているわけではなく、あくまで演出(奉太郎の妄想イメージ)である。
また、原作小説は行間を読む理解力がある程度必要であり、言葉だけだと少々分かりにくい部分もある。
アニメ版ではそう言った部分に分かり易い補足映像が付くことで、原作未読の視聴者がストーリーや設定を飲み込みやすくなっている。
しかし言い回しは原作と同じであるため、一度聞いただけでは理解できない難しい台詞などもある。

桁上がりの四名家

神山市内の旧名家、荒楠神社の「十文字家」、書肆「百日紅家」、豪農「千反田家」、山持ちの「万人橋家」の事を指す。
苗字の頭文字が「十、百、千、万」と上がるため「桁上がりの四名家」。
名づけたのは里志で、使っているのも里志のみ。

天才と凡人

本作では主人公・奉太郎が探偵役となり、物語が動いていく。
「クドリャフカの順番」では奉太郎たち「天才」と、天才に憧れる「凡人」が対比して描かれている。
奉太郎の天才的な推理力に憧れているのは、友人でありライバルの里志である。
推理小説が好きな里志は、本当は奉太郎のような探偵役に憧れているが、自分はそうはなれないのだと知り、あくまで自分を結論を出さないデータベースと言うようになった。
しかしクドリャフカの順番では、文化祭で起こった十文字事件に興味を持ち、奉太郎より先に自分が解決すると意気込む。
結論から言うと結局里志は奉太郎に勝てず、里志の行動は全て空まわりするのに対し、奉太郎は簡単に真相に辿り着いてしまう。
摩耶花にとっての憧れの相手は、「夕べには骸に」という同人誌を製作した人であった。
摩耶花は部活で部員達と衝突しており、名作とは何かという議論の末に先輩の「河内 亜也子」に「夕べには骸に」の話をする。
しかし河内は「夕べには骸に」の原作担当の「安城春菜」と知り合いで、河内もまた安城に憧れと劣等感を抱いていた。
「夕べには骸に」は原作を安城春菜、作画を現生徒会長の「陸山 宗芳」、背景とあとがきを総務委員会委員長の「田名辺 治朗」が手がけていた。
特に安城のストーリー製作能力と、陸山の作画能力は天才的で、田名部は陸山に憧れていたが、陸山はあくまで漫画は遊びとし、それ以降漫画は描かなかった。
里志の追っていた十文字事件は、「夕べには骸に」が大きく関係しており、田名部が陸山に対して当て付けで起こした事件であった。
陸山は閉会式で田名辺に「お疲れ」と声をかけるが、これは全てを知っていて言った言葉だったのだろうか、知らないで言った言葉だったのだろうか。
田名辺は、微笑みかける陸山に苦い顔をした。
摩耶花は言い争いになった河内が、自分が「夕べには骸に」より一枚劣ると評価した「ボディートーク」の作者だったことを知る。
摩耶花はボディートークと自分の漫画の出来を比べて落ち込んでもいて、そのボディートークの作者の河内もまた同じ気持ちを安城に感じていたのだと知り、自分の及ばなさに涙する。
えるが欲していたものを持っていたのは、女帝と愛称のついた「入須 冬実」であった。
入須は高い人心掌握能力を持っており、えるは自分も人と交渉する能力を得たいと思っていた。
しかし純粋なえるにとって相手の裏をかいたり、心を読む事は難しく、えるもまた挫折してしまう。
里志と奉太郎、摩耶花と「夕べには骸に」の関係者、河内と安城、田名部と陸山、えると入須、の対比で描かれた。

手作りチョコレート事件

摩耶花は一年前のバレンタインの日、里志に手作りチョコをあげたが、カカオ豆から作らなければ手作りチョコとはいえないと拒否されてしまう。
そんな態度を取られても里志の事が好きだった摩耶花は、今年のバレンタインにも手作りチョコでリベンジをしようとしていた。
えるは摩耶花がチョコを作ろうとしているのを知って摩耶花を応援し、2人でラッピング用品などを買いに行った。
奉太郎と里志は一緒に帰る途中、ゲームセンターに寄って対戦ゲームをしていた。
中学時代の里志は勝負に感情的になり、負けると本気で悔しがり、負け惜しみを言うなどしていた。
しかし現在の里志は負けても悔しくないという態度を取るようになり、奉太郎は里志の振る舞いに変化を感じていた。

バレンタイン当日、登校中に奉太郎とえるが出会う。
えるはバレンタインの話を切り出し、自分の家では本当に身近な人にはお中元やお歳暮などを贈らない事になっていると奉太郎に話した。
つまり、奉太郎にはあげないということである。
摩耶花は漫画研究部の都合で古典部の部室に来られなくなり、古典部の部室に里志へのチョコを置いて行った。
しかしそのチョコはえるが少し目を離した間に消えてしまう。
奉太郎の元に、血相を変えたえると里志が来て事情を話す。
自分の責任で摩耶花の気持ちが込められた大事なチョコが盗まれてしまったと、えるはとても責任を感じていた。
一方、えると一緒に来た里志は何か気まずそうな顔をしていた。
奉太郎たちは摩耶花のチョコを捜索するが見つからず、そこへ部活を終えた摩耶花がタイミング悪く部室へ来てしまう。
えるは摩耶花にチョコが消えてしまったことを話し謝った。
事情を察した摩耶花は悲しそうに微笑んで立ち去っていく。
えるはチョコを探さなければ自分が許せないと激昂し涙するが、奉太郎は天文部の中山が犯人であるとえるを説得し、自分が取り返すと言ってえるを帰らせた。
しかしこの推理はそれっぽく言いくるめた嘘であった。

奉太郎は帰り道、里志にいつも持っている巾着袋を見せろという。
里志が巾着を奉太郎に渡すと、奉太郎は巾着を里志に再び渡し「伊原のチョコをお前に渡す」と言った。
摩耶花のチョコを盗んだ犯人とは、里志の事だったのである。
里志は日頃から自分は第一人者にはなれない、データベースは結論を出せない、と自分を一歩引いた位置から語る事がある。
それは何かに執着する事で負けた時に劣等感を煽られる事に気づき、執着しない事で負けても悔しくないという位置に立ったのである。
奉太郎は気づいていないが、里志の劣等感を煽ったのは天才的な推理力を持った奉太郎であった。
里志は「何にも執着しない事」をモットーにするようになり、そう決めた日から毎日は気軽で楽しいものであった。
しかし、このモットーは摩耶花に対してだけは当てはまらなかった。
里志も摩耶花の事が好きであったが、好きということは執着するということである。
摩耶花への気持ちを認めてしまうことで昔の自分に戻るのを恐れ、摩耶花の気持ちを知りながらはぐらかし続けている。
摩耶花も里志のその気持ちを理解しており、二人にとって今年のバレンタインは里志の心の準備が整ったかどうかの確認でもあった。
結果、里志は「保留」の結論を出し、チョコを盗んで摩耶花から里志へのチョコのやり取り自体を消し去った。
摩耶花もチョコが盗まれたことでその事を察した。
あくまで里志と摩耶花の間では無言で成立したやりとりであったが、ここに予想外の人物が現れた。それが千反田えるであった。
事情を知らない第三者のえるが介入したことで、摩耶花のチョコを里志は受け取ったのか、里志はなんと答えたのか、一部始終をえるが見守ってしまう。
里志はえるにチョコを受け取ったが結論は出さないという事を知られたくなく、えるの居ない一瞬の隙を狙ってチョコを盗んだのである。
そしていつも持ち歩いている巾着にチョコを隠した。
しかし摩耶花のチョコは巾着に入らないサイズであり、里志はチョコを砕いて巾着に入れた。
えるはチョコを砕いて隠すという事自体思いつかなかったのか、里志を疑う事は無かった。
奉太郎は里志に、チョコを砕く時に躊躇いは無かったのかと聞くが、里志は何も答えなかった。
奉太郎はこの件に関して、里志に対し怒りを感じていた。
摩耶花の気持ちのこともあるが、里志の身勝手に巻き込まれる形になったえるを傷つけた事に特に腹を立てていた。
奉太郎は里志の表情などから最初から里志が犯人であると目星をつけていたが、友人である里志を思ってか、傷つきやすいえるを思ってか、えるの前で犯人を暴く事はしなかった。
一方、えるは摩耶花と一緒に帰宅した。
道中で摩耶花は犯人は里志であったこと、奉太郎は里志を庇って嘘をついた事をえるに打ち明けた。
摩耶花はチョコを盗まれても結論を先延ばしにされても、それでも里志が好きであるとえるに話した。
奉太郎は帰宅後、えるに電話でチョコは里志に渡したことを告げ、えるはそれを追求せずに納得した。
そして奉太郎は、姉・供恵から貰ったチョコを口にし、「苦い」と呟いた。

ちなみに、摩耶花と里志はその後電話で話し合い、春休み頃から交際を始める。

奉太郎とえる

省エネをモットーとする奉太郎は、えるに出会ってからというもの、日々好奇心旺盛なえるに振り回されている。
奉太郎がえるを意識する場面は何度かあり、えるもまた奉太郎を意識する場面が何度かある。
しかし具体的な恋愛エピソードは少なく、物語の中でたまに垣間見える程度に描かれている。
「遠まわりする雛」では、雛役で十二単を着たえるに奉太郎は心をざわつかせる。
何にも執着しないとした里志が、そのモットーが当てはまらない摩耶花に対しての対処に困ったように、省エネをモットーとする奉太郎にも同じ気持ちが沸いてしまう。
えるへの好意を認識するということは、奉太郎がえるに対して省エネになれなくなるという事でもある。
えるは千反田家の娘として貢献できるよう理系の道を進むと奉太郎に話し、奉太郎はえるの将来に自分が介入するある意味プロポーズにも似た言葉を発する妄想をするが、言えずに終わった。
一方えるはバレンタインの時、摩耶花に好きな人は居ないのかと聞かれて赤面したり、本当に近しい人には贈り物はしないと言って奉太郎にバレンタインチョコをあげなかった。
そんな2人のもどかしい距離感が描かれる。

『氷菓』の裏話・トリビア・小ネタ

オマージュ要素

えるはウィスキーボンボンを食べてしまい、酔って笑い上戸になる。

古典部のメンバーをシャーロックホームズのキャラクターに例えているなど、本作はミステリー作品のオマージュ要素が散りばめられている。
愚者のエンドロールで、えるが食べたウィスキーボンボンの数が7個であるが、これは『毒入りチョコレート事件』(著:アントニー・バークリー)で被害者が食べた数と同一。
また、バレンタインのエピソード「手作りチョコレート事件」も「毒入りチョコレート事件」に準えている。
作中で語られる、奉太郎が読んだという「黄色い背表紙の文庫」は、ミステリー小説を扱う「創元推理文庫」の事を指している。
十文字事件ではアガサ・クリスティの『ABC殺人事件』の法則性を採用している。
作中に出てくる秘密倶楽部「女郎蜘蛛の会」は、『絡新婦の理』(著:京極夏彦)と『黒後家蜘蛛の会』(著:アイザック・アシモフ)が元になっている。
小説の英題も推理小説のタイトルなどからのオマージュとなっている。

英題

愚者のエンドロールで脚本を書いた本郷の親友「江波 倉子(えば さくらこ)」。

原作小説は「氷菓」「愚者のエンドロール」をスニーカー文庫の「スニーカー・ミステリ倶楽部」レーベルから発行。
その後レーベルが無くなり、「クドリャフカの順番」からは角川へ移籍した。
スニーカー・ミステリ倶楽部では日本語のタイトルとは別に英題がつけられることになっており、角川に移籍後も英題がつけられている。
その際「氷菓」の英題は何度か変更されている。

『氷菓』 →「HYOUKA」→「You can't escape」(あなたは逃れられない)→「The niece of time」(時の姪)

『愚者のエンドロール』→「Why didn't she ask EBA?」(なぜ、江波に頼まなかったのか?)
アガサ・クリスティの推理小説『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』(Why Didn't They Ask Evans?)が元ネタ。

『クドリャフカの順番』→「Welcome to KANYA FESTA!」(カンヤ祭へようこそ!)
クドリャフカとは、ソ連の宇宙飛行した犬「ライカ」の別名。

『遠まわりする雛』 →「Little birds can remember」(雛は忘れない)
アガサ・クリスティの推理小説『象は忘れない』(Elephants Can Remember)が元ネタ。

『ふたりの距離の概算』→「It walks by past」(過去歩く)
ジョン・ディクスン・カーの推理小説『夜歩く』(It Walks by Night)が元ネタ。

岐阜県高山市とのコラボ

本作は「中部地方にあると推定される緑豊かな地方都市」とされる「神山市」が舞台である。
アニメ版のロケハンは作者の故郷である岐阜県高山市で行われ、ファンによる聖地巡礼での来訪者は年間15万人と想定し、経済効果は21億円と算出された。
2012年には岐阜県高山市の商店街や企業と協力し、「神山高校文化祭」というファンイベント(非公式)が開催された。
他にも岐阜県高山市の神社で行われる「第62回飛騨生きびな祭り」とコラボし、「氷菓×生きびな祭り」を開催。
岐阜県赤十字血液センターとのコラボで、献血をするとグッズが貰える企画など、様々なコラボが実現した。
2013年にはアニメで使われた場所を案内する高山市公式ガイドマップが配布された。

装丁

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

氷菓の名言・名セリフまとめ

「氷菓」は、2001年に刊行された米澤穂信による推理小説。 何事にも消極的な「省エネ主義」を信条とする「折木奉太郎」は、姉の勧めで入部した古典部にて好奇心旺盛な少女「千反田える」と出会う。千反田の好奇心を発端として、折木は古典部のメンバーと共に日常の中の様々な謎に巻き込まれるミステリー。人の在り方、人の心理に関して触れることが多く、数々の心に残る名言を残している。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に高校生になった彼たちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿など更なる成長がリアルに描かれた。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents