恋愛ラボ(LOVE LAB)のネタバレ解説・考察まとめ

「恋愛ラボ(らぶらぼ)」とは、宮原るりによる四コマ漫画及び、2013年に動画工房により制作されたアニメーション作品。恋愛禁止のお嬢様学校に通う中学生の主人公「倉橋莉子」と、もう一人の主人公で生徒会長の「真木夏緒」、そして生徒会メンバー「棚橋鈴音」「榎本結子」「水嶋沙依理」が、生徒会の仕事の裏で恋愛研究をする日常ギャグコメディ。途中から男キャラ達が登場し恋愛要素も加わっていく。

南中生徒会会長。3年生。アニメ未登場。
通称ハル。
優しくてヘタレな性格で人望はかなりあるが、あまり仕事は得意では無い。
空気を読んだり相手の気分を害さないようにする事等を大事にし、生徒会長である事を鼻にかけないため生徒からは人気がある。
そのためヤンからは無能な人格者だと思われている。
また恥ずかしい台詞を恥ずかしげも無く言ったり、ちょっとズレた発言をするなど、少々天然な所もある。
周り(特にヤン)と比べて自分は事務処理能力が低いと悩んでいる。
エノにその話をすると、自分と似た境遇を感じたエノに怒られ、無茶をしてしまう優秀な後輩を支えるのが自分の役割なのだと気づいた。
エノもまたマキという優秀な後輩を持つ元生徒会長なのであった。

バスの中でエノと出会ったことで、エノたち(特にリコやサヨ)からはウンコ王子と呼ばれている(本人は勿論知らない)。
エノがハルの名前を知った後は「戸田くん」と呼ばれる。
エノはハルを運命の王子様だと思っており、ハルもエノに対して良いイメージを持っている。

新聞同好会

記事担当の3年生、南桃香(みなみ ももか)と、写真担当の2年生市川 奈々(いちかわなな)が在籍している。
もともとは新聞部であったが、進入部員が居なかったため同好会に格下げした。
生徒会を付け狙いスクープ写真を撮ろうとし、何かあると目敏く現れ、生徒会の話をこっそり聞いたり窓の外から激写したりしている。
裏新聞を制作している。
その後、リコの友人である園部陽菜子(そのべ ひなこ)が加わり、三人で行動するようになった。

南 桃香(みなみ ももか)

CV:秋奈

新聞同好会の三年生。
通称モモ。
いつもニコニコしていて腹黒い。
新聞同好会は楽しくやれればいいと思っている。
記事を担当しており、裏新聞では小説風に恋愛研究の成果を発表している。
サヨとは公立の小学校の同級生だった。

市川 奈々(いちかわ なな)

CV:日高里菜

新聞同好会の2年生。
通称ナナ。
褐色の肌で(アニメでは肌色)短髪でボーイッシュな印象であるが、運動はスズと同じくらい苦手。
木やフェンスの上に上ると降りて来られなくなる。
新聞同好会を部に昇格したいと考えており、モモの事を尊敬している。
声が大きく大声で新聞同好会の魂胆を喋ってしまうなど迂闊さが目立ち、モモに注意される。
人物の写真を撮るのが上手く、スズから写真を褒められている。
サヨの事を目の敵にしていたが、サヨは全く覚えて居ない(実際は生徒会会計として真っ当な意見をちょっとキツく言っただけであった)。
サヨが彼氏と居る所を写真に取り、それが教師にバレ問題になる。
本人も大問題にするつもりは無かったようで、罪悪感で大泣きした。

桐山 美花(きりやま みか)

CV:諏訪彩花

2年生。リコの入学前からの友人。
通称ミカ。
リコと同様お嬢様学校には少ないサバサバしたタイプで、最初はモブとして登場していた。
リコがモテ無い事も知っており、ミカとリコの会話内容からマキが真実を知ってしまうのであった。
何に対しても長続きしない性格であったが、藤女は部活に入らなければいけなかったため楽そうな新聞部に入る。
同好会になった後抜けるが、後にモモとナナと行動するようになっていく。

その他

倉橋 蓮太郎(くらはし れんたろう)

CV:寺崎裕香

小学6年生。リコの弟。
通称レン。
リコとは逆にモテモテであるが、理想はマキのようなタイプであり同世代の女の子にはあまり興味が無い。
家にリコの藤女の友人が遊びに来ると聞きリコと同じようなタイプが来るに違いないと思い嫌がるが、マキに一目惚れする。
サヨにはデカい、スズには小さい、エノには眉毛が太いという感想を持った。
眉毛が太いと言った事でエノに絡まれるが、似合っているんだから良い事だと言い、レンの天然タラシ要素が垣間見える。
スズに対しては年上でありながら「チビ」「チビ助」と言い、男の子が苦手(しかも初対面)なスズはパニックになる。
やっと言い返した言葉が、コンビニでもれなくあたるクジでもれてしまえという物で、その数分後コンビニに行ったレンは本当にもれた。
律儀にもスズにその事を「もれたぞ」と報告し、別の意味に勘違いされる。
その間にスズはサヨから鉄板の悪口を教わっていており、スズを苛めてくるレンに対して「この21年後ハゲ!」と言った。
レンはスズが何か言い出す素振りを感じると、言い出すまで待ってあげていた。
レンにとってあくまで本命はマキであるが、エピソードはスズとのエピソードが多く、レンも何かとスズを気にかけている。
マキの前では背伸びしてから回るが、スズからはいつものままの方が良いのに…と思われている。
ちなみにマキからは「リコの弟」と見られ、男としてカウントされていない。

スズの言った悪口は予言のように当たった。

山崎 佑(やまざき ゆう)

CV:村瀬歩

サヨの彼氏。中学三年生。
通称ユウ。
サヨと付き合って半年も経つがデートもせず、半年間ずっと放置されていた。
メールでの連絡はしているが基本的にサヨからの返事はなく、何かと不憫な扱いをされている。
それでもサヨの事が好きな超ポジティブな性格をしている。

サヨとは、サヨが公立小学校へ転校した際に出会った。
掃除中他の生徒とふざけて雑巾掛けレースをしていた時に、誤って通りかかったサヨのスカートの中に頭を突っ込んでしまう。
普段はクールで表情もあまりないサヨがその時は赤面し、その顔を見てしまい、それがきっかけでサヨの事が好きになっていく。
学校で物が破壊される事件があった時には、ユウが犯人だと勘違いされ孤立するが、サヨだけは態度を変えなかった。
小学校卒業の際にした告白では振られるも、中学になってからも告白をして付き合うことになった。
サヨの良い所をちゃんと知っている人物である。
前半は顔の描写が無く、原作9巻から描かれる様になった。

名シーン・名場面集

寝ても覚めてもランジェリー

寝ても覚めてもランジェリー Full

ようつべ転載

マキの父「真木正信」は、ランジェリー会社「トゥルーツリー社」を一代で築いた社長。
エノの叔父が関わったテレビのドキュメント番組に出演し、「私の体はランジェリーでできている」と語る。
そして自作の歌「寝ても覚めてもランジェリー」を歌い出した。
これは真木家の黒歴史になった。
「トゥルーツリー」とは「真木」と言う意味であり、少女用の下着のブランド「サマーリボン」は「夏緒」の意味がある。
丁度マキの成長に合わせて立ち上げたブランド名であった。
さらに水着ブランドとして「サマーカイト」もあり、これはマキの姉の「夏帆」から取っている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うちのメイドがウザすぎる!(ウザメイド)のネタバレ解説・考察まとめ

『うちのメイドがウザすぎる!』とは中村カンコによる漫画作品。2018年10月にはアニメ化された。 2016年に『ピュア百合アンソロジー ひらり、』で『つばくま!』というタイトルで連載が始まったが、雑誌の休刊によって『月刊アクション』に移籍し、現在のタイトルに改名された。 母親を亡くしたロシア人小学生・高梨ミーシャと、彼女の家にやって来た家政婦・鴨居つばめの日常を描いており、ストーキングなどつばめの奇行に辟易しながらも、母親の死を乗り越えて明るい性格になるミーシャの成長が見どころである。

Read Article

ガヴリールドロップアウト(ガヴドロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガヴリールドロップアウト(Gabriel DropOut)』は、うかみによる漫画作品。『コミック電撃だいおうじ』にて連載中。2017年7月現在でコミック単行本は4巻まで発売されている。そして2017年1月から3月には、これを原作としたアニメ作品が全12話にわたり放送された。修行のために下界(=人間の住む世界)に下り立った天使と悪魔の少女たちの、明るく、コミカルで賑やかな日常を描いている。

Read Article

僕らはみんな河合荘(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕らはみんな河合荘』は宮原るりによるキングアワードで連載中の漫画、及び漫画を原作にしたブレイン・ベース製作のアニメである。下ネタ成分多めの日常ラブコメ作品。高校生になって1人暮らしをすることになった主人公・宇佐和成は、親の決めた下宿先「河合荘」へ住む事になる。河合荘には憧れの先輩・河合律を含め、個性豊か過ぎる変人達が住んでいたのだった。

Read Article

NEW GAME!(ニューゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『NEW GAME!(ニューゲーム)』とは『まんがタイムきららキャラット』にて2013年から連載されている得能正太郎の4コマ漫画。2016・2017年にテレビアニメ化された。 高校卒業後にゲーム会社に就職した主人公の涼風青葉。女性ばかりの和気あいあいとしたチームの中で、憧れのキャラクターデザイナーとなるべく仕事をこなしていく。

Read Article

月刊少女野崎くん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月刊少女野崎くん』とは橘いづみによるラブコメ4コマ漫画作品及び、それを原作としたアニメ作品である。少女漫画家の野崎梅太郎とアシスタントの佐倉千代を中心に繰り広げられる勘違いコメディ作品である。高校生活と漫画執筆という離れた2つのジャンルをうまくミックスされた独自の世界観が魅力である。物語は佐倉千代が野崎梅太郎に愛の告白をするシーンから始まるが、気がついたら野崎梅太郎の漫画のアシスタントになってしまう。各キャラのボケとツッコミの入れ替わりが激しいテンポの速さが視聴者を引き込む作品である。

Read Article

みなみけ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

桜場コハル原作の短編漫画作品。「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて2004年14号より連載中で既刊15巻まで発売中。4期に渡りアニメ化されドラマCDなどマルチにメディア展開されている。高校生の長女春香、中学生の次女夏奈、小学生の三女千秋の南家3姉妹の平凡な日常が描かれ、クラスメイトなど個性豊かなキャラのささいでやっかいなやりとりを面白おかしく描いた作品である。

Read Article

刀剣乱舞-花丸-(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『刀剣乱舞-花丸-』とは、PC及びスマホ向けゲームとして配信されている『刀剣乱舞』をもとに製作されたアニメ作品である。2016年10月より全12話が放送された。2018年1月からは、第2期となる続編の放送が予定されている。その際には、1期では登場しなかった刀剣男士の登場も予想される。 刀剣男子達と歴史の改変を企む敵との戦いや、刀剣男子達の日常を描く。

Read Article

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス(マジェプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』とは、2013年にTOKYO MX等で放送された動画工房及びオレンジ制作のロボットアニメ。舞台は地球暦2110年人類が宇宙進出を果たした世界。地球は謎の勢力「ウルガル」による攻撃を受け滅亡の危機を迎えていた。「チームラビッツ」に所属するイズル、アサギ、ケイ、タマキ、スルガの5人は「アッシュ」のパイロットとなり対ウルガルの切り札として戦いに巻き込まれていく。

Read Article

恋する小惑星(恋アス)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋する小惑星』とはQuroによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 高校に入学した主人公である木ノ幡みらは幼い頃にした将来小惑星を見つけて名前をつけるという約束を叶えるために、地学部に入部する。そこで幼い頃の約束の相手である真中あおと再会する。そこから他の地学部のメンバーと一緒に地質分野を学んだり、バーベキューをしたり、合宿に行ったり、ワークショップに参加したり、新しい後輩を歓迎したりと様々な活動をして成長していく物語である。

Read Article

多田くんは恋をしない(第2話『まぁ、間違っちゃいない』)のあらすじと感想・考察まとめ

クラス委員長の長谷川の案内で、テレサとアレクは部活動見学で校内を回る。多田たちの写真部に興味を持ったテレサは、しぶるアレクを誘って体験入部をする。彼女たちの勧誘のために、写真部伝統のゲームをすることになった。アレクとテレサは敵味方に分かれて、校内を走り回る。 今回は「多田くんは恋をしない」第2話『まぁ、間違っちゃいない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第5話『大丈夫だ。いないから』)のネタバレと感想・考察まとめ

毎年梅雨明けのころ、伊集院は趣向をこらしたお楽しみ会を開く。「伊集院薫ショー」と名付けられた催しも、今年で十回目。写真部員を招き、ゆいを交えて、伊集院は手料理をふるまい、銭湯を貸し切った。誰よりも伊集院が、ショーを楽しんでいるように見えた。 今回は「多田くんは恋をしない」第5話『大丈夫だ。いないから』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第8話『雨女だったっけ?』)のネタバレと感想・考察まとめ

多田たち写真部は、富士山麓に撮影合宿に出かける。ドライバーとしてシャルルも同行し、小旅行を楽しむ。しかし、「星」をテーマにした撮影なのに、あいにくの曇天だった。気象予報を信じて晴れ間を待とうと、写真部一行は撮影スポットの湖畔に向かう。 今回は「多田くんは恋をしない」第8話『雨女だったっけ?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第3話『それ、好きだなあ』)のあらすじと感想・考察まとめ

多田家の飼い猫ニャンコビッグは、ハードボイルドな雄猫である。十年前に拾われた恩義を感じて、多田の成長を見守ってきた。今では一人で珈琲店を切り盛りできるまでになった多田は、ニャンコビッグには自慢の飼い主だ。残念なのは、食べあきたキャットフードをニャンコビッグの好物だと思っていることだ。 今回は「多田くんは恋をしない」第3話『それ、好きだなあ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第6話『雨男、じゃないぞ』)のネタバレと感想・考察まとめ

フランスからテレサの幼なじみ・シャルルが来日した。シャルルは写真部員ともすぐに親しくなり、ニャンコビッグまで虜にする、天から全てを与えられたような青年だった。 写真部員たちは伊集院のツテで出席したパーティー会場で、シャルルやテレサ、アレクと顔を合わせる。 今回は「多田くんは恋をしない」第6話『雨男、じゃないぞ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『多田くんは恋をしない』とは、動画工房制作のオリジナルアニメである。 カメラマン志望の多田光良は、高校二年になる春、ラルセンブルクから日本にやってきた留学生のテレサと知り合う。テレサは、多田の隣人であり、クラスメートとなった。写真を通じて、多田とテレサの距離は縮められていく。しかし、テレサには、日本でできた友達にも言えない秘密があった。

Read Article

多田くんは恋をしない(第1話『ほっとけないだろ』)のあらすじと感想・考察まとめ

カメラマン志望の高校生・多田光良は、満開の桜の下で異国の少女と出会う。浮世離れをした少女と多田は、別れても行く先々で顔を合わせる。雨宿りをする彼女を見つけた多田は、見過ごせずに自宅に連れていく。少女はテレサ・ワーグナーと名乗った。ヨーロッパの小国・ラルセンブルクから、日本に来たばかりだという。 今回は「多田くんは恋をしない」第1話『ほっとけないだろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第4話『見なかったことにしよう……』)のあらすじと感想・考察まとめ

HINAの写真集お渡し会の抽選会に当選して、ピン先輩は大喜び。しかし、女性を前にすると、強気で多弁なピン先輩は形無しなのだ。緊張せずにHINAと話せるように、ピン先輩は長谷川を相手に練習をする。 日が変わって、体育の授業中、自分と接触して怪我した長谷川を、アレクは思いがけない言葉で気遣った。 今回は「多田くんは恋をしない」第4話『見なかったことにしよう……』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第7話『泣かれるよりはいいだろ』)のネタバレと感想・考察まとめ

夜歩きが続いていたニャンコビッグが、朝になっても家に帰ってこなかった。心配するゆいのニャンコビッグ捜索に、多田たちも協力する。テレサを通じて話を聞いたシャルルも手を貸してくれた。ゆいは、片想いの相手である山下と組んで探し回る。 今回は「多田くんは恋をしない」第7話『泣かれるよりはいいだろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW GAME!(ニューゲーム)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NEW GAME!』とは得能正太郎の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ、ゲームなどのメディアミックス作品。 物語りは主人公の涼風青葉が高校を卒業後、小学校の頃から好きだったテレビゲーム『フェアリーズストーリー』シリーズを制作している「イーグルジャンプ」に入社する所から始まる。 憧れの会社に入社を果たした青葉はゲームを作っていく過程で様々な現実に直面するが、持ち前の明るさで仲間達と共に乗り越えて行く。 そんな青葉と仲間達からは苦楽を共にした故の、数多くの名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents