ゆず(北川悠仁、岩沢厚治)の徹底解説まとめ

日本を代表するフォーク・デュオ。神奈川県横浜市での路上ライブ出身の音楽アーティスト。1stシングルの「夏色」が大ヒットになり、その後も数多くのヒット曲を世の中に送り出してきた。アコギをメインとした音楽性はその後のJ-POPにも大きく影響を与えた。活動経歴、メンバー紹介、ディスコグラフィー、代表曲など、ゆずの魅力を徹底解説。

”冬の風は冷たく足をすくうけれど 光なんてましてや見えない道だけれど
二人分それでも少しも重くないさ いつでも逢える通い所へいっちゃった君へ”

亡くしてしまった大切な人への歌詞。
この楽曲は実際に「友人の死」を歌っている。
大切な人を亡くしても変わらない日常の中、少しでもその人のことを思って前向きになれる、そんな歌詞だ。

みぞれ雪

出典: images-na.ssl-images-amazon.com

”駅のホームで別れを惜しむ恋人達が ほんの少し羨ましかったりして…”

”今宵は照れる気持ちを押さえ いつもよりちょっとオシャレをしたら 君を誘いに行くよ”

倦怠期を迎えている恋人同士が題材になっている。
昔は自分たちもあぁだったのに…と懐かしむ気持ちがリアルに表現されたフレーズ。
長年連れ添った夫婦のような、たまには昔に戻ろうよという気持ちがこもっている。

白髪

出典: pic.pimg.tw

シングル「慈愛への旅路」のB面トラック3に収録されている「白髪」

”白髪が増えて年老いても 君とこうして笑い合えればいい”

不安や辛い毎日が続いても、こんな風にそばにいてくれる人の思いに気付くことができる。
恋愛というよりは、愛を感じる歌。

青春に関する歌詞

夏色

出典: images-na.ssl-images-amazon.com

青春といえばこの曲。

”この長い長い下り坂を 君を自転車の後ろに乗せて ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく”

ほとんどの人が口ずさめるこのフレーズ、恋人というよりも友達同士、親友同士の夏休みの思い出のような曲。
タイトル通り夏を連想させ、青春時代の夏の思い出が蘇るような曲だ。

少年

出典: blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

アルバム「ゆず一家」に収録された曲で、人気が高いこともありシングル化された。

”つまずく事もたくさんあるだろう だけどただでは起きない心に決めてる
強くなんてなりたくない 自分らしく温かく生きていこう”

タイトルのとおり、少年と呼ばれる時代の不安な心境や上手くいかない葛藤を明るく笑い飛ばすような歌。
なんとなく勇気の出る歌だ。

心の友よ

出典: img.hmv.co.jp

シングル「超特急/陽はまた昇る」のB面としてトラック03に収録された「心の友よ」。

”たとえば誰かに些細なことで 信じる気持ちを奪われたとしても
遠くにいたって 離れていたって 同じ空の下にはいつも”

どんな時もそばにいる、いつも一緒にいるといった内容の歌詞。
生きてればどんなこともあるが、いつもあなたの幸せを祈っていると伝えてくれる曲。

友達の唄

出典: rr.img.naver.jp

”毎日毎日くだらない事をやっては いつでもどこでもはしゃいでいた”

友達とはこういうものだ、というのが伝わる歌。
ライブでもファンが会場で歌うことでも有名な歌。
聞けば「こういう青春が自分にもあったな」と思える曲。

自分を見つめ直すことに関する歌詞

なにもない

出典: images-na.ssl-images-amazon.com

メジャーデビューをしたミニアルバム「ゆずマン」のトラック04として収録された「なにもない」

”あぁ聞こえない 何も分からない 届かない 悲しくても涙しか出ない それでいい それだけでいいよ”

いろんな現実に追い詰められて疲れた時、なんだかそれでもいいのかなと思える歌。
言葉の一つ一つが、磨り減った心を補ってくれるような、ほんの少しの言葉で心を軽くしてくれるような気になる曲。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents