ゆず(北川悠仁、岩沢厚治)の徹底解説まとめ

Hq4pgwx

日本を代表するフォーク・デュオ。神奈川県横浜市での路上ライブ出身の音楽アーティスト。1stシングルの「夏色」が大ヒットになり、その後も数多くのヒット曲を世の中に送り出してきた。アコギをメインとした音楽性はその後のJ-POPにも大きく影響を与えた。活動経歴、メンバー紹介、ディスコグラフィー、代表曲など、ゆずの魅力を徹底解説。

1. REASON (作:北川悠仁、岩沢厚治、前山田健一)
2. LAND (作:北川悠仁)
3. イロトリドリ (作詞:北川悠仁、作曲:北川悠仁・JIN)
4. 砂漠のメリーゴーランド (作:北川悠仁)
5. with you (作:北川悠仁)
6. ゼラニウム (作:北川悠仁)
7. Interlude "OHANASHI" (脚本:北川亜門)
8. LOVE & PEACH (作:北川悠仁)
9. 流れ星キラリ【ゆずバージョン】(作詞:北川悠仁・岩沢厚治、作曲:北川悠仁)
10. また明日 (作:岩沢厚治)
11. 翔 (作:北川悠仁)
12. 灯影 (作:岩沢厚治)
13. ムーンライトパレード (作:北川悠仁)
隠しトラック:DOT PIERROT (作:北川悠仁)

東日本大震災発生後初のアルバムで、震災を意識したレクイエムなど様々な意味をもつ曲が収録されている。
「流れ星キラリ」はアニメの声優陣に提供した楽曲をセルフカバーしており、歌詞も少し追加されている。

YUZU YOU

News xlarge yuzu you jacket normal

1. 虹 (作:北川悠仁)
2. 桜会 (作:北川悠仁)
3. 逢いたい (作:北川悠仁)
4. シシカバブー (作:ゆず)
5. Yesterday and Tomorrow (作詞:北川悠仁、作曲:北川悠仁・蔦谷好位置)
6. いちご (作:北川悠仁)
7. 明日天気になぁれ (作:北川悠仁)
8. ストーリー (作:北川悠仁)
9. from (作:岩沢厚治)
10. 慈愛への旅路 (作:北川悠仁)
11. 超特急 (作:岩沢厚治)
12. 春風 (作:岩沢厚治)
13. 陽はまた昇る (作:北川悠仁)
14. Hey和 (作:北川悠仁)
15. 栄光の架橋 (作:北川悠仁)
16. T.W.L [Y.Z ver.] (作:北川悠仁)

デビュー15周年を記念して作成されたベストアルバム。
オリコン週間アルバムチャートで1位を獲得し、ゆず初めてのオリコンチャート2週連続1位を獲得した作品。
収録された「栄光の架橋」は中国国立交響楽団を迎え、ライブで歌われる歌詞で新しく録音された。
「春風」は路上ライブ時代から存在していた曲で、ファンの間では幻の曲として知られており、2007年に初めてCDシングルリリースされた曲。
「T.W.L」は関ジャニ∞に提供した曲をセルフカバーしたもの。タイトルのT.W.Lは「towel(タオル)」を意味している。

YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ 1997-2017

C9mnydtv0aatjs7

<Disc 1 〜イ〜>
1. 夏色 (作:北川悠仁)
2. 栄光の架橋 (作:北川悠仁)
3. 雨のち晴レルヤ (作:北川悠仁)
4. 虹 (作:北川悠仁)
5. 飛べない鳥 (作:岩沢厚治)
6. いつか (作:北川悠仁)
7. 表裏一体 (作:北川悠仁・岩沢厚治・前山田健一)
8. からっぽ (作:岩沢厚治)
9. アゲイン2 (作:北川悠仁)
10. 桜木町 (作:北川悠仁)
11. イロトリドリ (作詞:北川悠仁、作曲:北川悠仁、JIN)
12. 少年 (作:北川悠仁)
13. スマイル (作:北川悠仁)
14. 嗚呼、青春の日々(作:北川悠仁)
15. 逢いたい (作:北川悠仁)
16. 見上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜(作詞:永六輔、加詞:ゆず、作曲:いずみたく、加曲:ゆず)
17. イロトリドリ【ゆず×いきものがかり】 (作詞:北川悠仁、作曲:北川悠仁・JIN)

<Disc 2 〜ロ〜>
1. サヨナラバス (作:北川悠仁)
2. 贈る詩 (作:北川悠仁)
3. LOVE & PEACH (作:北川悠仁)
4. 恋の歌謡日 (作:北川悠仁)
5. OLA!! (作:北川悠仁)
6. ヒカレ (作詞:北川悠仁、作曲:北川悠仁・JIN)
7. 桜会 (作:北川悠仁)
8. 春風 (作:岩沢厚治)
9. 青 (作:北川悠仁)
10. 雨と泪 (作:北川悠仁)
11.Yesterday and Tomorrow (作詞:北川悠仁、作曲:北川悠仁・蔦谷好位置)
12. 翔 (作:北川悠仁)
13. 月曜日の週末 (作:北川悠仁)
14. 3カウント (作:岩沢厚治)
15. よろこびのうた (作:岩沢厚治)
16. 友達の唄 (作:北川悠仁)
17. サヨナラバス【ゆず×back number】(作:北川悠仁)

<Disc 3 〜ハ〜>
1. with you (作:北川悠仁)
2. 終わらない歌 (作:岩沢厚治)
3. いちご (作:北川悠仁)
4. 友 〜旅立ちの時〜 (作:岩沢厚治)
5. REASON (作:北川悠仁、岩沢厚治、前山田健一)
6. 超特急 (作:岩沢厚治)
7. うまく言えない (作:北川悠仁)
8. かける (作:北川悠仁)
9. Hey和 (作:北川悠仁)
10. センチメンタル (作:北川悠仁)
11. シシカバブー (作:ゆず)
12. HAMO (作:北川悠仁)
13. 守ってあげたい (作:北川悠仁)
14. ストーリー (作:北川悠仁)
15. またあえる日まで (作詞:北川悠仁・アドベンチャーキャンプの子供達、作曲:北川悠仁)
16. 悲しみの傘【ゆず×SEKAI NO OWARI】(作:北川悠仁)

タイトル通り、ゆずのイロハが分かる20年をまとめたアルバム。
1997年にインディーズデビューから2017年までに発表された音楽に加え、配信限定だった曲なども収録されている。
ファンにとっても嬉しい楽曲の数々で、ファンが見てもゆずを初めて聴く人にもぜひ聞いてほしいゆずの魅力がたっぷり込められた選曲と言われている。
それぞれ「イ」「ロ」「ハ」に分かれた、トータル3枚組となっている。

印象に残る歌詞、フレーズ

Original

数多く存在する楽曲がこんなにも色んな人に愛される理由は、「ゆず」の二人が生み出す独自の感性が生かされた歌詞にもある。
ゆずっこのみならず、初めて聴く人でも「ゆず」の世界に引き込まれるフレーズや歌詞をカテゴリ別に紹介。

恋愛に関する歌詞

いっぱい

”そばにいるばかりが愛じゃない そんな言い分わかるわけないか
胸いっぱいのありがとうを この世界に今日も君がいる”

”言葉に出来ない愛がある もどかし過ぎて笑っちゃう”

着飾った言葉ではなく、すぐ近くで起こっていそうな身近な状況が、聴く人の心を捉えている。
この曲は、なかなか会えない恋人への想いを綴った歌だ。

いつか

220047048

”いつか又どうしようもなく 寂しくなったその時は
何処にいても何をしてても 駆けつけてあげるから”

”一人ぼっちになりそうになっても もう大丈夫だから”

この曲の中で注目が浴びにくい部分ではあるが、Cメロのこの部分はこの曲で伝えたいことが一番つまったフレーズと言える。
恋人に対してとも、親友に対してともとれる内容の曲だ。

しんしん

31z3tcdgrtl

アルバム「リボン」のトラック05に入っている「しんしん」

”さようなら 君と出逢って人を愛する苦しさを知りました...”

”君”のせいではなく、”愛する”ということがもたらした苦しさというのは、恋をした人なら一度は経験があるかもしれない。
しかし、このフレーズは一番最後に”苦しさを、喜びを知りました”となる。
”愛する”ことは苦しみだけではないことも印象的だ。

からっぽ

385

”言葉はいつも奥の方から 後に虚しさ連れて教えてくれた”

”どうにもならない歯痒さが 一つづつゆっくりと僕の前で立ち止まる”

自分ではどうにもできない事、誰かの言葉はいつも自分に虚しさを伝える、どことなく暗い歌詞。
言葉ではうまくできない感情や事柄をうまく言葉にし、メロディに乗せて心の奥に運んでくる。
これを、ゆずっこと呼ばれるファンの中では「いわさワールド」と呼ばれるほど、表面だけではない奥深い歌詞だ。

ガソリンスタンド

175

アルバム「トビラ」のトラック05に入っている「ガソリンスタンド」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents