男子高校生の日常(Daily Lives of High School Boys)のネタバレ解説まとめ

115e4db9

「男子高校生の日常」とは山内泰延によるギャグ漫画、及び2012年にサンライズで制作されたアニメーション作品。2013年には実写映画化もされた。男子高校生たちの日常生活の中で起こるギャグを描いた作品。また男キャラに負けない存在感と力強さを持った女子高校生達も登場する。主人公のタダクニに入野自由、タダクニの友人ヒデノリとヨシタケに杉田智和と鈴村健一などベテラン声優が数多く出演している。

概要

「男子高校生の日常」とは、ガンガンONLINEで連載していた山内泰延によるギャグ漫画。全7巻で完結。
2012年にアニメされ、銀魂で有名な高松信司が監督・脚本を勤め、アニメーションはサンライズが制作した。
2013年には実写映画化もされた。

アニメは高松監督の独特なシュールな感じと原作の雰囲気が良く合い、出演した声優陣も視聴者を笑わせる演技に定評のあるベテランばかり。
殆どの話が一話完結で何話から見ても大丈夫なオムニバス形式で、1話の中にサブタイトルがいくつもある形態を取っている。
一部シリーズネタなどもある。
キャラクター達は名前もしくは苗字だけで呼ばれ、フルネームは不明なキャラが多い。

ストーリー

男子校の○×県立真田北高校に通う高校生達を中心に描かれた、テンポの良い日常ギャグ作品。
主人公は男子高校生のタダクニとされ、同級生のヒデノリとヨシタケの三人でくだらない事をしていたりダラダラしている描写が多い。
三人が出ない時は、生徒会メンバー(モトハル・唐沢・副会長・会長)や、タダクニたちのクラスメイトのミツオ君、○×県立真田東女子高校の生徒会長りんごちゃん、一話で出てくる文学少女、などの話になる。
本編は「男子高校生の日常」であるが、「女子高校生は異常」という女子高校生メインシリーズもあり、世界観は両方共通のもの。
女子高校生サイド出てくるヤナギン・羽原・生島は前半は出番を分けられていたが、最後の方は男子高校生の日常本編でも出てくることが多くなった。
女子高校生たちは所謂萌えキャラではなく、声が大きかったり非常識だったり下品だったりクレイジーなノリで、殆どの女子高校生が男子高校生より強い。
またタダクニ達の家族(姉や妹など)も出てくるが、目元は描かれない。やはりこちらも女性キャラは男子高校生たちよりも強い。
男子高校生たちは女子高校生たちと比べると幼く、バカノリで盛り上がり、殆どのキャラは常識を持った良い子。
恋愛・部活・家族愛のような感動要素はなく、萌え萌えな展開も、劇的な展開も無い。
タイトルに「日常」と名が入っているためゆるい日常ギャグと思われがちかもしれないが、それらとは一線を画すかなりキレのあるギャグ作品である。

キャラクター

○×県立真田北高校2年A組

タダクニ

Fig profile1

CV:入野自由

一応本作の主人公。
ツッコミ役で常識人のためノリは悪め。
しかし妹の制服を着て女装をしその気になってしまったり、作り話が上手かったり、文学少女シリーズでは空気を読まない発言などをする。
中性的な顔立ちのため女装が似合い、原作では一回だけであったがアニメでは何度か女装しているシーンがある。
ヒデノリとヨシタケといつも一緒に行動しており、二人とあまり会えなかった時は寂しさを感じていた。
ピザ屋でバイトをしている。
ヨシタケとは小学校からの仲で、苛められっ子のヒデノリを助けたラバーシューターというヒーローの一人。
妹とは一ヶ月に一回しか会話が無い。
ヒデノリたちを自分の部屋に招くと大抵妹が盗み聞きをしており、妹の不利益な話をしたり、妹の下着を盗んで着たりすると驚異的な暴力で鉄拳制裁をされる。
人気投票では3位。

ヒデノリ

Fig profile2

CV:杉田智和

眼鏡をかけて一見賢そうな顔をしているが頭はあまり良くない。視力は2.0あり、何故眼鏡をかけているのかは不明。
小学校の頃は苛められっ子で、ラバーシューターというヒーローに助けられ憧れていたが、それがヨシタケであると知りショックを受ける。
空気を読むのが上手く他人に気を使いすぎてしまい、その結果自身を追い込んだり他人を混乱させる。
真面目な顔で真面目にバカなことをしたり、何かになりきったり、タダクニやヨシタケと三人で登場する以外にも出番が多く、作中一番エピソードと出番が多い。
ヨシタケとよく一緒に行動しており、2人のエピソードも多い。
タダクニとヨシタケの三人の時はリーダー格で、大抵何かを言い出したりやらかしたりするのはヒデノリである。
文学少女からは彼女の書く小説の登場人物と存在を重ねられてしまい好かれているが、ヒデノリは彼女を苦手にしていて見かけると逃げている。
ヨシタケやモトハルからは見かけるたびに別の女の子と居ると思われているが、自らフラグをへし折ってしまうタイプで恋人は居ない。
見得をはっていとこの絵美を彼女だと嘘をついた。
人気投票では6位。

ヨシタケ

Fig profile3

CV:鈴村健一

タダクニとは小学校からの仲で、ヒデノリとは中学校の付き合い。
ヒデノリと一緒に行動してることが多く、タダクニ不在時はストッパーが居ないため2人で悪ノリを続ける。
タダクニたちの中で一番バカであるが、オーバーリアクションでノリもよく、交流関係が広く、友情にも篤い。
小学生の時はラバーシューターという複数人で交代して悪を倒すヒーローをやっており、そのメンバーの一人だった。
ヒデノリを助けたラバーシューターはヨシタケとされていたが、複数人でやっていたため本当は誰がヨシタケを助けたのかは不明。
嘘つきで暴力的な姉を嫌っている。
人気投票では7位。

ミツオ君

49d2e65d422b8eba45cca7f47631072f36d2285d1352635218

CV:岡本信彦

タダクニたちのクラスメイト。
勘が鈍くドジな愛すべき弄られキャラで、いつも不幸な目に合い恥ずかしい話や笑い話が多い。
性格はバカ正直でナイーブ。
川に落ちた猫(実際は猫ではなくぬいぐるみだった)を躊躇い無く助けに行くような良い奴で、運動神経が良い。
何故か皆から「ミツオ」ではなく「ミツオ君」と呼ばれ、アニメエンドロールも「ミツオ君」になっている。
最終話ではミツオ君の落としたフランクフルトをどうにか地面につけないように男子高校生たちがてんやわんやするが、当の本人は地面に落ちても平気で食べていた。
ラバーシューターの一人だった。

○×県立真田北高校の生徒会

会長

Fig profile10

CV:石田彰

○×県立真田北高校の生徒会長。
作中では恐らくイケメンに該当される、ノリと勢いで生きているチャラ男。
○×県立真田東女子高校の生徒会長「りんごちゃん」の名づけ親で、彼女とは生徒会長同士の因縁の仲。
文化祭ではりんごちゃんとガチバトルになるも、一方的にボコボコにされて負かされた。
本人は「女性は殴らない主義」と主張している。
他の生徒会メンバーが優秀なため会長はいつも何もしておらず、あまり居る意味が無いと本人も思っている。
不良だった副会長を更生させたため慕われている。
人気投票では4位になった。

副会長

Fig profile9
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)のネタバレ解説まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Zガンダム』へと続いていく。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュR2(CODE GEASS Lelouch of the Rebellion R2)のネタバレ解説まとめ

サンライズ制作によって放送されたダークヒーローアニメの続編。現実とは異なる世界線で、母国に捨てられた皇子・ルルーシュが、テロリストの仮面をかぶり、”ギアス”という名の超能力を駆使して復讐劇を開始する。だが前章にて、ルルーシュは親友だったはずの男に売られ、記憶を失ってしまった。彼が記憶を取り戻し、野望を現実にした時、世界はかつてない変革を迎える。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED(ガンダムシード、Mobile Suit Gundam SEED)のネタバレ解説まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

コードギアス 亡国のアキト(CODE GEASS Akito the Exiled)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム』でお馴染みの赤根和樹(あかねかずき)が監督を務め、2012年〜2016年にかけて劇場公開されたSFロボットアニメ。世界の3分の1を支配する大国・ブリタニア帝国に祖国を奪われた日本人の少年少女たちは、遠く離れたヨーロッパの地に流れ着き、尚も過酷な戦争に身を投じていく。

Read Article

スクライド(s.CRY.ed、s-CRY-ed)のネタバレ解説まとめ

監督・谷口悟朗、脚本・黒田洋介によるサンライズ制作のオリジナルアニメーション作品。2001年7月4日から12月26日まで放送され、熱いストーリー展開で人気を博した。アルター能力者であるカズマが好敵手である龍鳳や多くの敵との戦い、さらには本土からの刺客との激戦を繰り広げる能力バトルアニメである。

Read Article

ガンダム・バルバトス(GUNDAM BARBATOS)のネタバレ解説まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュ(CODE GEASS Lelouch of the Rebellion)のネタバレ解説まとめ

ロボットアニメで有名なサンライズ制作のもと、2006年~2007年にかけて放送されたダークヒーローアニメ。舞台は現実と異なる世界線を辿った架空の世界。超大国ブリタニアに捨てられた元皇子・ルルーシュが、「ギアス」という名の超能力を手に入れた事から始まる、母国への反逆劇を描く。

Read Article

NEW

機動戦士ガンダムUC(Mobile Suit Gundam Unicorn)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

機動戦士ガンダム00(きどうせんしガンダムダブルオー、Mobile Suit Gundam 00)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム00とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル、Mobile Suit Gundam: Iron-Blooded Orphans)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル、Mobile Suit Gundam: Iron-Blooded Orphans)とは、2015年10月から2016年3月に第1期(第1話~第25話)、2016年10月から2017年4月に第2期(第26話~第50話)が放送されたアニメ作品。生き抜くために、戦いを繰り広げる少年たちの姿を描いている。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイガー・アンド・バニー、T&B、タイバニ)のネタバレ解説まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

NEW

機動戦士ガンダムUC(Mobile Suit Gundam Unicorn)のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、重要機密であるラプラスの箱を巡る戦いに巻き込まれた少年の葛藤と成長を描く。 緻密に練り込まれた物語もさることながら、戦闘シーンも見所の一つであり、それを彩る兵器であるモビルスーツ、モビルアーマーも幅広い層から人気を集めている。

Read Article

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)の名言・セリフまとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメにとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

劇場版 亡国のアキト 第3章 ~輝くもの天より堕つ~ あらすじ&見所まとめ

訳あって生命力みなぎる老婆達に扱き使われる事になり、つかの間の平和な日常を過ごすアキト達。 一方でユーロ・ブリタニアに到着した謎の軍師キングスレイはE.Uに対して「ある作戦」を実行しようとしていた。 日常パート有り、アクションシーン有りで、シリーズ中でもかなりオススメの章です。

Read Article

Contents