見える子ちゃん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『見える子ちゃん』とは泉朝樹による幽霊などを取り扱った新感覚ホラーコメディ漫画。2018年に作者Twitterにて初公開。人気を博し、同年に角川の電子書籍サイト「ComicWalker」にて商業連載を開始した。2021年にはアニメ化した。物語は、ある日普通の人間には見えないものが見えるようになってしまった女子高生である四谷みこが怪異(幽霊)に怯えながらも見えないふりをしていくというもの。2019年に行われた「次にくるマンガ大賞 2019」Webマンガ部門では10位にランクインした。

『見える子ちゃん』の概要

『見える子ちゃん』とは泉朝樹による漫画作品。2018年に作者Twitterにて1話が公開され、瞬く間に人気を博し6万回リツイート、18万以上のいいねを記録した。人気により同年11月2日にはKADOKAWAが運営する電子書籍サイト「ComicWalker」にて商業連載を開始した。2021年7月16日より「ComicWalker」内の新レーベル「WebComicアパンダ」に移籍して連載中。さらに2021年10月よりアニメが放送開始された。

2019年8月に行われた「次にくるマンガ大賞 2019」Webマンガ部門では10位にランクインした。

物語は、ある日普通の人には見えないはずのものが見えるようになってしまった女子高生である四谷みこが怪異(幽霊)などに怯えながらも見えないふりをしていく日常ものとなっている。新感覚ホラーコメディと称されている。

作者が『見える子ちゃん』を描こうと思ったきっかけは同業者たちがTwitterにて描いた漫画が人気になっていたため、自身も描いた漫画でバズりたい(人気になりたい)と思ったからである。このとき『見える子ちゃん』以外に双子の姉妹と双子の兄弟によるドタバタバイオレンスコメディも考えていた。そして、妻いずみえも(イラストレーター・育児漫画家)にどちらがいいか聞くと『見える子ちゃん』がいいと推されて『見える子ちゃん』を描くことを決めた。『見える子ちゃん』というタイトルもいずみえもが付けた。

『見える子ちゃん』のあらすじ・ストーリー

1巻(1話~9話)

日常

学校の帰りに土砂降りの雨に濡れながら主人公の四谷みこ(よつや)はバス停にやってきた。制服が濡れてしまったと嘆くみこに「みえる?」と異形の怪異が声をかけてきた。みこは友達からのラインに返事を返していないことを思い出しスマホを取り出す。そんなみこの様子をみた怪異は「みえてない」といいみこの側から離れた。
しかし、みこはその怪異の姿がはっきりと見えており、内心は怯え震えていた。みこは幽霊や怪異の類が見えるがそれを見ないふりをして過ごす日常を送っていた。

帰宅して寝る準備をしながら、幽霊を近づかせないようにするために部屋の出入り口に盛り塩を施し、除霊グッズなどを調べていた。夜も更けてきたため布団に入ろうとしたところ、布団の中に幽霊がいた。みこはその幽霊も無視して布団に入り、盛り塩の効果がないことを嘆き、除霊グッズとして数珠を買う決意をした。

翌日、親友である百合川ハナ(ゆりかわ)と挨拶を交わし、いつも通り幽霊は見えないふりをしてやり過ごしていた。学校の帰りにドーナツショップに立ち寄ったみことハナ。みこは列に並びながらスマホでドーナツショップの商品ラインナップを確認していた。そこに、ハナが「並ばないの?」と声を掛けれらる。みこはハナのその言葉に自身が幽霊の列に間違って並んでしまったことを察した。自身が並んでいる幽霊の列は一体なんなのかと怯えているとハナが歩きスマホを注意しながら本来の列へと連れ出してくれた。本来の列に並びなおしてみこは幽霊の列の先頭を確認する。そこには、壁の隙間から頭を出したおぞましい怪異が並んでいる幽霊を1人ずつ食べている姿があった。みこは列から救い出してくれたハナに感謝の言葉をかける。

ドーナツショップからの帰りにみことハナは段ボール箱に入れて捨てられていた子猫を見つける。ハナがその子猫を保護するために近づくと箱の中には子猫以外にも怪異が入っていた。ハナが引き取ろうとするが、自宅がペット不可であったためにSNSにて子猫の飼い主を募集する。そのために、子猫を公園に連れてきたが、怪異も一緒についてきてしまう。

子猫の引き取りを打診する善とそれを断るみこ

みこは子猫に取り憑いているのかと不安になる。スキンヘッドのいかつい強面の男が近づいてきてハナが怯える中、人当たりの良さそうな青年の遠野善(とおのぜん)に子猫を引き取りたいと打診される。ハナが善を優しそうな人だと評して子猫をわたそうとするが、みこは善の背後に無数に取り憑く動物の幽霊を見て、善の打診を断る。さらに、子猫についていた怪異が善に反応して善に取り憑く。善は子猫を貰えなかったことに落胆しながら去っていった。
そして、みこは子猫を猫の幽霊に懐かれているスキンヘッドの男豪塚(ごうづか)に渡した。ハナは豪塚の見た目に怯え不安そうであったが、子猫は猫好きの豪塚の元で大事に育てられることになった。

ある土曜日、みこはハナと数珠を買うために出かける約束していた。ハナとドンキを訪れたみこは数珠を多い方が強そうだとして4つ購入して両腕にはめる。そして、ハナも幽霊から守るために防御力をあげようと考えて、2つ渡した。ハナはみことお揃いだと喜び、お礼に和菓子をごちそうすると言いみこを連れて行こうとする。しかし、ハナがその店への近道だとして薄暗い裏路地を進む。みこは裏路地にうごめく者たちに怯えながらも裏路地を進んでいくと数珠の効果なのか幽霊たちが離れていく。数珠の効果に感動していたみこであったが「かゆい」とつぶやく一際強そうな怪異が現れると数珠が2つともはじけてしまった。恐怖でみこが固まっているとハナが心配して近寄ってくる。みこは大丈夫だと示すために怪異の体を通り抜けてハナと合流する。はじけてしまった数珠が不良品だったから取り替えてもらおうと提案するハナの意見をおさえ、みこはなんとか裏路地から出ることに成功する。
商店街に取りついたみことハナはゴッドマザーが経営する占いの館を訪れる。数珠をくださいとみこがゴッドマザーに頼み、貰うがまたはじけてしまう。それは、先ほどの路地裏にいた強い怪異が憑いてきてしまっていたからである。ゴッドマザーはみこの後ろにうっすら黒い靄が見えることからなにかに憑かれていることに気づく。ゴッドマザーは自身の霊能パワーを詰めこんだ特製の数珠をみこに渡す。しかし、その数珠もはじけてしまう。その後、強い怪異は自然と路地裏に戻り、みことハナは和菓子を食べに行くことにした。
ゴッドマザーはこのことがきっかけとなり占いの館を廃業して田舎へと隠居した。

みこの小学生の弟である恭介(きょうすけ)は最近みこの様子がおかしいとクラスメイトに相談する。そうすると、クラスメイトの女子に「彼氏ができたから」だと指摘され、なぜ弟の自信に黙っているのか気になり始める。結果、恭介はみこが悪い男に騙されているために自身に言えないのではと考えた。そこで、恭介はみこを守るために悪い男に騙されていないか確認をするために、本で得た知識であるキスマークがみこの体にないか確認することにした。恭介が決意を固めている頃、みこは風呂に入っていたが浴室の壁の隅に座り込んだ怪異がいることに気づき、動けなくなってしまう。そこに、恭介が一緒に風呂に入ろうと浴室へと入ってきた。恭介はみこの体にキスマークがないことに安堵しつつ、みこの裸体に照れてすぐに浴室を出て行こうとする。しかし、みこは恭介が来たことで助かったと安堵して背中を流すと提案して姉弟水入らずの風呂を楽しんだ。この時、念のため恭介はみこに彼氏の有無を聞くが、みこからはいないという答えが返ってきた。

ある時を境に見えるようになってしまったみこは朝に目を覚ますたびに見えないようになっていることを祈っているが、祈りとは逆に日に日に見る力が強くなってきていた。気が滅入るような日々であったが、暗くならないように楽しいことを考えようとみこは思考を切り替える。そのために冷蔵庫に入れてあるプリンを朝から食べようと意気込みリビングに入る。そこには、食卓を囲む恭介、母、父、そして怪異の姿があった。みこはその光景に固まってしまうが、恭介らの声掛けになんでもないと返す。恭介が冷蔵庫にあったプリンはみこの物であるかと問い、名前を書かないと食べられてしまうとからかう。さらに母が父にプリンを食べられ大喧嘩したことがあるからと続けると、父が去年の話を蒸し返すなと戸惑う。玄関に向かい登校しようとしたみこは、踵を返して部屋に戻る。そして、プリンを持って父の仏壇に供えた。父はすでに亡くなっていたが、いまだに四谷家の中にいるのだ。そして、父はプリンを勝手に食べてしまったことを死ぬ前にあやまりたかったと後悔していた。みこは父の姿が見えていたが、父の姿に反応してしまえば見えることがバレてしまうためスルーしていた。そんな状況にみこは複雑な感情を抱いていた。

2巻(10話~16話)

山の神社

みこと出かける約束を約束をしていたハナは朝食を食べて、待ち合わせ場所へ向かっていた。しかし、いつから取り憑いていたのかハナのあとを怪異が憑いてきていた。そんなことに気づかないままハナは待ち合わせ場所へ向かう途中で飼い犬とはぐれて困っている少年に出会う。はぐれた飼い犬は呪いビルと噂されるビルに入っていってしまったと少年に聞いたハナは、呪いビルが怖いという気持ちを我慢して少年のために飼い犬を探しに行くことにする。ハナは無事に幽霊が蔓延るビル内から少年の飼い犬を連れて出てきた。その後、少年と別れみことの待ち合わせ場所に着く。みこはハナの姿を見ると恐怖で顔をひきつらせた。

おぞましい怪異を引き連れてきたハナに突っ込むみこ

ハナに取り憑いていた怪異が最初の姿からさらにおぞましい姿になっていたからであった。

みこは怪異を連れたままのハナと共にパワースポット巡りと称して山にある神社に訪れた。さびれた神社であったが、ハナに取り憑いたものを何とかしてほしい気持ちもあってみこはお参りをすることにした。賽銭を入れてみこは「ハナに憑いている怪異をなんとかしてほしい」そして「ついでに自分も助けてほしい」と願う。すると、ハナに取り憑いていた怪異の側におかっぱ頭の着物を着た少女のような怪異(以下神の使い)が2体現れた。みこが怪異が増えたことに怯えていると神の使いはハナに取り憑いていた怪異に攻撃を仕掛けた。みこは助けてもらえるのだと喜んでいたが、神の使いはやられてしまう。みこがもうだめだと考えていると、ハナに取り憑いていた怪異の後ろに巨大な怪異(以下山の神)が現れたことに気づく。
みこの状況に気づかないハナは鳥居をバックに写真を撮ろうと提案して、みこと並びカメラを構える。その後ろでは山の神がハナに取り憑いていた怪異を食べていた。その瞬間にハナがシャッターをきったため、写真には怯えるみこと笑顔のハナ、そして山の神が怪異を食べている様が映った。
みこがなにがなんだかわからないと怯えていると山の神と復活していた神の使いに囲まれ、何かを喋りかけられるが人間の理解できる言葉ではなかったためみこには理解できなかった。そして、山の神はみこに「さんかい」と声をかけ消えた。みこは「さんかい」だけ聞き取れたが、意味までは理解できなかった。

「ゴッドマザーの1番弟子」を自称する二暮堂ユリアは師匠と崇めるゴッドマザーの占いの館に訪れ、霊能力の師事を受けようとしていた。ユリアも幽霊や怪異などが見える体質であった。しかし、ユリアが占いの館に着くと廃業したとの張り紙が貼ってあり、さらに占いの館の向かいで靴屋を経営するゲンという男性に「ゴッドマザーは田舎に帰った」と言われてしまう。そして、最後に占いの館を訪れたのはみことハナであるという情報をユリアに教えた。ユリアはみことハナの隣のクラスに所属していたため顔は知っていた。
商店街でみことハナの姿を見つけたユリアはゴッドマザーが店をやめたの原因は2人にあるのではないかと疑い観察することにした。その過程でみこも自身と同じように見える体質なのではないかと気づく。そこで、ユリアは体育の授業でみこのクラスと合同でやることを利用してみこに近づく。そして、ちいさいおじさんという怪異の習性を知っていたユリアは体育倉庫におびき寄せ、みこの見える力を試すことにする。みこを体育倉庫におびき寄せて自身には幽霊などが見えていることを明かし、みこも見えているだろうと詰め寄る。みこに「なんのこと」と言われはぐらかされてしまう。
一方みこはユリアに詰め寄られながら、ユリアがちいさいおじさんは見えてもさらに大きな怪異がみことユリアの側にいることに気づかないことに驚く。そして、大きな怪異に気付かれては何をされるかわからないと焦り始めるみこ。ユリアはそんなみこの気持ちに気づくことなく、ゴッドマザーから貰った数珠を掲げちいさいおじさんを退けようとする。しかし、大きな怪異が側にいたために数珠がはじけて壊れてしまう。ユリアが焦っていると、大きな怪異がみことハナが自身のことが見えているのではと気にし始める。
みこは咄嗟にプロレス技をユリアにかけることでユリアの口をふさいだ。そのまま勢いで締め落とされてしまったユリアが目を覚ましたのは保健室であった。そこにはみこがおり、みこは「次から見えないふりをした方がいい」と言い、保健室を後にした。みこは怪異を見えない振りした方がいいという意味で言ったが、ユリアは「みこが怪異を見ることができる人間だと知らなかったことにしろ」という脅し文句に解釈してしまった。

ある日、みこはハナから神社で撮った写真をSNSにアップしたところ高評価を貰えたと報告してきた。写真にはみこの目から見ると山の神が怪異を食べている姿が見えているが、見えない人にはそれらは見えていないようであった。高評価を貰えたことでハナは自身に写真の才能があるのではと考えインスタントカメラを買い、「映えるスポットで写真を撮りたい」と言い出した。そこに、ユリアが現れ、映えるスポット(心霊スポット)を知っているから一緒に行こうと提案した。ユリアはみこに霊能力は自身の方が格上であると認めさせたいという思惑があった。ハナは快諾してみこは不安を抱えながらも了承した。
ユリアが案内した場所は幽霊が出ると有名なトンネルであった。怖い雰囲気に怯えるハナに、ユリアはトンネルを抜けた先にいい景色があると言って誤魔化した。ユリアはこのトンネルでみこの霊能力のほどを見るつもりであった。ユリアがみこに目をやると、みこは靴に入った小石を取り出して投げ、さらにバランスを崩して地面に手をついてしまう。ユリアにはその動作が霊的な結界を張ったように見えてしまい、みこに力を見せられたと勘違いしてしまう。ユリアの勘違いなど知りもしないみこはトンネル内に蠢く者たちを見て、さらにヤバい物が来る前に引き返そうと考えていた。しかし、一歩遅く強力な怪異が現れ、弱い怪異を食べてしまう。ユリアには強力な怪異の姿が見えておらず、消えた(ようにユリアには見えた)のはみこが除霊したからだとさらに勘違いを募らせる。みこに負けじとユリアも側にいた弱い怪異を除霊しようとする。みこはハナとユリアを連れて一刻も早く引き返そうとするが、強力な怪異が弱い怪異たちを食べておぞましい姿に変形してしまう。強力な怪異が変形した際にユリアが除霊しようとしていた怪異が消えたため、ユリアが喜びみこに自慢をしたため強力な怪異に見えていることがバレてしまった。強力な怪異がみこたちを襲うとした瞬間に山の神の使いが現れ、強力な怪異を退けた。山の神の使いはみこになにか話しかけ、指を1本立てて見せると消えた。
帰り道のバスの車内でみこは山の神社での出来事を思い出し、「あれは何だったのだろうか」と考え、ユリアはみこに力の差を見せつけられたと落ち込んでいた。そんな2人を励ますためにハナは2人を引き寄せて3ショットの写真を撮る。気分が変わったみことユリアは空腹だと訴えるハナとドーナツ屋へと向かった。

ある日、みことハナの担任である荒井が産休に入ることとなった。そして、その間の臨時教諭としてやってきたのは善であった。善の姿を見たみこは善の後ろにいる大量の怪異に嫌な予感がした。

3巻(17話~23話)

母の呪縛

善が担任になってからみこは善の背後にいる怪異たちに怯える日々を過ごしていた。みこは怪異の影響を受けやすいハナや自身よりは見えないまでも霊感があるユリアが危険な目に合わないようにしっかりしようと決意した。しかし、決意した途端に「みるな」と善の背後に憑いていた怪異に警告されてしまう。善の後ろに憑いている怪異の1体は善を見ている人間の側により「みるな」と延々繰り返していた。それに気づいたみこは善を見ないようにしていたが、授業中ではそうもいかなかった。傍に寄ってくる怪異に怯えていると、ハナの空腹の音が響いた。みこは怪異から逃げるついでにとハナを保健室に連れて行くことにした。
休憩時間になると廊下を保健室に向かって歩くみことハナを見かけたユリアが見舞いに保健室を訪れる。ハナが空腹で保健室に訪れたと説明すると、ユリアは善に取り憑いている怪異のせいでハナの生命オーラが削れてしまったのかと口に出す。そのユリアのセリフでみこはハナの異常なスピードで空腹になるのは善のせいだと気付く。しかし、みこにはハナの生命オーラは見えておらず、ユリアに詳しく話を聞こうとしたが、結局聞くことができなまま下校となってしまった。みこはハナと買い食いに付き合い公園に来ていた。そこで、ハナと話している最中に公園内を歩いていた子供に手を振る。すると、生きたように見えていた子供は本当は幽霊であり、見えているみこに気づき襲ってくる。みこが戸惑っていると、山の神の使いが現れ、子供の幽霊を倒す。山の神の使いは指を2本立てて去っていった。
そこで、みこは「さんかい」とは「3回」であり、今ので2回使ってしまったため残り1回であると気付いた。

ある日の放課後、みこは善の怪異がハナに影響を与えていることを確信して、善を学校から遠ざけることを決めて行動を起こす。みこは善の背後に憑いている動物の怪異たちが日に日に増えているため、何らかの犯罪行為を行っていると思い、その証拠をつかむために善を尾行をする。そして、尾行した先で善が人気のない場所で猫に手を伸ばしているところをみこは見つける。みこは動物虐待を疑い、通報しようとしたがそれでは間に合わないと思い善に声をかける。すると、善が手を伸ばしていた子猫がみこに駆け寄ってきたためみこは子猫を抱っこする。善が子猫を渡すように促してくるが、みこは咄嗟に逃げ出してしまう。走って逃げていたがみこは転んでしまい、善に追いつかれる。そこで、子猫がみこの腕の中から逃げ出してしまい、道路を飛びしていってしまう。すると、善は子猫を守るために道路に飛び出し車に轢かれてしまった。

落ち込むみこに「みこは悪くない」と言う善

病院にて善は「自身の怪我はみこのせいではない」と言い子猫の安否を確認する。子猫はみこの家で一時保護している旨を伝えると善は安心した様子を見せる。みこは正直に善が子猫を虐待するのではと疑っていたことを話す。善は自身の居住区の側で動物虐待の事件が横行していたため、そのパトロールをして、傷ついた動物を保護していたが多くは死んでしまったと明かす。みこは善の話を聞いて、善に取り憑いているものが保護しようとしていた動物たちであることに気づいた。おぞましく見えるのは「みるな」と言ってくる怪異の影響であったのだ。
善は子猫の里親探しは自身の友達であるサトルが獣医をしているため、そちらを頼るように促す。そこに、丁度サトルが見舞いにやってきた。そして、みこは善とは小学校からの友達であるというサトルから善の幼い頃の家庭環境を聞くことになった。現在善の母親は亡くなっているが、生前の母親は善に異常な執着を見せており、善の行動をすべて縛っていた。小学校の頃に善が母親に内緒で子猫を飼育していたが、それが母親にバレてしまい子猫は処分されてしまう。このとき、善は子猫が死んだのは自身のせいだと思い込み、それ以降猫を飼うことはなく、また愛情をもって接するのではなく死なせてしまった子猫への償いのように保護活動をするようになった。
みこはこの話を聞き、善に取り憑いている「みるな」と言ってくるおぞましい怪異の正体は母親であることを察する。みこは善に取り憑いた母親をどうにかするために「さんかい」を使うことを決め、善の病室にて母親をしっかりと見て「自由にして」と言う。そして、襲ってきた母親を山の神の使いに倒させることに成功した。山の神の使いは指を3本立てて消えた。そして、母親が消えたことで善に憑いていた動物たちも成仏していった。
善は母親の呪縛から解放され、みこの家で一時保護されていた子猫を引き取り飼うことを決めた。

とある路地裏。フードを被った男が猫の目をえぐり取ろうとにじり寄っていた。そこへ、善が「見つけた」と声をかける。その後、フードを被った男の行方不明の張り紙が掲示板に張り出された。

4巻(24話~28話)

再び神社へ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

Read Article

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に卒』とは、竜騎士07原作のアニメ作品で、2020年放送の『ひぐらしのなく頃に業』の続編。同シリーズは2006年から断続的にアニメ化されてきた人気作である。 繰り返される昭和58年6月の中、日本の田舎町・雛見沢村で次々に起きる怪事件。その全ては、村を出て行こうとする古手梨花を引き留めるために、北条沙都子が裏で糸を引いたものだった。果たして沙都子は事件の裏でどのように暗躍していたのか、無数の惨劇を重ねた彼女たちの行く先に何が待ち受けるのか。物語は真の結末に向けて動き出していく。

Read Article

六花の勇者(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。 世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説・考察まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』

Read Article

citrus(第1話『love affair!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公、藍原柚子は母親の再婚がきっかけで女子高に編入することとなった。 登校初日から校則違反が目立ったため、生徒会長の藍原芽衣に目を付けられる。 その日、新しい家族として芽衣が迎え入れられ、二人の共同生活が始まる。 今回は「citrus」第1話『love affair!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents