十二国記(The Twelve Kingdoms)のネタバレ解説まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

出典: neoapo.com

声:有本欽隆

元は元州の州宰にして、斡由の部下。尚隆が王位に就いた後も王が元州を顧みないと考え、王に代わって政治を動かすという斡由に同意していた。しかし、募った同志たちが次々と離反する中で斡由のやり方が間違っていると考えるようになる。謀反のようなこのやり方(延麒の拉致や王への宣戦布告)をやめるよう斡由に進言するも、聞き入れられなかった。延麒に斡由の罪(父の幽閉など)を知られ王に話すと言われた際は、斡由により延麒誘拐などの罪を押し付けられる。それでも、その場に潜り込んでいた延王・尚隆に斡由の助命を願い出た。

毛旋(もうせん)

出典: neoapo.com

声:肥後誠

元々は成笙の師帥(軍人)。元州の乱の時点では小臣をしていた。延王・尚隆が出奔するのを手引きさせられる。元州の乱の後は大司馬として抜擢された。

元魁(げんかい)

声:柴田秀勝

斡由の父で元州候。梟王に仕えた。先王の末期には、暴政を敷いた王におもねるべく罪なき民を処刑しており、息子の斡由に地位を奪われて地下に幽閉された。梟王亡き後も地下牢におり、王の崩御を知らない。仙籍に入ったままなので、飲まず食わずでも生きている。「自分を完璧だと思いたいだけ」と息子を評した。

標仲(ひょうちゅう)

アニメ未登場。
梟王の斃れた年に生まれた。雁国北方の継州よりさらに北の州境にある参院の村、節下豪の出身。梟王の圧政が元で人手が足りなかった為、野木から生まれた鳥獣を集める迹人となった。山毛欅の林に奇病が流行り、林を救うべく登極したばかりの延王・尚隆に薬草を卵果にしてもらおうと都へ急ぐが、凍傷による限界を迎え、通りすがりの人々の善意に希望を託した。

包荒(ほうこう)

アニメ未登場。
節下郷にて、山野を保全する官である山師を務める。幼い頃から山野に親しみ、一日中鳥や虫、一本の木をずっと見守るなどしていた。包荒にとって、山師は天職と言える。山毛欅に奇病が流行った時、枯れた木が高値で売れると喜ぶ民に対し、包荒は山毛欅の林が消えることで災厄が起きると予期し、皆に警告する。猟木師(新しい草木の種を売る浮民。浮民とは難民の一種で旅券を持たずに旅をしたり、本来所属するべき郷から離れた者のこと)の興慶の協力の下、標沖と共に山毛欅の奇病を治す薬草を探す。青条なる薬草を見つけるが、繁殖が難しいため奇病を食い止めるのに時間がかかった。標沖に青条を託して王宮に届けてもらい、残った青条を守る。

興慶(きょうけい)

アニメ未登場。
寡黙で無駄口を叩かない男。猟木師。包荒とは職務上天敵と言えるが、顔なじみである。山木欅の奇病を治すべく、包荒から標仲を紹介される。本人が言うには芳国の出身。政変により生まれてすぐ国を出て、4歳の頃両親により、猟木師に売り渡された。それ以降は猟木師後共に諸国を遍歴した。
包荒に協力すべく猟木師の仲間と別れて、包荒、標仲に猟木師押しての知識や技術を教え、青条の発見と育成に貢献した。興慶自身はいざこざが元で管理を殺してしまい、包荒と漂沖から金を渡されて国外に逃がされた。

巧州国(こうしゅうこく)

巧州国は、十二国世界の国の一つである。陽子らが初めに流れ着いた国で、半獣や海客に対する差別意識が十二の国で特に強い。半獣を雇うと重い税を課す、半獣には土地も戸籍も与えないなど、半獣である楽俊は特にその憂き目に遭っていた。海客は見つけ次第逮捕される。裁判により、「悪い海客」とされれば処刑されることもある。「良い海客」とされた場合は後見人が付く。作中では陽子らが逮捕された。
『月の影 影の海』で巧国の麒麟である塙麟が死亡(原作では『書簡』で病死したと語られる)。これに伴い王も死に、『月の万里黎明の空』の時点では妖魔がはびこり国が荒れ果てていた。難民が多く慶国などに押し寄せることとなった。楽俊は巧国の荒廃に伴い、母を雁国に呼ぼうとした。麒麟が生まれる捨身木に新たな麒麟の卵果が実ったが、まだ麒麟が生まれておらず、新王即位には早くても数年かかる模様。

塙王(こうこう)/錯王(さくおう)

出典: classic-blog.udn.com

声:土師孝也

『月の影 影の海』に登場。50年の間、巧国を治めていた。元難民を受け入れるなどしたが、これは他国の王への劣等感や、国を治めることへのプレッシャーから行っていたことであり、他者を慈しむ余裕も度量もない。実際、巧国での難民たちの環境は、良いとは言えないものであった。胎果ながら数百年も国を治め、名君の誉れ高い延王・尚隆に嫉妬していた。胎果や海客を「災いの種」と認識して忌み嫌い、見つけ次第逮捕、処刑まで行わせる。また半獣も嫌っており、土地や戸籍を与えなかった。
元々実直にして強い責任感を持った人物である。それだけに思い込みが激しい面もあり、胎果の王には国を良く治める何かがあると思い込んでいた。慶国に胎果の王(陽子)が立つとの知らせを受け、慶国で偽王となる舒栄を援護。優香を世界を救う海客と見なして接触し、陽子を殺させようとする。
塙麟が失道の病にかかっても考えを改めることはなく、遂には自ら陽子を殺そうとするが、塙麟が陽子を庇った形になり自ら麒麟を殺してしまう。塙麟の死に伴い自らも死亡した。おくり名は錯王。

息子と娘がおり、『書簡』 において錯王の子らは、父の過ちにより荒廃した国を少しでも良くしようと田畑を耕していた。錯王の子らは陽子による慶国に来てほしいとの要請を断り、「新王に少しでもいい状態で国をお渡しする為、国の土地の状態を良くしておくのだ」と言った。
巧国は王が倒れて間もないのに妖魔がはびこっており、他国の民から「よほどひどい王だったのだろう」と言われている。

塙麟(こうりん)/塙和(こうわ)

出典: classic-blog.udn.com

声:佐々木優子

巧国の麒麟。塙王の暴政が元で失道の病にかかる。何度も王を諫めるも聞き入れられることはなかった。優香と接触し、塙王側の味方に引き入れる。王が陽子たちを斬ろうと振り上げた剣をその身に受け死亡(原作では失道の病による病死。アニメにおける『書簡』のエピソードで語られた)。陽子を庇ったのは、主に王殺しの罪を追わせない為だった。おくり名は塙和(こうわ)。

白尹灑(はくいさい)

出典: 12kingdoms.fandom.com

塙麟の女怪。大きな翼と、猫のような爪を持ち、全身が毛に覆われている。塙王により、塙麟が刺され死亡した後、遺体を抱いて去った。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents