十二国記(The Twelve Kingdoms)のネタバレ解説まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

杉本優香(すぎもと ゆか)

出典: kaigai-drama-eiga.com

声:石津彩

アニメオリジナルキャラクター。陽子とは同じ学校のクラスメイト。級友たちにそっけない態度を取っていた為、クラスでは浮いた存在だった。ファンタジー小説を好み、十二国世界に飛ばされたことはむしろ喜んでいた。陽子、郁也とは違い、十二国世界に渡る前から異世界との交流による変異を受け入れる。単なる海客なので十二国世界の言葉は理解できない(仙の陽子とは話ができる)。
陽子が麒麟に選ばれた王であると聞いたが、それは間違いで、「自分こそが王ではないか」と思っていた。十二国世界では、簡単に現地人を信じ結果窮地に陥る(達姐を信じて遊郭に売られそうになるなど)陽子の八方美人的な考えに振り回されるのは、もう沢山だと一人離れた際塙麟と接触する。「あなたをお待ちしていました」との塙麟の言葉に、ますます本当に選ばれたのが自分だとの考えを強め、そのまま塙王に利用される。陽子と対立する中、同じ海客の壁落人から「革命をしたかったが何もできず、気付いたらこの世界にいた」「あなたはこの世界で何もしていない。帰りなさい」と言われ現実や真の自分を受け入れずにいたことを指摘された。王としての気構えを持ち始めた陽子と再会し、優香は十二国世界へは陽子と一緒に来ただけであり、本来の居場所が蓬莱、つまり日本であることを痛感していく。塙麟の死に伴い陽子と和解した。

景麒奪還や、塙王との戦いを経て日本に帰ることを決意し、陽子の代わりに当たり前の人生を送ると誓った。そして「陽子は家では無理をしていたようだから、今は自由かもしれない」と、暗に娘を苦しめていたと自らを責める陽子の母に「中嶋さんは帰りたかったと思います」と告げた。
自分や陽子と同じく「神隠し」にあった人物がおり、その人物の周辺で怪事件が起きるとの噂を聞く。優香は高里要やその弟・卓と接触する。高里家からの帰り、汕子から「王の敵か?」と脅されたが、「私は王の友人だ」と返答したため制裁を受けずに済んだ。

壁落人(へき・らくじん)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:田中秀幸

学生紛争の時期(1969年)に流されてきた海客。元は東大生だった。現在は雁国の庠序なる教育機関で子供に処世術(生活科学)などの勉強を教えている。「(日本は)革命に失敗した(学生紛争でも変わらなかった)国」として故郷、つまり蓬莱への未練はない。東大では古代中国語を学んでいたので漢語、漢文の基礎があったが、それでも十二国世界での会話を習得するのに30年以上の時間を要している。
陽子が難なく十二国世界の言葉を操れていることから、「あなたは神仙か妖かもしれない」と、陽子が海客ではないと指摘する。陽子に延王の助けを乞うように進言した人物。

高里卓(たかさと すぐる)

出典: 12kingdoms.wikia.com

声:阪口大助/野田順子(幼少期)

要の弟。素行不良で最低ランクの高校に通う。「祟る」と噂される兄を嫌いつつ、そんな感情を持つ自分にも嫌悪を抱く。神隠しにあった要について調べている優香に、淡い恋心を持つようになる。優香が兄を目的に自分に近づいたと悟り、またも兄を憎む気持ちが生じて苛立っていた。
要が雪の夜に外に出される原因となった「コップを落とした」張本人だが、祖母を怖れて兄に責任を押し付ける形になった。尚、コップを落とした理由は兄を招く白い手を見たのが原因であり、ほんの少しだが十二国世界に触れている。

原型となる小説『魔性の子』では祖母の教育の下、人の顔色をうかがう性格となった。そのストレスを発散するかのごとく不良少年として補導された経験も少なくない。要が神隠しに遭った事件が元でいじめられていた過去を持つ。アニメでは生き延びたが、原作では両親と共に、傲濫、辿子に殺された。

要の祖母

声:京田尚子

『風の海 迷宮の岸』に登場。故人。高里要、卓の祖母。幼い要の頭を撫で、手を払いのけられたことや、お辞儀をしないとの理由で要を厳しくしつけ、ことあるごとにつらく当たった(※)。要がコップを落とした(実際に落としたのは要の弟の卓)晩、雪の降る中10歳の要を外に出していた。そのまま神隠しに遭った要と再会することなく、一年後に死亡。要が帰って来たのは祖母の葬式の日であった。
原作に当たる『魔性の子』では高里美喜(たかさと みき)との名がついている。

※頭をなでられることを厭う、お辞儀をしない(できない)のはいずれも麒麟の特性。

中嶋正志(なかじま まさし)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:渡部猛

蓬莱での陽子の父。時代遅れの男尊女卑の思想を持ち、娘に「女らしさ」を強いて、陽子がズボンをはきたがった時には「女の子らしい格好をしろ」と言った。人の顔色をうかがい、自分の意見が言えない陽子の人格形成の一因となった人物の一人。
原作では陽子は死んだものと見て、中々帰らない娘を案ずる妻と衝突した。「陽子が金髪の男(景麒)と一緒だった」との目撃情報から娘が不良化したと決めつけている。

中嶋律子(なかじま りつこ)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:紗ゆり

蓬莱での陽子の母。陽子に人の顔色をうかがう人格形成の一因になった人物の一人。いくらか陽子に理解を示していたものの夫には逆らえずにいた。陽子の失踪の際担任に相談をするが、この時陽子が無理をしていたのではないかと担任から突き付けられる。
優香から陽子がもう戻ってこないことを聞き、「あの子はやっと自由になれたのかもしれない」と自分に言い聞かせるように呟く。優香から「中嶋さんは帰りたかったと思います」と言われて、陽子が帰らない理由が自分たちが追い詰めたせいだとの気持ちから救われた模様。

『十二国記』の用語

十二国世界の世界観・地理

出典: ja.wikipedia.org

十二国世界の地図。

十二国世界は異次元に存在する、十二の国や数種の海から成り立つ世界である。正式名称は不明。かつては十三の州から成り、今とはまるで異なる世界であったとされる。人々が道に外れた振る舞いを続けたため、天帝は一度世界を滅ぼし5人の神、12の人以外を卵にまで戻した。これが十二国世界の創世神話である。

現在、十二国世界には神仙なる神に近い存在や、人畜に害をなす妖魔なる怪物がいる。大まかな世界観は古代中国に似る。使用文字は漢字に似ているが、少し形状が違う。文章は漢文に似るが、これもまた、古代中国語の知識を持つ東大生でも習得に時間を要するものであった。楽俊、玉葉といった名前は字(あざな)という呼び名であり、本来の名前は戸籍に本来の名前が記された姓、名から成る。子供時代だけの名前もあり、平民であっても一人の人物の呼称が複数存在するのが普通である。

十二の国には一人の王と、それを選ぶ一頭の麒麟が存在する。王の政治が正しければ国は栄えるが、間違った政治をしたり王が死んだりした場合は国は荒れていく。これは単に統率者がいなくなって人心が荒れるというのではなく、豊作が望めなくなるといった気候にも影響する為である(王がいれば儀式などを行い、天災が減る)。王のいない国には妖魔なる怪物が現れるので、王を選ぶ麒麟は大事にされる。時には「早く王を選んでほしい」と直談判する者もいる。王は神と同じ存在であり、麒麟と契約した瞬間から年を取ることも病になることもない。

互いの国を侵略することは天によって禁じられており、十二国世界では国家間での戦争というものがないが、謀反や内乱という形での争いは存在する。戦争のみならず他国への援助もまた覿面(てきめん)の罪とされる。かつて援助の為に範国に軍を送った才国の王は、麒麟もろとも覿面の罪により死ぬはめになった。これにより、才国の王、並びに麒麟が名乗る国氏の字が変わった。王や麒麟は基本的に隣国でも特別な事情がない限りは会うことはなく、招待されるなどしない限り新王の即位式に顔を出すわけでもない。貿易は行われており、自国の生産物が元で潤った国もある。

特筆すべきは生物の誕生方法である。十二国世界では、人も獣も皆実として木に実り、卵果と呼ばれる実から生まれる。
十二国世界と日本、中国は蝕と呼ばれる凄まじい力を持った現象によって繋がり、そこから十二国世界に人が流されてくることがある。十二国世界の住民は日本を蓬莱、中国を崑崙と呼んで認知しているが、蝕で流されてきた者たちを歓迎することはない。むしろ本来なら繋がっていない世界から来たとして蓬莱の者を海客(かいきゃく)、崑崙の者を山客(さんきゃく)と呼び差別することが多い。母親の腹から生まれるという誕生方法も、気味悪がられる理由の一つである。蓬莱は世界の果て、崑崙は世界の陰にあるとされる。

十二国世界は古代中国語に似た独自の言語を使用しており、海客や胎果は言葉が通じずに辛酸をなめる。仙籍という、人ではない仙になる為の籍があり、ここに籍を入れられた者は不老不死(完全な不死ではない)となり、海客であっても言葉で苦労をすることがない。陽子は景麒と誓約を済ませてから十二国世界に渡った為仙籍に入れられており、言葉での不自由はなかった(会話が可能というだけで、漢文に似た文を読むのには難儀する)。
十二国世界から蓬莱や崑崙に流されることはない(姿を保てないらしい)が、時折卵果の状態で蝕に巻き込まれ蓬莱や崑崙に流されることがある。流された卵果は、適当な既婚女性の腹に入り、妊娠、出産という段階を踏んで誕生する。こうして生まれた人物を胎果(たいか)と呼ぶ。胎果は十二国世界の住民だが、「女の腹から生まれた」という十二国世界の住民からすれば異質で不気味な誕生方法から海客、山客と同じく差別される。
全ての国は王が中心となって政を進めるが、王が不在でも優秀な官吏が代わりに政治を行うこともある。新しい王が立った場合でも「自分たちが国を守ってきた」との自負があり、王が胎果場合には、「この世界のことを何も分からない王だ」と高をくくることもある。

雲海(うんかい)

十二国世界にて、王たちが暮らす天上界と、一般人が暮らす下界を分ける海。天に水が浮いているように見える。海とされる通り潮の香りがし、波もある。天上から見ると透明でうっすら青みを帯びており、下界からは陰鬱な灰色に見える。通常、雲海は下界からは海というより雲にしか見えない。

虚海(きょかい)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents