十二国記(The Twelve Kingdoms)のネタバレ解説まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

アニメ未登場。
瑛庚の最初の妻。王宮で60年暮らし、「私はあなたが思うほど愚かではない」として去って行った。瑛庚からの援助を断り生活していたが、遂には困窮から瑛庚の名前を使い金品をだまし取る詐欺を働く。何度逮捕されても同じ罪を繰り返したのは、自分を愚か者と言った夫への当てつけと思われる。

範西国(はんせいこく)

氾王・呉藍浟(はんおう ご らんじょう)

アニメ未登場。『書簡』において、麒麟共々シルエットで登場したのみである。
現在の氾王。治世は300年。女性のように美しい美男子で、悪趣味な者や事物を嫌う。範国は気候や物資において恵まれておらず、工芸品や美術品等を他国に輸出することで国を豊かにした。貿易で栄えた為、他国の動向は常に把握している。

氾麟・梨雪(はんりん りせつ)

アニメ未登場。『書簡』において、王共々シルエットで登場したのみである。
現在の範国の麒麟。お転婆な性格。現在の字は「梨雪」だが、字は王の気まぐれでよく変えられるという。

女仙(にょせん)

玉葉/碧霞玄君(ぎょくよう/へきかげんくん)

出典: neoapo.com

声:津田匠子

楽俊曰く「女神様」であり、蓬山に住む。実際には女仙のトップに当たる。役職は碧霞玄君。慈愛に満ち、人界と天界の橋渡しとして王に助言を贈ることもある。王の即位や天勅を受ける際に同席することはない。別名を玉葉といい、麒麟からも「玉葉様」と呼ばれる。
『風の海 迷宮の岸』では、胎果ゆえに麒麟としての自信が持てずにいた泰麒を元気づけるべく景麒と会わせている。不器用さゆえに、却って泰麒の自信をなくさせたと景麒に注意を促した。
若くもあり、また年配のようでもあると評される。美貌の誉れが高く、十二国世界では「玉葉」とは美女の代名詞でもある。一般人でもこの女仙にあやかって、器量よしの娘を「玉葉」と呼ぶことが多い。その為、『十二国記』においては「玉葉」の名を持つ女性が複数登場する。このことは『書簡』にて、楽俊が陽子に鸞を介して説明している。陽子の家臣にも玉葉という人物がおり、陽子から「器量よしだったんだね」と言われた。祥瓊が里家にいた時も身分を隠す意味で玉葉と呼ばれていた(祥瓊曰く「平凡な名」)。ちなみに、故人ではあるが、楽俊の母方の叔母も玉葉と呼ばれていた。

禎衛(ていえい)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:豊口めぐみ

女仙の筆頭。自分でもいつ昇山したか覚えていないほどの古株であり、まとめ役としての風格も持つ。アニメにおいては500年前延麒が蓬山に戻って来た時点では新参者で、初めて見る麒麟(延麒)の美しさに感嘆していた。

蓉可(ようか)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:ゆかな

泰麒の世話をしていた女仙の一人。13歳で昇仙(仙となること)を決意し、誓いを立てて五穀(稲や麦といった五種の穀物)を断ち、3年間西王母の廟に通い16歳で召し上げられた過去を持つ。初めて世話をした麒麟が泰麒であった。主だった世話役として、泰麒に十二国世界について教えるなどした。泰麒に「転変が出来なくても少しもかまわない」と言い、日に日に転変や、王の選別に関する自信の無さから、元気をなくしていく泰麒を気にかけていた。陽子たちに、蓬山での泰麒の思い出を話している。

少春(しょうしゅん)

出典: neoapo.com

声:釘宮理恵

雁国の出。故郷を王に滅ぼされた。西王母廟の柱を不眠不休で支え、賛饗一千唱を行ったことで昇山した。延麒が蓬山に来た際、その世話をしていた。延麒に荒れ切った祖国の様子を見せている。

海客・蓬莱(かいきゃく・ほうらい)

海客や、蓬莱(日本)にいる人物を記す。海客とは、胎果とは違い日本で生まれた人物である。楽俊が言うには、山客(中国から来た人物)よりも海客の方が多い。海客は交わってはならない世界から来たものとして差別を受けるが、国によっては保護もする。雁国では海客の保護に力を入れている。一つには、王と麒麟が蓬莱の生まれ(胎果)である為、同じ蓬莱の出身者が文化や言葉の違う世界でも暮らしやすいように配慮していると思われる。十二国世界の言語は古代中国語に似ており、仙籍に入らない限り意思の疎通に苦労する。

浅野郁也(あさの いくや)

出典: shan.client.jp

声:うえだゆうじ

アニメオリジナルキャラクター。陽子たちと共に十二国世界に流される。陽子とは幼馴染み。優香と付き合っている。陽子、優香と共に十二国世界に渡る。巧国で崖から転落し、長らく行方不明だった。『風の万里 黎明の空』で再登場。仙籍に入っていないため十二国世界の住民と言葉は通じなかったが、旅芸人一座にて経理などをしていた。言葉は通じないが、郁也が暴れたりせず、金を持ち逃げするわけでもなかったのでと旅芸人の一座に置いてもらっていた形となる。

妖魔の存在や言葉が通じないことなど、蓬莱とは違う世界観により情緒不安定となる。十二国世界に来た理由を自分なりに探し、一種のゲームと捉え自分のゲームを終わらせることを支えにするようになった。鈴が慶国に向かう途中で出会い、鈴と共にいた清秀の村が蝕で失われたと聞いて世界に恨まれているとの恐怖を抱く。清秀に自分が憎いかと尋ね、「何?分かんねえよ」と言った清秀の言葉が分からないこともあってその場から逃げ出した。郁也を追おうとした清秀の死の遠因を作ったとも言える。
清秀の死後は鈴と別れて昇紘に保護された(昇紘は仙籍にある為、海客の郁也とも会話ができる)。縋る物がない状況の中で昇紘に従い、小司馬共々慶国の里家を襲撃する。桂桂と清秀を重ね合わせ、清秀や世界に恨まれているとの恐怖心から彼を狙撃した。昇紘の別邸に身を寄せていたが、そこにやってきた陽子と再会し、それまでの経緯を聞く。昇紘に従っていることを咎められ陽子の命により、昇紘の部下として捕縛される。
その後、別の場所に移されて、鈴を通じて陽子が危険である旨を桓魋らに知らせようとした。桓魋の下に向かう道中で小司馬に出くわし、彼に平伏しなかったため殺される。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents