十二国記(The Twelve Kingdoms)のネタバレ解説まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

文姫(ぶんき)

アニメ未登場。
先新の末の娘。文公主(ぶんこうしゅ)と号される。十二国世界で初めて入院の制度を作り、難民を救済する施設である保翠院を作った。このことは、『風の万里 黎明の空』で楽俊の口から民のために働く公主の一例として語られている。

柳北国(りゅうほくこく)

柳北国とは、十二国世界の国の一つである。またの名を柳国、もしくは柳。王が在位中であるが、国の上空に妖魔が出るとされる(王が在位も国には妖魔が出ないのが、十二国世界の常識である)。『風の万里 黎明の空』において、楽俊がこの国を見に行こうとしていた(原作では、延麒に頼まれて柳国の調査に向かった)。楽俊曰く、柳国は法治国家で管理を戒める法が多い。しかし実際には賄賂をもらう者もいる。

劉王助露峰(りゅうおう じょろほう)

出典: matome.naver.jp

劉王と麒麟。

アニメ未登場。
正確には『書簡』において、麒麟共々シルエットのみ登場している。現柳国の王。治世は120年ほどだが、政治への関心を失ったかのような言動が増えた。元は地元で評判がいいものの、中央では知られていない地方役人。昇山はしていない。

劉麒(りゅうき)

アニメ未登場。現柳国の麒麟。
『書簡』において、王共々シルエットでのみ登場しており、本編には登場していない。今の王を選び出すのに20年かかったとされる。王が昇山をしていないので、蓬山の外に王気を求めていったと思われる。

頑丘(がんきゅう)

アニメ未登場。
生まれは柳国。元は黄海で騎獣を狩る朱氏(雇い主のいない朱民。朱民とは、定住をせず諸国をめぐる浮民のこと)だった。珠晶が昇山をする際、黄海の護衛である剛氏として雇われる。
他者に理解されずとも構わないという達観した性格。珠晶とは「もし珠晶が王でなかったら頑丘の弟子にする、王になったら頑丘を臣下、或いは黄海での護衛とし、時折騎獣を届けに来る」といった約束をしていた。

瑛庚(えいこう)

アニメ未登場。
秋官の司刑(裁判官のようなもの)。感情を表に出すことが少ない。凶悪な罪人の処遇についての処遇に悩む。政治に関心のない王からは「司法に任せる」と言われており、勅命で禁じられている死罪を復活させるかどうか悩んでいた。死罪が復活すれば、秋官にある者がその権限を乱用すると危惧した為である。
50歳前に地官から州官となり、仙籍に入る。二度結婚しており、初めの妻の恵施が起こした詐欺事件の醜聞の責任を取るために仙籍を返上して職を辞した。下界に下りている間に清花なる女性と出会い結婚。下界に下りてから3年目、再び国から呼び戻される。
恵施との間に二男一女がいたが、長男と長女は瑛庚が仙籍に入った時には家庭を持っていたために地上に残り、父に先立ち亡くなっている。共に仙籍に入った次男は後々茅州なる土地の州官となった。清香との間には娘が一人いる。

蒲月(ほげつ)

アニメ未登場。
天官宮卿補(補佐官。天官は宮中行事を取り仕切る)。瑛庚の孫に当たる。

率由(そつゆう)

アニメ未登場。
秋官長司刺(罪人に情状酌量の余地があれば申告し、減罪を申し立てる)。死罪の復活が権限の濫用に繋がると怖れる瑛庚に対し、「罪なき者のためにこそ、死罪は必要」「罪人は罰せられると考えれば民も安心するでしょう」と述べている。

淵雅(えんが)

アニメ未登場。
柳国の太子。元は地官長を務め、今は秋官長。頑固な性格で、一度決めたことは決して変えようとはせず、どんな批判や撤回も受け付けない。この性格により、臨機応変に治められるべき政治に対応できず、現実を無視したような正論で部下を困らせることも多々ある。決して無能というわけではないが、周囲によれば自分の意見というものがない人物で、父王が決めたことを自分の決定であるかのように振る舞うことも多い。時々王が決定を覆すことがあるが、それを諫めようにも才覚や自分の意見を持たないため、うまくいった事例は皆無とされる。一部からは劉王以上の劉王と呼ばれるほどに尊大だが、父への対抗心が根底にある。

狩獺(しゅだつ)

アニメ未登場。
複数の州で強盗殺害を行い、裁きを受けている。均州での刑期を終えて、市井に放たれた半年後またも凶行に手を染める。二年間で16の事件を起こし、23名の犠牲者を出した。自らの行った悪事を認めはするものの、反省は全くしておらず、自分から死罪を望む。長らく死罪を用いなかった柳国だが、狩獺の起こした事件は残虐なもので、民の間から死罪を望む声が高く出て、司法官を悩ませることとなる。死罪にする、しないという結論はなかなか出ず、狩獺に更生の余地があるか否かに焦点となった。更生を拒むことが、刺青をして罪人を差別する司法に対する狩獺の復讐ではないかというのが、瑛庚の見立てである。

駿良(しゅんりょう)

アニメ未登場。
柳国の都である芝草に住む8歳の少年。明るく元気な子であったが、わずか十二銭(桃を買う金)を奪う為に狩獺に殺された。この時、狩獺は十分すぎるほどの大金を持っており、十二銭を奪う必要はなかった。駿良の事件は、狩獺と彼の悪事を非難する象徴のように語られる。

恵施(けいし)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents