十二国記(The Twelve Kingdoms)のネタバレ解説まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

楽俊の母

声:滝沢久美子

楽俊を上庠(学校のような場所)に入れるために夫の給田を売り、小作人として生活していた。何もかも売り払ったが、楽俊の学問の為、夫の残した書物だけは売らなかった。息子と同じく優しく穏やかな人物であり、人間不信に陥っていた陽子の心を癒す。『書簡』では、陽子が単身楽俊の母の元を訪れている。この時、陽子が王であることは楽俊から手紙で伝えられていたはずだが、平伏はしなかった。陽子自身も楽俊の友人として彼の母を訪れた為、王位についたことなどは話していない。楽俊曰く「しっかり者」。雁国の大学で賄いとして雇ってもいいとの話がついているとは楽俊の談。

達姐(たっき)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:津田匠子

巧国の人物。陽子、優香、郁也に家に押し入られるが、陽子らに夫の服を与えるなどした。これは親切心ではなく陽子、優香を母の経営する娼館に売ろうとしたためで、陽子の人間不信の一因となる。

松山誠三(まつやま せいぞう)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:渡部猛

1945年7月29日、空襲の最中蝕に巻き込まれて十二国世界に流されて来た海客。初めは慶国で戸籍を得ていたが、予王の死に伴って国が荒れたため巧国に逃れる。郁也から終戦の日を知らされてあと半月で戦争が終わったのに、こんな言葉も通じない世界に流されたと嘆いた。この時、近隣に住む十二国世界の住民から「わけのわからない言葉(日本語)で喚くな」と言われている。この住民の言葉を通訳した陽子に、「お前は何者だ」と口にした。陽子は、誠三とのやりとりから、十二国世界の言葉が中国語に似ているものの、すぐに理解できるものではないことなどを知る。
当初は同じ海客として親切にしたが、役人に陽子たちのことを知らせ、逮捕させた。役人に知らせたのは、陽子が十二国世界での言葉に不自由しないのを妬んでのことである。

恭州国(きょうしゅうこく)

恭州国は十二国の一つである。別名恭国、または恭。現在の王は供王・珠晶、麒麟は供麒。王が討ち取られ国が荒れつつある芳国に最も近い国であり、難民が一番押し寄せる可能性が高い。
先王が斃れた後一時国は荒れたが、珠晶の即位後90年に至る今は落ち着いている。

供王・珠晶(きょうおう しゅしょう)

出典: ameblo.jp

声:山崎和佳奈

見かけは少女だが、その治世は90年に及ぶ。『風の万里 黎明の空』に登場。峯王・仲達が謀反で殺された後、その娘・祥瓊の身柄を引き取り、責任というものを思い知らせる為に下女の一人として扱った。
仲達を討った月渓に仮王として王の責務を任せ、文句が言う者がいたら「供王が玉座を勧めた」と主張するよう進言する。その理由は芳国の為というより、自国に難民が押し寄せないようにする為であった。
峯麟も討たれた今、芳国には王どころかそれを選ぶ麒麟もおらず、いつ新しい王が立つか分からない。それを知ったら芳国の民が絶望して一番近い恭国までやって来るというのが供麒に話した、月渓に仮王を任せた理由である。仮王がいれば民は国が乱れることはないと思い自国に留まる上、月渓に対して王を討った以上は玉座に就く気概は持ってほしいと供王は考えていた。
祥瓊が装身具を盗んで逃げた時には、女王の衣裳部屋の管理が女性にとって誘惑の多い仕事であること、それでも祥瓊以外誰も盗みを働かなかったことを知る。その上で責任者を咎めることはせず今までの労をねぎらい、今後の続投を託した。
自分にも他人にも厳しく、祥瓊にも「あなたが嫌い」とはっきり言い、供麒を平手打ちすることもある。しかしいずれも理由があってのことである。王が恵まれた暮らしができる理由を熟知しており、祥瓊が仕事が辛いと逃げた時には、祥瓊を憐れむ供麒に「仕事が辛いと駄々をこねて物を盗んで逃げた者を憐れむことは同じ仕事をきちんとこなしている者への侮辱」だとして怒っていた。供麒をぶったのも、供麒がいきなり公主から下働きに落とされたという点で、供麒が祥瓊を哀れんでいた為である。
初めは祥瓊を追わせたが、彼女が反省し謝罪を申し出ていることを知ると「祥瓊を国外追放した時点でこの件は済んでいる。二度と自分の国に入るな」として放免した。

王となった経緯は原作で描かれている。即位前から豪商の娘として何不自由なく暮らしていたが、周囲が困窮する中、自分たちだけがいい思いをすることをよしとはしていなかった。しかし誰かに施しをしたら見下していると思われる上、自分たちの食いぶちを減らしても、父の懐に金が残るだけで何も残らない。大人たちの中に誰も国を託せるものがいないとして、12歳で昇山を決意した。あらゆる苦難があったが、蓬山に着く前に供麒に迎えられて王になった。
「王は自ら斃れるもの」とし、この世界での王の責務を熟知している。祥瓊を嫌っていたのは父王の政をたしなめる分別や何の覚悟も持たずに遊び暮らしていたため。

供麒(きょうき)

出典: 12kingdoms.fandom.com

声:大川透

恭国の麒麟。大柄でがっしりしているが、供王に対し強く出られないこともあってか、気弱な印象を与える。麒麟の性質である仁を体現したような、他者を憐れむ性格。優しすぎるが為に、時に憐れむべき相手を間違えるなどして、供王に頬をぶたれたり馬鹿呼ばわりされたりもする。作中において供麒は、公主であった祥瓊が仙籍に入れぬ下女として扱われることを哀れに思い、祥瓊の処遇を決めた供王に控えめながら苦言を呈していた。この件に関し、供王からは父王を諫めず遊び暮らしていた祥瓊よりも、王の一家を恨まずにいられなかった芳国の民こそ憐れめと言われた。

相如昇(そう じょしょう)

アニメ未登場。
珠晶の父。恭国の豪商で、あくどいやり口で儲けている。別名は万賈だが、これは「扱わない品はない」との意味である。珠晶に家庭教師をつけて商売のことばかり教えさせていた。珠晶を溺愛していたが、彼女自身からは見限られている。

室季和(しつ きわ)

アニメ未登場。
珠晶と共に昇山した人物の一人。剛氏(昇山の護衛を行う専門職)を連れず、自らの供を大勢連れていた。昇山で黄海を渡る際に、剛氏のやり方をまねてみたものの、それはうわべだけであり意味までは理解していなかった。一見物分かりの良い老人に見え、珠晶にも優しく接したが実際には思い込みが激しく都合の悪い忠告は軽く見る。剛氏に忠告されていたにもかかわらず妖魔の縄張りに入り込み、妖魔に襲われた。その際、供や荷物を捨てて逃げ出した。自分を王の器と信じて疑わない。

鉦担(しょうたん)

アニメ未登場。
室季和の家生(浮民の別名。住み込みでの下働きをさせられる)。室季和の追従をしていたが、置き去りにされる。そこを珠晶に見つけられて彼女の指揮で妖魔と戦う。

聯紵台(れん ちょだい)

アニメ未登場。
珠晶と共に昇山した人物の一人。生まれは恭国だが、雁国で商売を行う。自力での昇山を目指し、剛氏も雇わない。やや頑固だが、真面目で好奇心が旺盛。同じく郷氏の力を借りず昇山を目指すグループのリーダーとなった。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents