十二国記(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

声:野島健児

『風の万里 黎明の空』に登場。虎嘯の弟。実質的に兄の宿を経営するのは夕暉である。虎嘯を考えなしと称したが、互いに想い合っている。明晰な頭脳の主で、細かい点での立ち回りが苦手な兄のサポート役とも言える。弓矢を得意とし、武器として使用する。

達王(たつおう)

かつての慶国景王。長らく王がおらず、荒廃した慶国を建て直し、300年に渡り統治したとされる。名君とされるが、末期には民を苦しめた。これは数百年国を治めることに耐えられず精神が破綻するという、長い在位期間を経てきた王によくある現象である。
達王の後、慶国には名君が現れず、無能な女王が続いたこともあり男性である達王を懐かしんで「懐達(かいたつ)」と呟く者もいる。この呟きにより、陽子は自分の至らなさ、頼りなさを痛感することとなる。「懐達」の言葉だけではなく、景王の象徴とも言える水禺刀を作るなど、慶国に与えた影響は大きい。

丕緒(ひしょ)

アニメ未登場。
悧王の時代から始まり、5人の王に仕える。十二国世界に存在する射儀(弓矢を使った儀式)で使う陶鵲(※)を作る羅氏(※)。師匠ともいえる祖賢から、「陶鵲は民を表す」との考えを受け継ぎ、予王即位の際は、予王に民の想いを知ってもらおうと自分が作った陶鵲の中に赤い玻璃を入れて、割れた時まるで血が飛び散ったように見える細工を施した。予王が国政から離れて引きこもるようになったのには、一つにはこの陶鵲が遠因であった。

※「とうしゃく」と読む。王の即位式などの射儀に使う鳥を模した的。かつては本物の鳥を使っていたが、いつからか陶製のものが使われるようになった。陶の鵲を使うのは、一つには麒麟が殺生を嫌うとの理由がある(麒麟は現在この儀式に参加しない)。今では陶鵲と同じ数の鳥を庭に放すことになっている。
※「らし」と読む。陶鵲の製作を発注したり指揮をする役職。国政には関わらない。射儀を取り仕切る射鳥氏(せきちょうし)もいるが、羅氏が射儀を仕切ることもある。

祖賢(そけん)

アニメ未登場。射鳥師(陶鵲を作る職人)の一人。温厚で、どこか無邪気な印象を与える老人。射鳥師として名高く、丕緒をはじめ多くの弟子を抱えていた。悧王の豹変の後、突如逮捕される。

蕭蘭(しょうらん)

アニメ未登場。
丕緒の幼馴染みで、陶鵲を作る女職人。予王の女性追放令に対しては悠長にとらえていたが、結局は捕らえられそのまま行方不明となる。凌雲山から梨を投げ込む蕭蘭の姿を見て、丕緒は「蕭蘭がこの国のことを考えていない」と思っていたが、実際には、蕭蘭は目の前にある自分たちの仕事をこなすことに力を注いでいたのだった。蕭蘭が投げた梨からは花が咲き、蕭蘭のしたことが無駄ではなかったことを丕緒に知らしめることとなった。梨を投げ込むことは民が日々行う仕事のようなもので、目の前の仕事に打ち込むことは無駄ではないとの意味である。丕緒は、内に込められた蕭蘭の意図に気付こうともしなかったのだ。

青江(せいこう)

アニメ未登場。蕭蘭の弟子。蕭蘭が現実を見ていなかったとする丕緒に対し、「現実を真正面から見なかったけれど、現実を拒んでいたわけではない」と告げた。蕭蘭が持っていた陶鵲に関する陶鵲のアイデアを丕緒に伝える。

悧王(りおう)

アニメ未登場。
陽子から数えて4代前の景王。治世が60年を過ぎた頃、突如暴君となり、官吏につらく当たったり他者を陥れる言葉にしか耳を貸さなくなったりしたとされる。到底、無理としか思えぬ難題を官吏に拭掛けることも増え、異常に忠誠の印を求めたという。一説によると、太子を暗殺されて豹変したと噂される。

薄王(はくおう)

アニメ未登場。
陽子から数えて3代前の慶国女王。王政に興味を持たず、贅沢にふけったとされる。

比王(ひおう)

アニメ未登場。
先々代(予王の一代前)の慶国女王。薄王のように贅沢はしなかったが、自分の命令どおりに官吏が動くことを楽しみ、権威を弄んでいた。

蓮花(れんか)

アニメ未登場。
予王による女性追放令で故郷を焼かれ家族を失う。雁国に向かうため、街の生き残りと共に、航路である麦州に向かう途中で幼馴染みの明珠が自殺。麦州への道中で予王の崩御を聞く。皆故郷に戻ろうとする中、蓮花はこれ以上周囲に流されるのは嫌だとし、摂養なる街にとどまった。現地の人々に槐園という観測所で下働きの職を得る。
槐園の人々の浮世離れしたような生活に戸惑いながらもそれに慣れて言った頃、偽王と噂される舒栄の軍勢に襲われる。蓮花は、嘉慶ら槐園の人々が街を焼かれても何もしないと罵るが、嘉慶から「自分たちは暦を作ることしかできないし、それをしないといけない」とした。街は焼かれたが大した抵抗をしなかったことで他所よりも被害は少なくて済んだ。自分の役目に従事するとの摂養の考えにならい、今は嘉慶の配下の手伝いをする。

嘉慶(かけい)

アニメ未登場。
摂養郡の保章氏(暦の調整などを行う職)。槐園という園林で、農家や下働きの者たちと暦を作る。研究や職務に没頭するあまり、蓮花や部下を絶句させることもしばしばあった。自分たちが世間に対してできるのは、暦を作るくらいだが、それが市井にとって重要であることを理解している。

雁州国(えんしゅうこく)

雁州国はまたの名を雁国、もしくは雁という。先王たる梟王時代の末期には政治が乱れて国が荒れていた。現在の王、並びに麒麟は共に蓬莱で育った胎果である。難民の受け入れ制度が他国よりもしっかりとしており、海客であっても仕事を見つけて一定期間働けば戸籍を得られる。海客に対する差別意識が比較的低く、受け入れ態勢が盤石な為、楽俊は陽子を雁国に連れて行った。戸籍を得るまでは補助を受けることもできる。役所では海客相手に日本語を話せる職員を置き、電話番号や郵便番号を聞く。海客の受付の情報はやや古いもので、優香が自身の郵便番号を告げた際「何故郵便番号が7桁なのか。海客のふりをして保護を受けるつもりか」と食って掛かられた。
名君が治める国として奏国と並び称される。楽俊曰く「奏国は安穏とし、雁国は活気がある」。実際、街は巧国よりもにぎわっていた。

延王・尚隆(えんおう しょうりゅう)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents