十二国記(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

声:寺内よりえ

陽子が即位した当初の世話係。予王の時代に罷免された過去を持つ。しかし悲観はせず、これを機会に各地に遊学していた。『書簡』では陽子と共に楽俊の声を録音した鸞(声を吹き込まれて、それを伝える鳥)の報告を聞いている。
『風の万里 黎明の空』では采王の使者を名乗る鈴の来客応対をした。

予王(よおう)/舒覚(じょかく)

声:藤田淑子

慶国の先王。元は舒覚の名で、商家の娘だった。玉座を受け入れたのは景麒に惹かれてのことで、王としての手腕や度量はまるでなかった。実際即位した直後は王としての責務を果たそうとしたものの、官僚たちとの戦いで次第に政治への関心を失っていった。王位を返上すると泣くなど、弱い心根の主でもあったらしい。
また景麒は一目で舒覚が王だと分かったが、同時に名君になるには何かが決定的に欠けていることも感じ取ったと泰麒に語っている。予王は、不器用ながら自分をサポートしてくれる景麒に対し、恋にも似た感情を抱いた。景麒に執着するあまり女官など女性の家臣に嫉妬を感じ、「家臣に女はいらぬ」と女官をことごとく罷免した上、遂には国中から女性を追い出そうとした。これにより景麒が失道の病にかかり、景麒を救うべく自ら退位して蓬山で崩御したとされる。「予王」という名称はおくり名である。
景麒は舒覚を選んだものの、名君となるには多大な努力が必要だとも感じていたと、後に泰麒に話している。

舒栄(じょえい)

出典: neoapo.com

声:小山茉美

予王の妹。姉に代わり王位についていたが、正式なものではない偽王(ぎおう)である。呪具で景麒を縛りつけ、自身が麒麟に選ばれたと国民に思い込ませていたが、呪具を外された景麒が陽子の側についたことから化けの皮が剥がれる。
舒栄が玉座を欲したのは単なる権力欲ではなく、自分よりも容姿や頭脳に劣る姉が王に選ばれたことへの不満が元であった。姉を惑わせた景麒への恨みもある。予王が在位の時には政治に関心を持たなくなった姉を助けていた。

座長(ざちょう)

出典: neoapo.com

声:竹口安芸子

鈴、陽子、郁也が出会い、彼らを保護していた旅芸人一座の座長。原作では複数の一座が登場するが、アニメでは同じ一座である。
一時陽子を一座に入れて匿い、雁国まで連れて行った。鈴が一座に加わった時は幼く、仙になった鈴と100年ぶりに再会した時に「海客のお姉ちゃん」と声を上げている。郁也と鈴を引き合わせた。

飴売り玉葉(あめうりぎょくよう)

出典: neoapo.com

声:金田朋子

旅芸人一座の少女。幼いながら飴細工を得意とし、それで生計を立てている。母も一座にいる為、孤児というわけではない。優香に十二国世界の創世神話を話した。

微真(びしん)

出典: neoapo.com

声:紗ゆり

飴売り玉葉の母。人間不信状態だった陽子に優しく接した。原作にも登場するが、名前はアニメオリジナルである。

黄鉄(こうてつ)

出典: neoapo.com

声:中田譲治

一座の一員。かつて役人に追われた際、妹を死なせた過去を持つ。妹を守り切れなかった自責の念があり、役人から逃げおおせた陽子に冷たく接した。後に陽子と和解をし、雁国まで行くのを助けた。

遠甫(えんほ)

出典: youchiki.com

声:西村知道

達王に仕えていたとされる人物。松伯(しょうはく。かつて王に仕えていた仙を飛仙と呼び、自力昇山をした伯位以上の者は「伯」の呼び名をつけられる。「松」は達王に仕えていた頃に老松と呼ばれていた名残り)とも呼ばれる。
達王崩御の後は松塾を開き、世界・人道の理について教えていた。松塾の生徒には、他国から学びに来る者も多く、中には浩瀚のような道に優れた者もいた。かつて松塾は靖共の部下により襲撃を受け、焼き討ちされた。遠甫はその頃、景麒により里家で閭胥(ちょうろう。里家をまとめる立場)を務めていた。陽子はお忍びで遠甫の元を訪れて、国を治めることやその根底にある人道を学ぶ。
『風の万里 黎明の空』では昇紘の部下の小司馬が放った刺客に捕らえられる。和州の乱が治まった後は陽子に乞われて王宮にて、王の教育係である太師となる。

蘇蘭玉(そ らんぎょく)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents