BAND-MAID(バンドメイド)の徹底解説まとめ

メイド服に身をまとい渋谷を拠点として活動する5人組ガールズバンド・BAND-MAID。
その可愛らしい見た目とは裏腹に、激しいロックを演奏することで話題となっている。
ハードロックを基調としたツインボーカル、確固とした技術が織りなす重厚なサウンドで、日本のみならず海外からの人気も高い。
2017年には初のフルアルバム『Just Bring It』をリリースし、ライブ活動も精力的に行っている。

概要

2013年7月、MIKUがバンド結成を思い立ち、KANAMI、AKANE、MISAがその話に乗り、バンド活動を始めた。
7月24日には、大塚DEEPAで開催された『PPBAND AUDITION』で初めてのライブを行った。
8月22日には、SHIBUYA-AXで開催されたライブイベント『P祭』に参加する際、SAIKIが加入する。
5人組となり、BAND-MAIDRとして活動を開始した。

2014年1月、1stミニアルバム『MAID IN JAPAN』をリリースした。
2月には、初めての単独ライブ『MAID IN JAPAN』をshibuya Milkywayで開催した。
8月、1stシングル『愛と情熱のマタドール』をリリースした。
年末、1stシングルのカップリング曲『Thrill』のMVをyoutubeに公開したところ、ジャパニーズロック専門の海外ウェブラジオ局『Jrock Radio』が紹介したことで、海外からの注目を集めるようになった。
2015年11月、2ndミニアルバム『New Beginning』をリリースした。

2016年3月、、アメリカのシアトルにて開催されたイベント「Sakura-Con」で、初めての海外ライブを行った。
4月、バンド名から“R”を取り、BAND-MAIDとなった。
5月、ミニアルバム『Brand New MAID』をリリースし、メジャーデビューを果たした。
5月末には、イギリス最大のポップカルチャーイベント「MCM COMIC CON」にてライブを行った。
6月から9月にかけて、初の全国ツアーを開催し、10月から11月は世界8か国9公演のワールドツアーを開催した。

2017年1月、初のフルアルバム『Just Bring It』をリリースした。

メンバー

小鳩 ミク(こばと みく)

通称、MIKU。
ボーカル、ギターを担当している。
バンド結成の中心的人物である。
ギターを始めたのはバンドを結成してからである。
好きな歌手は天童よしみ・松田聖子・椎名林檎、バンドでは東京事変。

彩姫(さいき)

通称、SAIKI。
ボーカル担当。
バンドに入るまではソロシンガーとしてデビューを目指していた。
歌を始めたきっかけは安室奈美恵で、ボーカルスタイルやステージ上での立ちふるまいなどを参考にしている。

遠乃 歌波(とおの かなみ)

通称、KANAMI。
ギター、コーラスを担当している。
また、バンドの楽曲のほとんどを作曲している。
シンガーソングライターとして活動していたが、リードギターをやってみたかったのでバンドに加入した。
3歳からピアノを始めて、20年以上習い続けている。

廣瀬 茜(ひろせ あかね)

通称、AKANE。
ドラム、コーラスを担当している。
幼稚園の頃からピアノを、吹奏楽部ではトロンボーンを担当するなどクラシック系の音楽をやっていた。
18歳になってドラムを始めた。
好きな音楽ジャンルはパンクやメロコア、邦楽ロック。一番影響を受けたアーティストはマキシマムザホルモン。

ミサ(みさ)

通称、MISA。
ベース、コーラスを担当している。
3歳からピアノを始め、中学生からギターをやっていた。
高校生の頃にスマッシング・パンプキンズをきっかけにベースに転向した。
好きな音楽はブリット・ポップ、UK/USロック。

アルバム

『MAID IN JAPAN』

1,Be OK
2,Ever Green
3,KEY
4,By My Tears
5,Knockin' on your heart
6,Big Dad
7,夜明け前
8,Forward

2014年にリリースされた1stミニアルバム。
スタンダードなハードロックにポップさを加えており、聞きやすい楽曲が多くなっている。

『New Beginning』

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents