機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。
宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

『機動戦士ガンダム00』の概要

『機動戦士ガンダム00』とは、2007年10月6日から2008年3月29日にファーストシーズン、2008年10月5日から2009年3月29日にセカンドシーズンが放映されたオリジナルテレビアニメーション作品である。
ほかの『機動戦士ガンダム』シリーズとは世界観が違うため、過去作の機体などは登場しない。ファーストシーズンのキャッチコピーが「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」、セカンドシーズンが「その再生を破壊する」となっている。
監督は『シャーマンキング』や『鋼の錬金術師』でも監督を努めた水島精二監督、脚本は『スクライド』や『無限のリヴァイアス』を担当した黒田洋介が起用されている。

『機動戦士ガンダム00』のあらすじ・ストーリー

西暦2307年、大国AEUの新型モビルスーツが公開演習中に所属不明のモビルスーツに襲われる。その後、モビルスーツ「ガンダム」を所有する武装組織「ソレスタル・ビーイング」が犯行声明を発表。ガンダムマイスターである刹那・F・セイエイ、ロックオン・ストラトス、アレルヤ・ハプティズム、ティエリア・アーデが操る4機のガンダムによって世界中で起こっている戦争行為に武力介入し、戦争根絶を目指すことを宣言した。
4機のガンダムは独自のエネルギーシステム「GNドライブ」によって稼働しており、軍が所有するモビルスーツに対して圧倒的な力の差を見せつけながら武力介入をし続けた。時には人命救助もおこなう「ソレスタル・ビーイング」の動きに世界は混乱、彼らをテロと罵るものや逆に正義だと持ち上げるものなど賛否両論の状態が続いた。
そんな中、各国家は強大な力を持つガンダムを手に入れようと様々な作戦を実行。エースパイロットを用いた電撃戦や傭兵による陽動作戦などを行うが失敗する。ついに各国家は合同軍事演習という名目で力を合わせてガンダムを鹵獲する作戦を決行する。その物量の差に「ソレスタル・ビーイング」は敗北間近まで追い詰められるが、新たに登場した「トリニティ」というガンダムチームの活躍によって難を逃れる。「トリニティ」は「ソレスタル・ビーイング」よりも過激な武力介入を始め、その最中に刹那の知り合いである沙慈・クロスロードの彼女、ルイス・ハレヴィが「トリニティ」の攻撃に巻き込まれてしまい家族親戚と自身の左腕を失ってしまう。この過激な武力介入に「ソレスタル・ビーイング」反発、「トリニティ」と決別し敵対行動を取る。しかし、「ソレスタル・ビーイング」の後ろ盾をしていた1人、アレハンドロ・コーナーが裏切り「GNドライブ」を模したシステム「疑似GNドライブ」が国連軍の手に渡ってしまう。
「疑似GNドライブ」によって強化された国連軍のモビルスーツに苦戦する「ソレスタル・ビーイング」。「トリニティ」もアレハンドロ・コーナーの手によって始末されてしまい、「ソレスタル・ビーイング」の作戦の要であった演算コンピュータ「ヴェーダ」もアレハンドロ・コーナーに奪われてしまう。
八方塞がりとなりつつも「ソレスタル・ビーイング」を組織した故人、イオリア・シュヘンベルグが隠していたシステム「トランザム」を駆使して国連軍との戦いを続けていく「ソレスタル・ビーイング」。
死闘の末にアレハンドロ・コーナーを倒すことに成功するも、「ソレスタル・ビーイング」は壊滅的な打撃を受けて離散してしまう。

西暦2312年、各国家は地球連邦としての統一を果たし、世界は1つにまとまりつつあった。しかし、裏では独立治安維持部隊「アロウズ」によって、反連邦主義や思想への弾圧や虐殺が行われており、未だ平和には程遠い現実があった。不運にも反政府戦力としてアロウズに捕らえられていた沙慈・クロスロードは1期の際に同じマンションの隣人として知り合っていた刹那と偶然再会を果たす。刹那は、彼を救出し満身創痍のガンダムで戦うが、すでにアロウズの機体は従来のガンダムの性能を超えており、苦戦を強いられる。
そこに水面下で活動していた「ソレスタル・ビーイング」が到着、危機を脱する。その後、刹那は新たなガンダム「ダブルオーガンダム」を操り再び世界に武力介入を開始する。一行は戦いの中で反連邦組織「カタロン」と合流するが、沙慈は反発し、そこを連邦正規軍に拿捕されてしまう。このことが原因で「カタロン」は「アロウズ」により襲撃され、壊滅してしまう。この行動を「無自覚な悪意」だと沙慈はティエリアに責められ、戦いから目を逸らし続けてきた彼はその償いのために「ソレスタル・ビーイング」に同行する決意をする。
そして刹那たちは調査の末、「アロウズ」を影で操っていたのは、「イノベイター」を自称するイオリアの真の計画を進めるために生み出された人工生命体「イノベイド」たちであることを突き止める。倒すべき敵を見つけたものの、「アロウズ」は日増しにその力を強め、ついには衛星兵器「メメントモリ」によって、中東の一国を滅ぼすほどになっていた。沙慈は戦いの中で「ダブルオーガンダム」の支援機である「オーライザー」のパイロットとなり、ダブルオーとの合体を成功させて刹那の危機を救う。しかし、直後の謎の現象により沙慈・クロスロードのガールフレンドであるルイス・ハレヴィが家族の復讐のために「アロウズ」に所属していることを知る。激しく苦悩する沙慈だったが、彼女を救うことと無意味な戦いを止めるための「守るための戦い」をすることを誓った。
「メメントモリ」の破壊に成功してから数日が経った頃、連邦内でクーデターが起こる。市民6万人が人質にとられ、アフリカの軌道エレベーターが占拠される。彼らの目的は人質たちにアロウズの蛮行を伝え、真実を世に知らしめることだった。しかし「アロウズ」は真実が公表される前に、秘密裏に建造していたもう1基の「メメントモリ」で、人質ごと軌道エレベーターを破壊し隠滅を図る。刹那たちは再び「メメントモリ」の破壊に向かうも、破壊直前に「メメントモリ」の攻撃が放たれてしまい、軌道エレベーターの崩落が始まってしまう。この攻撃によって地表に無数の破片が落ちる事態となってしまうも全ての勢力が協力して破片落下阻止に当たった。後に「ブレイク・ピラー」と呼ばれるこの事件は反連邦勢力の仕業として公表され、アロウズは強硬な姿勢を強めていくが、その一方で皮肉にも人々の意思は1つとなっていた。
「ブレイク・ピラー」事件から4か月が経ち、「ソレスタル・ビーイング」はアロウズ・イノベイター勢力の打倒と「ヴェーダ」奪還のために動き出す。「カタロン」や決起した連邦正規軍と共に「アロウズ」と「イノベイター」勢力との最終決戦が行われ、ダブルオーの活躍によりヴェーダは奪還され、ルイスも憎しみの感情から解き放たれた。最後は「イノベイター」を指揮していたリボンズ・アルマークと刹那の一騎打ちとなり、見事勝利を収める。

『機動戦士ガンダム00』の登場人物・キャラクター

刹那・F・セイエイ

CVは宮野真守。本作の主人公であり、純粋種のイノベイター。2291年4月7日生まれで1期の時点では16歳。
中東クルジス共和国出身で本名はソラン・イブラヒム。登場機体は「ガンダムエクシア」「ダブルオーガンダム」など。
かつては少年兵として戦争に参加しており、信仰のために両親を殺害している。戦争の際に「0ガンダム」に危機を救われたことがあり、ガンダムを「戦争行為の根絶を体現する機体」と定義している。
当初は無口であったが、他のガンダムマイスターや住んでいたマンションの隣人である沙慈・クロスロードとの会話を通じて少しずつ打ち解けていく。2期ではガンダムマイスターの実質リーダー的存在となっており、エースパイロットとして活躍する。

ロックオン・ストラトス

CVは三木眞一郎。1期ではニール・ディランディのコードネームであったが死後、瓜二つの弟であるライル・ディランディがコードネームをそのまま受け継いだ。
1期ではニール・ディランディが遠距離狙撃主体のガンダム「ガンダムデュナメス」に搭乗して刹那やティエリアの援護を主におこなっていたが、物語の後半で両親の敵に遭遇し前線での戦闘が増える。その後、疑似GNドライブによって強化された国連軍の攻撃からティエリアをかばったために効き目である右目を負傷、その状態で両親の仇との決戦をおこない相打ちという形で死亡した。
2期では刹那がライル・ディランディをソレスタル・ビーイングのメンバーとして勧誘し、兄であるニール・ディランディと同じコードネームを与えられる。機体は同じく遠距離狙撃主体の「ケルディムガンダム」を使用し、味方の援護をおこなった。物語の途中でイノベイドであるアニュー・リターナーと恋仲になるもリボンズ・アルマークの策略によって殺され、敵への怒りを募らせていった。最終決戦ではニールとの戦いで死んだと思われていた両親の仇と対峙、満身創痍になりながらも勝利した。

アレルヤ・ハプティズム

CVは吉野裕行。1期では19歳。使う機体は可変機体である「ガンダムキュリオス」「アリオスガンダム」。戦争孤児であり、「超人機関」という組織に拉致され人体実験を受けており、その頃は「被験体E-57」と呼ばれていた。
その過程で記憶を失っており、同じ組織の中で出会った少女のマリーから「アレルヤ」という名前をもらう。その後、研究施設を抜け出し紆余曲折を経てソレスタル・ビーイングのガンダムマイスターとなる。
人体実験の過程で生まれた残虐な別人格「ハレルヤ」が心のなかに存在しており、アレルヤが戦意を失った際や人命を奪うことに躊躇した際に現れアレルヤの代わりに残虐な行動をおこなう。

ティエリア・アーデ

CVは神谷浩史。外見年齢は16歳であるが、イノベイドであるため年をとることはない。中性的な容姿で男性か女性かは現在でも言及されていない。使用したガンダムは高火力の武装を備えた「ガンダムヴァーチェ」「セラヴィーガンダム」。
ソレスタル・ビーイングを統括する量子演算コンピュータ「ヴェーダ」で作り出された人工生命体であり、「ヴェーダ」の意思を至上のものとして行動していた。リボンズ・アルマークらと同じ存在ではあるが後にヴェーダを掌握されることからイノベイドとしての序列は下位であるとされる。
序盤は人工生命体ゆえに人間を見下した言動が多かったが戦いが続く中で成長していき、特に自身のミスでロックオンが負傷した際には負い目を感じるほどになっていた。
2期ではガンダムマイスターの中で唯一「ソレスタル・ビーイング」の残党との合流に成功しており、ソレスタル・ビーイング再建に尽力した。1期の頃とは違い、自身で物事を考えるようになっており、現実から目を背けようとする沙慈・クロスロードを叱責する場面もみられた。
最終決戦ではリボンズ・アルマークによって射殺されてしまうが、刹那の攻撃によりリボンズのヴェーダ掌握能力が低下。その隙にヴェーダを奪い返すことに成功し、その後は意識体としてヴェーダを用いてソレスタル・ビーイングのバックアップにまわった。

イオリア・シュヘンベルグ

CVは大塚周夫。「ソレスタル・ビーイング」の創設者であり、物語開始時点では故人として扱われていた。
1期の時代から200年以上前の人物で、一般的には「軌道エレベーター」での太陽光発電システムの開発者として知られていた。この頃にはすでに量子コンピュータ「ヴェーダ」や人工生命体「イノベイド」、ガンダムを動かすための動力「GNドライヴ」などの基礎理論を確立させていた。
後にヴェーダ内部にてコールドスリープしていることが発覚するが、発見したアレハンドロ・コーナーの手によって射殺された。この際に緊急プログラムが作動し、ガンダムの隠されたシステム「トランザム」の封印が解除された。

アレハンドロ・コーナー

CVは松本保典。国連大使でありながら、「ソレスタル・ビーイング」の反乱を防ぐ監視者としての役割を担っている。コーナー一族は「ソレスタル・ビーイング」の創設当初からイオリアの計画を自らのものにするという野望を持っており、彼もその野望を持ちながら監視者として活動していた。
「ソレスタル・ビーイング」の敵である国連軍にGNドライヴの情報や疑似GNドライヴを搭載したモビルスーツ「ジンクス」を譲渡したのも彼である。
その後、最終決戦の場には自ら大型モビルアーマー「アルヴァトーレ」を操り出陣、「ソレスタル・ビーイング」を窮地に追い込んだ。しかし、その後とトランザムを使用したガンダムエクシアに為す術もなくやられてしまい、アルヴァトーレの爆発に巻き込まれ死亡した。

リボンズ・アルマーク

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

新機動戦記ガンダムW(ウイング)のネタバレ解説・考察まとめ

『新機動戦記ガンダムW』とは、サンライズ制作の『ガンダムシリーズ』のテレビアニメ。物語の主軸は戦争であるが、本作ではコロニーを支配するためにOZがめぐらす戦略やガンダムに乗るパイロットたちをめぐる人間性と様々な葛藤も描かれている。また日本、西洋、中東、アメリカ、中国をイメージした5機のガンダムが登場し、それぞれのガンダムパイロットの5人全員が主人公役扱いになっている。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダムは富野由悠季原作のTVアニメ。前作である機動戦士ガンダムから数年後が舞台となっており、登場人物やMS(モビルスーツ)は刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場している。前作とは違い、エゥーゴ対ティターンズという地球連邦を母体とする2つの勢力抗争、そしてジオンの残党であるアクシズの三つ巴による同盟・裏切りなどの複雑な展開は様々な名言を残している。

Read Article

機動戦士ガンダム サンダーボルト(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムサンダーボルト』とは、原案を矢立肇と冨野由悠季、作画を太田垣康男によるガンダムシリーズの漫画作品またはそれを原作とするOVA(オリジナルビデオアニメーション)作品である。 本作は大元の原作であるアニメ『機動戦士ガンダム』とほぼ同じ時代から数か月たった期間を描いた作品である。 地球連邦軍所属のイオ・フレミングとジオン公国軍所属のダリル・ローレンツのダブル主人公で構成され、二人の宿命的な出会いと運命的な殺しあう様を描いている。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、1年戦争当時、東南アジアのジャングル地帯でジオン軍の開発する新兵器を巡る攻防と、それに関わる若き連邦士官とジオン軍女兵士との関係を描いた外伝作品。 ビデオ11作と完結編で構成されており、1996年から1999年にかけて発売された。陸戦が主体で、リアルな戦場を描いた作品であるとともに、戦時下の兵士の苦悩を描いている。ガンダムシリーズには珍しく、特別なガンダムが活躍する話ではない。

Read Article

ガンダム・バルバトス(鉄オル)の徹底解説・考察まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Ζガンダム』へと続いていく。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムΖΖ』とはガンダムシリーズの3作目として1986年3月~1987年1月に放映された。スペース・コロニー「サイド1」でジャンク屋を営んでいた「ジュドー・アーシタ」は前作Z(ゼータ)ガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」との邂逅によりニュータイプとして目覚めたことをきっかけにモビルスーツのパイロットとして戦火へと身を投じてゆく。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムAGE」とは2011年10月から2012年9月までMBS・TBS系列にて放送されたテレビアニメである。突如あらわれた謎の勢力との戦争の中で、主人公(フリット、アセム、キオ)が世代交代していくのが特徴だ。子供向けの絵柄とは裏腹に、敵との戦争の中で各々の異なった葛藤を描いているのも魅力の一つであり、子供から大人まで楽しめる作品となっている。

Read Article

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-IIとは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、人型兵器「モビルスーツ」の一機で『機動戦士Ζガンダム』の物語前半に主役機を務める。 モビルスーツの外装と骨格を、生き物のように分ける事を可能とした「ムーバブルフレーム」を採用し、革新的な運動性能を得た。地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」にて製造されたが、反地球連邦組織「エゥーゴ」によって全機が奪取されている。 主たるパイロットはカミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイとは『機動戦士ガンダム』の主人公であり、作中ではRX-78-2 ガンダムのパイロットを務めた。人類革新の姿「ニュータイプ」であるとされ、非常に強い感受性を持っている。 作中最強のパイロットであるともされ、そのモビルスーツ操縦技術は非常に高い。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも大人となったアムロが主役を務めた。 また、1979年より続くガンダムシリーズにおける最初の主人公でもあり、そのため「ガンダムといえばアムロ」というほどに高い知名度を誇っている。

Read Article

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人型機動兵器「モビルスーツ」の一機にして、同作の主役機である。 敵対するジオン公国軍のモビルスーツ開発に後れを取った、地球連邦軍によるモビルスーツ開発・配備計画「V作戦」の一貫として製造された試作機。あらゆるコストを度外視して設計・製造されたため非常に高性能であり、戦艦の主砲並の威力を持つビーム兵器「ビームライフル」を運用できる。 主たるパイロットはアムロ・レイ。

Read Article

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダンとは『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクターで、ガンダムシリーズで最高のニュータイプ(宇宙進出で超感知力を得た人類)能力を持った少年。 先の戦争で地球連邦に敗北したジオン残党狩りを目的とした特殊部隊ティターンズに反感を持ち、その配備モビルスーツ「ガンダムMk-II」を奪い、反連邦組織エゥーゴに参加し軍属となる。 後に「Ζガンダム」に乗り換え戦局を渡り歩くも、最終決戦で宿敵パプテマス・シロッコを倒すため精神をオーバーロードさせ、廃人になってしまった。

Read Article

ガンダムF91(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムF91とは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場する、主役メカ(モビルスーツ)である。従来のガンダムシリーズに登場したモビルスーツの平均20m程度の全長よりも一回り小さく、15mとなったが、より高性能であると設定されているのが特徴。 また、この小型化設定により本機を含めて『機動戦士ガンダムF91』のプラモデルシリーズは、従来のガンダムシリーズプラモデル主力スケールだった144分の1から、100分の1へと拡大されて展開された。

Read Article

ジュドー・アーシタ(機動戦士ガンダムΖΖ)の徹底解説・考察まとめ

ジュドー・アーシタとは、テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役であり、それまでのガンダムシリーズでは描かれてこなかった明るく元気な性格を持つニュータイプ(宇宙進出で感知能力を増大させた人種)である。 ジャンク屋として生活していたが、Ζガンダムのパイロットになり、後にΖΖガンダムを受領しつつ、エゥーゴおよび地球連邦軍と、ネオ・ジオン軍の戦いである第一次ネオ・ジオン抗争を戦い抜いた。

Read Article

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(ゼータガンダム)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の主役機であり、ウェイブライダー(戦闘機)形態への変形機能を有する可変型モビルスーツである。 機動力を特色としたバランスの良い機体で、同世代では最強クラスの性能を誇る。ただし操縦性は悪く、パイロットにも高い資質が求められる。 また、バイオセンサーというニュータイプ(宇宙進出で感知力を増大した人種)の精神波に反応し、それを力に変えるシステムが搭載されており、パイロット次第ではスペック以上の性能を発揮する。

Read Article

シーブック・アノー(機動戦士ガンダムF91)の徹底解説・考察まとめ

シーブック・アノーとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主役キャラクターであり、同作主役モビルスーツ「ガンダムF91」のパイロットを務めた少年。 『機動戦士ガンダムF91』の後の時代を描いた、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズにも「キンケドゥ・ナウ」という名で出演している。 それまでのガンダムシリーズの主役達がクセの強い性格設定であった事に対し、突飛な部分が少ない、調和タイプのキャラクターとなっている。

Read Article

∀ガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

∀ガンダムとは、テレビアニメ『∀ガンダム』に登場する主役メカ(モビルスーツ)であり、同時に全ての「ガンダム」が辿り着く終着点のようなキャラクター性を付与された、最強にして究極のガンダムである。 『∀ガンダム』の作中時間軸では、すでに忘れ去られた「黒歴史」の時代に建造されたモビルスーツであり、あらゆるもの砂と化す「月光蝶システム」を使用して黒歴史時代の地球文明を滅ぼしてしまったとされている。 『Gのレコンギスタ』発表までは、ガンダム正史上で最後に存在するガンダムとしても有名であった。

Read Article

ロラン・セアック(∀ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ロラン・セアックとは、アニメ『∀ガンダム』の主役キャラクターであり、褐色の肌に銀色の髪を持ったムーンレィス(月の民)の少年。 ガンダムシリーズの中でも随一といえるほどに優しい性格の持ち主で、命ある者と平和を心から愛し、故にこれを乱す「命を大切にしない者達」と粉骨砕身の覚悟で戦った。 過去のガンダム世界を土の下に埋葬して滅ぼしたモビルスーツ、∀ガンダムに偶然乗り込んだが、これもひとつの道具として捉え、単なるパイロットを超えて正しき使用者として接した。

Read Article

ΖΖガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ΖΖガンダム(ダブルゼータガンダム)とはアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機であり、多段変形合体機能に加えて、重武装を誇る恐竜的進化を遂げたモビルスーツである。 凄まじい戦闘能力を誇り、単機で戦局を変えうる可能性をも秘めている。 地球連邦軍およびエゥーゴと、ネオ・ジオンの戦いとなる、第一次ネオ・ジオン抗争の最中に地球連邦軍・エゥーゴの切り札として投入された。主なパイロットはジュドー・アーシタ。

Read Article

目次 - Contents