メン・イン・ブラック2(MIB2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSFコメディー映画『メン・イン・ブラック』の続編。『アダムス・ファミリー』などで独特な世界観を作ることで知られるバリー・ソネンフェルド監督。秘密組織MIBのエージェントJは、ある捜査に入るが25年前に起きた事件が関連していた。当時の事件担当であるKを連れ戻し再びコンビを結成。Kの記憶に眠る当時の事件を紐解きながら迫り来るエイリアンの陰謀を阻止すべく、地球の存亡をかけた戦いが始まる。

カイロシアン星人。ザルタの光を追って地球にやって来た。ランジェリーモデルの雑誌を参考に人間に化けMIB本部を襲う。本体は小さな芽のような姿だが、人間やエイリアンなど捕食し吸収することで巨大化する。
その昔、Zに片思いしていたとZが語っている。

スクラッド/チャーリー(演:ジョニー・ノックスビル)

二つ頭のエイリアン。普段はリュックを背負っており、その中に小さい頭のチャーリーを隠している。
あまり頭が良くないため、ローラからはIQがメロンパン程度と言われた。

ジャーラ(演:ジョン・アレグザンダー)

オゾン層を盗もうとしてJに逮捕され5年と42日投獄され、Jに恨みを持っている。機械を操るのが得意なエイリアンで、サーリーナに頼まれJと引き換えに宇宙船を作った。
普段はマントを被っているため長身に見えるが、中身に同じ顔をした小型機を数体忍ばせている。

『メン・イン・ブラック2』の用語

ニューラライザー

一作目にも登場した記憶を消すペンのような装置。一作目では光の色が赤だったが、今作では何故か青色になっている。
ニューヨークの自由の女神像も一部ニューラライザーになっているため、一度に大勢の人に見られても記憶を消すことが可能。

デニューラライザー(記憶復元装置)

MIB本部に設置してある、ニューラライザーで消した記憶を瞬時にして磁力波が脳内に走り戻す装置。ニューラライザーは小型化に成功しているものの、デニューラライザーはカプセルのような大きい装置になっている。

エイリアンガイド

MIBで開発されたエイリアンデータベース機器。通信機能もあり、テレビ電話としても使え、劇中Jはこの機器でZと連絡を取っていた。

『メン・イン・ブラック2』の名シーン・名場面

英雄願望

JがTに何故MIBに入ったか聞くシーン。英雄になりたいTに対してJは、「ジェームズ・エドワーズって知ってるか?そいつは今夜地下鉄の乗客85人を救ったが、誰もその存在を知らない。誰にも知られないのに、どうやって愛される?」と言う。誰にも気づかれずに地球の救うMIBが市民から愛される英雄にはなれない厳しい現実をTに伝える。

ローラの涙

Kがローラこそがザルタの光だと明かしたシーン。
Kに、「きみが悲しむと雨が降るだろう?」という問いかけに戸惑いながら、「雨の日は気が滅入るもの。」と答えたローラ。
序盤で優しくしてくれていたピザ屋の店主ベンが殺された際に、ローラの涙と共に雨が急に降ってくるシーンがある。これはローラがただのピザ屋の従業員ではなくザルタ星人だったという伏線であった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

メン・イン・ブラック3(MIB3)のネタバレ解説・考察まとめ

SFアクションコメディーの大ヒット作「メン・イン・ブラック」シリーズの3作目。「魔法にかけられて」「アダムス・ファミリー」を手がけるバリー・ソネンフェルド監督、「E.T.」「宇宙戦争」などSFの名作を生み出したスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮。秘密組織MIBのエージェントJは、相棒であるKや、地球の未来を救うため、タイムスリップし過去の歴史改変を行う敵と戦う。

Read Article

メン・イン・ブラック(MIB)のネタバレ解説・考察まとめ

1997年公開のアメリカの都市伝説、メン・イン・ブラック(黒衣の男)を題材にコメディー要素も取り入れたSFアクション映画。監督は、「アダムス・ファミリー」を手がけたバリー・ソネンフェルド。ストーリーはローウェル・カニンガムのコミック「The Men in Black (1990)」を元に、地球上に住むエイリアンの監視を行う秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)とエイリアンの共存と戦いを描いた作品。

Read Article

インデペンデンス・デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インデペンデンス・デイ』は1996年に公開されたアメリカのSFアクション映画。タイトルの意味は「独立記念日」で、物語の設定がアメリカの独立記念日である7月4日であることから取られている。 ある朝、世界各地の都市に巨大なUFOが突如出現し、大規模なレーザー攻撃で街を破壊していく。圧倒的な力を持つ宇宙人と人類との戦いを描く。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

ジェイソン・ボーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジェイソン・ボーン』とは『ボーンシリーズ』の5作目で、2016年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンが、CIAの極秘計画を暴いてから9年後。地下格闘技で生計を立てていたボーンの元に、彼の過去に関する新たな事実や極秘作戦を探り当てたかつての協力者ニッキーが現れる。情報の暴露を恐れたCIAに襲われる2人。一方CIAの女性捜査官ヘザーは愛国心のあるボーンを復帰させようとする。スリリングな展開、ラスベガスでのシリーズ屈指の激しいカーチェイスは必見。

Read Article

メン・イン・ブラック:インターナショナル(MIB4)のネタバレ解説・考察まとめ

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』とは、2019年のアメリカのSFアクション映画。『メン・イン・ブラック』シリーズの4作目であり、前作の『メン・イン・ブラック3』から7年ぶりの作品である。監督はF・ゲイリー・グレイ、脚本はアート・マーカムとマット・ホロウェイが務めた。エージェントH(クリス・ヘムズワース)と、エージェントM(テッサ・トンプソン)が主人公である。エイリアン撃退用の武器を扱い、MIB内部に潜むスパイと宇宙人から地球を守るミッションに挑む。

Read Article

目次 - Contents