代表的なサイケデリックアート

1960年代後半に、アメリカの西海岸から世界中を旅して回るヒッピーを中心として世界中をムーブメントとして流行した。その中で、ドラックカルチャーの影響もうけ、LSDやマリファナなどを利用することでアートの表現を広げていった。
また、インドのヒンドゥー教なども受けている。

アメリカで有名なのは、ピーター・マックス。

日本人で有名なのは、横尾忠則。

音楽の分野ではレコードジャケット、ポスターがサイケデリックアートになっている。

ジミー・ヘンドリックス

ジェファーソン・エアプレーン

まとめ

サイケデリックアートは現在でもポスターやレコードジャケットにあるものが入手できるので、興味のあるかたはぜひ調べてみると、様々な発見があるかもしれません。

MI1945
MI1945
@MI1945

目次 - Contents