めだかボックス(Medaka Box)のネタバレ解説まとめ

%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1 %e3%82%81%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9  %e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%98%a0%e5%83%8f

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。
週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。
ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Screen480x480  3

不知火の里の闇、「新しい」が口癖で「げげげげ」などかなり異常な笑い方をする大男。
一人称は儂、であり5000年前に世界を救った英雄。
「本物の言彦」が寿命で死んだ後に影武者が「言彦」を受け継ぎ、その影武者が死んだら次の影武者へと「言彦」が伝授されてきた。
このサイクルによって影武者から影武者へと受け継ぐ「役作り」は影武者の域に収まらず、人格や能力まで完全にトレースし、次の「獅子目言彦」となってしまう。
言彦は救うべき世界がなくなり、生きる理由が「生き続ける」ぐらいしか無くなってしまったため、現在は粗暴で暴虐な性格になってしまった。
5000年前に安心院なじみが始めて戦って勝てなかった人間で、安心院なじみですら「15秒しか時間を稼げない」と言っている。

また、言彦が与えたダメージはスキルやスタイルでも治らない。
めだかの必死の攻防でようやく倒すことに成功したが、不知火半袖の身体を乗っ取り復活した。
その後、人吉善吉と戦い「親友を攻撃できない」と不知火半袖に戻りながら戦っていたが、それにより不知火半袖に体の主導権を取り戻され、自分で自分を破壊しそれまで存在していた「獅子目言彦」は消滅した。

鶴喰 梟(つるばみ ふくろう)

Screen480x480  4

鶴喰家の元当主で鶴喰鴎の父親、「漆黒宴」で死亡したとされていた。
しかし、廃墟化した病院で生きており、分家にスタイルを伝授した。
実の姉である鶴喰鳩に重度のコンプレックス(愛情)があったが、彼女の苛烈なまでの正しさについていけなかった。
「もう少し鳩姉が優しく、愛に満ちた性格だったらよかったのに」との理由で、愛に溢れた親友の黒神舵樹と結婚させ、2人の子供なら理想の女性であるとめだかに近付いた。
しかし生まれためだかは「極上過ぎ」であり「姉以上に苛烈であり、友以上に愛に満ちていた」らしい。
そして鶴喰梟はそんなめだかに付いていけなくなり姿を消した。

「不知火知不 編」で登場したのは、そんな「優しい姉」作りに疲れ「それっぽいものでいい」と不知火半袖と婚約しようとしたため。
鶴喰鴎は保険として鶴喰鳩に遺伝的に近い子供を「優しい姉」みたいに育てようとしたが、男児が生まれたため育児放棄した。
自己中心的かつ身勝手であり、作中でも本物といわれるほどの変態である。
最後は自身が怒ったことが無いため、本気で怒る人間の気持ちがわからず「逆上した人間には言葉(スタイル)が通用しない」ことにより、言彦にスタイルが通用せず殺されてしまう。

鶴喰 鳩(つるばみ はと)

Mig

黒神舵樹の妻の一人、めだかの産みの母。
めだかを出産時に心筋梗塞で亡くなっている。
苛烈がナース服を着ているようだといわれ「白衣の悪魔」と恐れられていた。
仕事の鬼であり、不眠不休、100時間連続勤務は当たり前でさながら戦争の様に看護をしていたらしい。
一見、献身的であるが同僚のナース達にも自分と同じ意識の高さを要求し、部下を馬車馬の様に酷使し上司をぼろぼろにした。
患者にも甘えを許さずリハビリを強要する徹底ぶりであり、ひとりの患者の為に病院を潰すことさえあったという。

あらすじ・ストーリー / 未来へのブーケトス 編【第186箱 - 最終箱】

Dcd0c83f s

月の衝突を止め、3年生の卒業式に戻ってきためだかだったが、黒神グループの会長を継ぐために箱庭学園を辞めることになった。
そんな彼女のため、箱庭学園流壮行会「百輪走」が行われることとなった。
「百輪走」は今までめだかに関わってきた100人と対決して、負ければ学園に残り勝てばブーケ付きのメッセージプレートを受け取る、というルール。
めだかは100人を見事に撃破し、学園を去っていく。
そして数年後、「スキル」も「スタイル」も使用できなくなった生徒会メンバーは「安心院さん十年祭」を開催するため、箱庭学園に集まった。
めだかも学生時代の好戦性や攻撃性、化け物じみた凄みも殺気も消え、黒神グループの総帥として「月球再生計画」を掲げる。

アニメ・動画

2012年4月から6月まで第1期(全12話)が放送された。
その後、同年10月から12月まで第2期(本編全11話+番外編1話)が放送された。
2期のタイトルは、「めだかボックス アブノーマル」に変更されている。

めだかボックス 第1箱「生徒会を執行する!」

www.nicovideo.jp

めだかボックス アブノーマル 第1箱「ノーマルと、スペシャルと、アブノーマル」

www.nicovideo.jp

主題歌

HAPPY CRAZY BOX/栗林みな実

第1期オープニング

お花畑に連れてって/ 黒神めだか(豊崎愛生)

61xh7befmol

BELIEVE/栗林みな実

第2期オープニング

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)のネタバレ解説まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

〈物語〉シリーズ(化物語シリーズ)のネタバレ解説まとめ

『戯言シリーズ』や『めだかボックス(漫画原作)』を代表作に持つ人気小説家・西尾維新(にしおいしん)が趣味全開で手がけたライトノベルシリーズ、およびそれらを原作としたアニメ、ゲーム作品。女吸血鬼に魅入られた少年・阿良々木暦と、超常的現象〈怪異〉に取り憑かれた少女たちがとある田舎町で巻き起こす、可笑しくも不気味な青春の物語。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

めだかボックス(Medaka Box)の名言・名セリフまとめ

「めだかボックス」は2009年より「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画作品。 主人公の完璧超人「黒神めだか」は圧倒的支持で箱庭学園生徒会長となり、幼馴染の「人吉善吉」と共に生徒会活動をスタートする。その活動の一つが目安箱、通称「めだかボックス」に投書された案件の解決。次第に増える個性豊かな生徒会メンバーと共に、生徒間トラブルを通してめだか達の成長を描く。奥深く考えさせられる名言の数々が名高い。

Read Article

【アニメ】化物語から始まる西尾維新の「物語シリーズ」視聴順まとめ

西尾維新プロジェクトと称されるアニメ化真っ最中の【物語シリーズ】は、現代の怪異に出会った少年少女の姿を描いた作品です。その多さ故、視聴前は混乱必至ですが各シリーズの放送順を知ることでスムーズに楽しむことができます。今回は各シリーズの大まかなあらすじ/放送順/時系列順でご紹介。

Read Article

目次 - Contents