真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。
基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

字(あざな):仲康(ちゅうこう) 所属勢力:魏 得意武器:砕棒 身長:184cm CV:吉水孝宏

曹家三代に仕えた猛将。正史『三国志』によると、かなりの巨漢で身長8尺(約184cm)、腰周りは10囲(約120cm)もあったという。並外れた武勇と力量を備えており、曹操に仕える前から怪力で知られていた。後に彼が曹操に帰順した時、曹操は「我が樊噲(はんかい)である」と喜んだという。ちなみに樊噲とは、前漢の初代皇帝・劉邦に仕えた怪力で知られた勇将のことである。

樊噲は劉邦を暗殺の危機から救ったことでも知られているが、許褚も曹操の危機を何度も救っている。官渡の戦いにおいては曹操に謀反しようとした者を打ち殺し、潼関の戦いにおいては雨のように矢が降り注ぐ中、左手で馬の鞍を掲げて曹操を庇いながら右手で舟を漕いで黄河を渡りきったり、曹操の命を狙う馬超を睨みつけて退散させたりと、曹操の護衛として大いに活躍した。また、虎に例えられるほどの力を持ちながらも、頭の回転は鈍かったことから「虎痴(こち)」とあだ名されている。
『三国志演義』では、典韋との一騎打ちがきっかけで曹操に仕えることになっている。その後は曹操配下の猛将として活躍し、潼関の戦いでは馬超との一騎打ちで、上半身裸になって死闘を繰り広げた。

ゲームでは史実のような巨躯と、あどけない顔立ちと呑気な性格、訛りがある独特ののんびりとした喋り方から、一部のファンからは「魏の癒し系」と称されているが、戦場では勇猛果敢な猛将となる。史実及び演義と同様に大変な怪力で、本作のストーリーモードでも『三国志演義』と同じく馬超と戦ったり、『7 猛将伝』の「呂布伝」史実モードのエンディングでは、暴れようとする呂布を鎖分銅で止める場面がある。

曹仁(そうじん)

字(あざな):子孝(しこう) 所属勢力:魏 得意武器:牙壁 身長:174cm CV:江川央生

曹操の親戚にあたる人物。曹操の旗揚げ時に1000人の若者を引き連れて、その配下に加わった。若い頃はかなりの乱暴者だったが、曹操に従い各地を転戦する中で、武将としても人間としても大きく成長。法規に厳格で、信賞必罰を公正に行う名将ぶりは諸将の見本となったとされている。正史『三国志』にも、曹丕が弟の曹彰に「曹仁を見習って軍令を適用するように」と手紙で忠告する逸話が記載されているほどである。
絶望的な状況に置かれながらも見事に城を守りきった樊城の戦いが有名だが、武勇と戦功は魏の武将達の中でも群を抜いており、晩年は大将軍・大司馬にまで昇進した。『三国志演義』では蜀の引き立て役にされており、徐庶と趙雲に八門金鎖の陣を破られたり、孔明の火攻めにあったりと散々な目に遭わされている。

ゲームでは寡黙で質実剛健、礼節を弁えた人物で、争いを嫌い、最小の犠牲で戦乱を終わらせるという信念から守勢の戦を得意とする武将。自らを盾とする姿勢から、シリーズを通して防御力を重視した重装備のデザインが採用されている。また、将星モードでは、彼自身の口から若い頃は乱暴者だった話を聞くことができる。

徐晃(じょこう)

字(あざな):公明(こうめい) 所属勢力:魏 得意武器:大斧 身長:185cm CV:山本圭一郎

魏の五将軍の1人。最初は楊奉という人物に仕えていたが、後に曹操に帰順し、多大な功績を挙げた。戦においては情報収集を重視し、常に最悪の状態を念頭に置いた堅実な戦い方を基本としているが、好機と見れば部下に食事する時間も与えないほどの猛烈な攻撃を仕掛けたという。この慎重かつ大胆な用兵でもって、徐晃の部隊は最後まで大敗を喫することがなく、曹操からも「孫武や司馬穰苴(しばじょうしょ)にも勝る」と絶賛された。ちなみに孫武は中国古代・春秋時代の名将で、兵法書『孫子』を著したことで知られる。司馬穰苴も同じく春秋時代に活躍した名将で、こちらも兵法書『司馬法』を著している。『三国志演義』では大斧の使い手として登場する。

ゲームでは武の道を極めんとする武の求道者的気質を持った武人というキャラ付けがされている。また、「何者にも染まらぬ求道者」がコンセプトになっていることから白装束が採用されることが多く、本作でも白を基調とした衣装デザインが採用された。武を極めるという点は張遼と共通しているが、戦闘の中で武を極めようとする張遼に対して、徐晃のそれは精神や心の有り様に求める傾向が強い。張遼と同じく関羽を武人の理想として尊敬し、越えるべき目標と定めている。

曹丕(そうひ)

字(あざな):子桓(しかん) 所属勢力:魏 得意武器:双刃剣 身長:182cm CV:神奈延年

魏王朝初代皇帝。曹操の三男だが、長男が戦死し、次男は早世したことにより、嫡子として扱われるようになった。曹操の死後その勢力を受け継ぎ、後漢の献帝より禅譲を受けて魏王朝を開く。しかし40歳の若さで死去したため、在位期間は7年ほどと短い。

内政面は非常に優秀で、後漢王朝衰退の原因となった宦官や外戚の専横を防ぐために彼らの政治への関与を制限する政策を打ち出し、社会情勢の改善のために刑罰を軽減したり淫祠邪教を取り締まるなど、短い在位期間で多くの成果を挙げている。その一方、外政面では呉へ3度も遠征を行っているが、これといった成果を挙げていないため、世間一般では「政治力は高いが戦下手」と評価されることが多い。人格面についても、人の好き嫌いが激しく、嫌いな人物へ冷酷な仕打ちを行った話も多く伝わっていることから評価は芳しくない。『三国志』の著者・陳寿も「度量と誠意と徳の概念を持ち合わせていれば、古代の賢王と比較しても何ら劣らない明君となったであろう」と評しているほどである。

ゲームでは冷徹で人を見下すような言動をとることが多いが、父の覇道を継ぎ、その先を築く者に相応しい才を持ち、己のあるがままに万事に対応する人物として描かれている。本作の衣装デザインについては、エレガントさをテーマに小物使いにこだわったデザインが採用された。

甄姫(しんき)

所属勢力:魏 得意武器:笛 身長:164cm CV:住友優子

曹丕の正妻。正史では「甄氏」「甄皇后」といった名で記されており、本名は明らかにされていない。最初は袁紹の次男・袁煕の妻だったが、曹操が冀州を攻め落とした時に曹丕に見初められてその妻となった。曹丕の寵愛を受け、後に魏の二代目皇帝となる曹叡と娘の東郷公主(後に早世)を産むが、次第に寵愛は薄れていった。そして悲嘆した甄氏が恨み言を述べたことが曹丕の勘気に触れ、死を賜ることになったという。『三国志演義』では絶世の美女として描かれているが、史実と同じく悲劇に終わる。

ゲームでは『三国志演義』と同じく「肌は玉の如く、美貌は花の如し」と称えられる絶世の美女で、本人も自分の美貌に絶対の自信を持っている。曹丕のことを「我が君」と呼び慕い、夫を支えるべく戦場に立つ。曹丕には「甄」と呼ばれており、史実のように疎んじられる描写は全くなく、非常に仲の良い夫婦として描かれている。
衣装デザインはシリーズを通して華やかなものが多いのが特徴。本作ではシースルーやメッシュの手袋や網タイツなど、透け感にこだわったデザインが採用された。また、髪飾りには曹丕の胸飾りと同じモチーフを使用している。

蔡文姫(さいぶんき)

所属勢力:魏 得意武器:箜篌(くご) 身長:165cm CV:吉川未来

本名は蔡琰(さいえん)で、文姫は字である。後漢の大学者・蔡邕(さいよう)の娘で、本人も当代一流の文学者にして女流詩人。代表作に『胡笳(こか)十八拍』『悲憤詩』などがある。
波乱の人生を歩んだ女性で、最初の結婚で夫に先立たれた後、異民族の匈奴に攫われて南匈奴の左賢王・劉豹の側室として留め置かれた。それから12年後、曹操が金や宝玉を支払って蔡文姫を帰郷させるが、劉豹との間にもうけた2人の子供は匈奴に残されることになる。この時の故郷に帰れる喜びと、我が子と別れなければならない悲しみとを詠み著したのが『胡笳十八拍』であると言われている。
音楽にも秀でており、琴の演奏の最中に切れた弦がどれだったのかを、音を聞くだけで正確に当ててみせたという逸話がある。また、失われた父の著作400編余りの復元にも成功するなど、その才女ぶりを伝える逸話は多い。

ゲームでは物静かで儚げな雰囲気漂う麗人だが、実は芯の強さを秘めている設定。音楽に精通していたという史実から、台詞も旋律に例えたものが多い。頭の花飾りは月下美人で、蔡文姫の儚げな美しさを引き立てるためにデザインされた。

賈詡(かく)

字(あざな):文和(ぶんか) 所属勢力:魏 得意武器:鎖鎌 身長:172cm CV:石川英郎

涼州出身の軍師で、曹操・曹丕の二代に渡り魏の重臣として活躍した。曹操に仕える前は、董卓や張繍といった曹操の敵陣営に所属し、張繍に仕えていた時には宛城の戦いで曹昂と典韋を死に追いやっている。後に張繍と共に曹操に降伏し、以後は曹操軍の参謀として功績を挙げた。
正史『三国志』の著者・陳寿から「打つ手に失策がない」と高く評価されたほどの知謀の持ち主。曹操が馬超と韓遂(かんすい)の連合軍と戦った潼関の戦いでは、離間の計を用いて馬超と韓遂を仲違いさせることで連携を崩し、自軍を勝利に導いた。

ゲームでは大義や理想よりも計算を武器に立ち回る現実主義者で、処世術に長けた強かな曲者軍師。ちなみに将星モードでは典韋との会話があるが、見事に警戒されている。

郭嘉(かくか)

字(あざな):奉孝(ほうこう) 所属勢力:魏 得意武器:打球棍 身長:175cm CV:三宅淳一

曹操に最も愛された軍師と言われている天才軍師。若い頃から将来を見通す才能があり、呂布との戦いや袁紹との戦いなどの重要な局面で数々の優れた献策を行い、大いに曹操の覇業を助けた。
曹操をして「郭嘉だけが、儂の真意を理解している」と言わしめるほどの信頼を寄せられていたが、38歳の若さで病死する。曹操は郭嘉の早過ぎる死を後々まで惜しみ、赤壁の戦いで敗北した時も「郭嘉が生きていれば、こんなことにはならなかった」と嘆いている。『三国志演義』でも正史と同様に天才的な軍師として描かれている。

ゲームでは宴を好み、酒と女性を愛する享楽的な貴公子という設定。正史や演義と同様に優れた洞察力を持ち、全てを見透かすような言動が多い。また、自分の命数の短さも察しているらしく、刹那を愛する人生観が台詞の端々にうかがえる。
彼の生存も「魏伝」IFルート開放条件の1つ。全ての「魏伝」IFルート開放条件を満たせば、郭嘉が策を巡らせて「赤壁の戦い」を勝利へと導く、夢のような展開を見ることができる。

王異(おうい)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

目次 - Contents