真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。
基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

『真・三國無双7 Empires』で追加された新武将

荀彧(じゅんいく)

字(あざな):文若(ぶんじゃく) 所属勢力:魏 得意武器:陣杖 身長:180cm CV:大原崇

「性悪説」で知られる古代中国の思想家・荀子(じゅんし)を先祖に持つ名門の出身。若い頃から評判が高く、「王佐の才(王を補佐する才という意味)」と称された。袁紹に上客の扱いでもってスカウトされたが、袁紹は大業を成す人物ではないと判断した荀彧は曹操に仕官する。荀彧を迎えた曹操は「我が子房(しぼう)である」と大いに喜んだという。ちなみに子房とは、前漢の創始者・劉邦に仕えた軍師・張良の字である。その後は政治・軍事両面で曹操を支えたが、晩年は曹操との間に亀裂が生じるようになったと伝えられている。そのため正史では病死となっているが、自殺説もある。
『三国志演義』では曹操の腹心として活躍するが、最後は曹操と対立し、自害する結末を迎えている。

荀彧の功績は非常に大きく、彼無しでは曹操の覇業はならなかっただろうとまで言われている。特に大きいのが人事面での貢献。名門出身の荀彧は非常に幅広い人脈を持ち、本人も優れた人物眼の持ち主であったことから、官僚の推挙や優秀な人材の発掘において大いに活躍した。郭嘉や司馬懿を推挙したのも荀彧である。
また荀彧は正史に容姿についての記述があり、涼し気で立派な風貌と称えられている。清雅で徳性高い人格者で、当時の人達からも人柄と才覚を絶賛されていた。あの司馬懿も「荀彧殿に並ぶ賢才は存在しない」と評しているほどである。

ゲームの荀彧は、正史での容姿の描写を元にしたのか、涼し気で上品な雰囲気の正統派美男子となっている。真面目で礼儀正しく、喋り方も非常に落ち着いており、目下の人間にも敬語で話す。また、人材を数多く推挙した逸話からか、礼節を重んじる口調の中にも、あらゆる人物の才覚を常に気に留めている様子が見受けられる。

既存の武将

夏侯惇(かこうとん)

字(あざな):元譲(げんじょう) 所属勢力:魏 得意武器:朴刀 身長:188cm CV:中井和哉

曹操のいとこにあたる人物で、旗揚げ時から付き従った最古参の武将。曹操から絶大な信頼を寄せられ、臣下の中で唯一、寝室への出入りを許されるほどの厚遇を受けた。『三国志演義』などの後世の創作では隻眼の猛将というイメージが強いが、正史によると前線での戦いよりも、民政や後方での実務を得意としていたようで、その方面で多大な功績を残している。また、余分な資産は人に配り、駆り出された人夫達と一緒に働くなど清廉な人柄で知られていた。研究熱心で積極的に農業やインフラ整備の指導にもあたっていたことから、部下や領民にも非常に慕われていたという。
その一方で、14歳の時に自分の師を侮辱した男を殺害したことから、激しい気性の持ち主としても知られていた。

ゲームでは魏の武将の中で、主君の曹操を「孟徳」と字で呼び対等に口をきくことができる唯一の人物。普段は冷静沈着だが、実際は激しい気性の持ち主である。一方で李典や楽進に対して先輩としてアドバイスするなど、面倒見の良いところも見せている。時々無茶をする曹操に対しては鋭いツッコミを入れたり、母親のような言動をとることもある。曹操に一目置かれている関羽に激しい対抗意識を燃やしているが、その実力は認めており、好敵手のような関係にある。

典韋(てんい)

所属勢力:魏 得意武器:手斧 身長:192cm CV:中井和哉

堂々とした体格と怪力に、固い節義と男気を有していた豪傑。字は不明である。誰も持ちあげられなかった牙門旗(武将の軍門に掲げる旗)を片手で持ちあげたなど、その怪力ぶりを示す逸話が正史『三国志』に記載されている。夏侯惇の配下となり、何度か戦功をあげた後に曹操の親衛隊を率いることになった。典韋は非常に忠実な性格で、昼も夜も曹操を護衛し、自宅に帰って寝ることはほとんどなかったという。

そして宛城にて張繍の反乱から曹操を逃がすべく、曹操の長男の曹昂、甥の曹安民、十数人の部下と共に奮戦し、壮絶な最期を遂げた。曹操は典韋の死を実子である曹昂以上に悲しんだと伝えられている。『三国志演義』でも曹操に忠実な豪傑として活躍し、曹操を守って壮絶な戦死を遂げる。その怪力から曹操に伝説の豪傑・悪来に例えられた。

ゲームでは見た目が厳つい上に口調も荒っぽいため怖い人物に見えるが、実際は仲間思いで曹操への忠誠心も高い好漢。『三国志演義』で悪来に例えられた逸話から悪来があだ名になっており、曹操が呼ぶ他、自称することも多い。「宛城の戦い」において彼を生き残らせることが「魏伝」IFルート開放条件の1つである。

張遼(ちょうりょう)

字(あざな):文遠(ぶんえん) 所属勢力:魏 得意武器:双鉞 身長:185cm CV:田中大文

丁原・董卓・呂布に仕えた後、曹操の配下となった武将。その功績の大きさから、後世において魏の五将軍の筆頭に挙げられた。
名将の多い魏の将軍の中でも最も活躍したとされる人物で、曹操は無論のこと曹丕にも信頼され、破格の待遇を受けたことが正史『三国志』に記載されている。対呉戦線での活躍が凄まじく、合肥の戦いでの奮戦ぶりが特に有名である。この時共に呉にあたった李典と楽進とは折り合いが悪かったが、3人とも私事よりも国事を優先できる名将だったため、力を合わせて戦うことができた。

呉では張遼は鬼神のごとく恐れられ、子供が泣き止まない時に「張遼が来るぞ」と言えば必ず泣き止んだ、という逸話が生まれるほどだった。また、曹操の息子で詩人として知られる曹植が詠んだ『白馬篇』のモデルは張遼だとも言われている。『三国志演義』でも名将と呼ぶにふさわしい活躍をしているが、曹丕の呉征伐戦において、曹丕を庇った時の負傷が元で亡くなってしまう。ちなみに史実では病気で亡くなっている。

ゲームでは「真の武」を求め精進を重ねる武人で、礼節正しく冷静な一面と勇猛果敢な一面とを併せ持つ。正史・演義共に友誼を結んでいる関羽とは、本作でも敵味方を超えた友情で結ばれている設定であり、関羽を武人として心から尊敬している。将星モードでの会話では、子供が泣き止んでしまうほど恐れられた逸話が伝わっているのか、自分は子供に怖がられているのか気にしている話が聞ける。

『真・三國無双2』において「邪魔だー!」の台詞が「山田ー!」に聞こえたという話から、一部のファンから「山田」と呼ばれることがある。ちなみに本作でも「邪魔だー!」という台詞が聞ける。また、初登場以降、一貫して特徴的な帽子がデザインされていることから「ステキ帽」とも呼ばれている。

本作の張遼には、魏軍の青い衣装の他にも呂布軍時代の黒い衣装が用意されている。そして『7 猛将伝』ストーリーモード「呂布伝」では、呂布配下の将としての張遼がプレイできる。張遼以外にも2つの勢力の衣装が用意されている武将は姜維(蜀と魏)や徐庶(蜀と魏)、夏侯覇(晋と蜀)や陳宮(魏と呂布軍)など複数いるが、ストーリーモードで両方の勢力をプレイできるのは張遼だけである。

曹操(そうそう)

字(あざな):孟徳(もうとく) 所属勢力:魏 得意武器:将剣 身長:174cm CV:岸野幸正

正史『三国志』の著者・陳寿に「非常の人、超世の傑」(類まれなる才の持ち主であり、時代を超えた英雄であるという意味)と評された破格の人物。文武両面に非凡な才を見せ、武将・政治家・詩人・兵法家と多方面で多大な業績を残し、三国時代の大国・魏の礎を築いた。『三国志演義』や京劇などの創作の世界では悪役として扱われることが多く、世間一般でも冷酷で厳格なイメージが強かったが、最近では再評価が進められているのもあって、創作でも曹操を主人公とした作品が生まれている。

ゲームでは「乱世の奸雄」と評される人物で、覇道で天下を治めようとする野心家。苛烈な一面もあり恐れられることも多いが、決して無慈悲な人物ではなく、乱世に秩序をもたらそうという強い信念を持っている。優れた人材をこよなく愛し、有能な人物と認めれば敵であろうとも味方に引き入れる度量がある。

夏侯淵(かこうえん)

字(あざな):妙才(みょうさい) 所属勢力:魏 得意武器:鞭箭弓 身長:183cm CV:徳山靖彦

夏侯惇のいとこにあたる人物で、夏侯惇と共に曹操を支えた最古参の武将。迅速な行軍と、それに基づいた急襲・奇襲攻撃を得意とし、その素早さは「三日で五百里、六日で千里」と称えられた。涼州平定などで成果を上げた後、漢中の守備を任されるが、漢中奪取を狙う蜀軍との攻防の最中、定軍山にて黄忠の奇襲攻撃を受けて戦死した。『三国志演義』では夏侯惇の弟として早くから登場し、弓を得意とする猛将として活躍するが、正史と同じく定軍山で戦死する。

最古参の武将らしく、ゲームでも夏侯惇と共に最初から登場する。いとこの夏侯惇を「惇兄(とんにい)」と呼び慕う、気さくで明るく人懐こい性格の持ち主で、同僚や部下達からも慕われている。厳つい見た目に反してコミカルな言動が多く、一部のファンからは「淵ジェル」と呼ばれることも。一方で敵に対しては容赦しない。特に正史・演義で夏侯淵を討ち取っている黄忠のことはライバル視している。
ちなみに史実ルートの「定軍山の戦い」で夏侯淵を救うと、「魏伝」史実ルート最終ステージに操作可能な武将の1人として登場する。

張郃(ちょうこう)

字(あざな):儁乂(しゅんがい) 所属勢力:魏 得意武器:鉤爪 身長:194cm CV:幸野善之

元袁紹配下の武将。官渡の戦いにて曹操に帰順し、以降は魏の武将として活躍した。兵法に長け、計略通りにいかないことはなかったと評されるほどの戦上手で、魏の五将軍と呼ばれる名将達の1人でもある。
潼関の戦いで勝利に貢献し、定軍山の戦いでは夏侯淵の戦死後、動揺した兵を落ち着かせて魏軍壊滅を防いでいる。街亭の戦いでは蜀将・馬謖の失策を正確に突き、蜀軍を撤退に追い込んだ。231年の祁山(きざん)の戦いで戦死するまで非常に長く活躍し、蜀軍に恐れられた名将なのだが、人柄や評判を裏付ける詳細な記述が少ないせいか、張遼や徐晃に比べると、どうにも影が薄い。余談だが吉川英治版『三国志』では、作中で3回も戦死している。

『無双』シリーズの中でも最も濃いキャラ付けがされた武将で、あらゆる物事に美しさを求める美の求道者。その強烈な個性から色物扱いされることも多いが、確かな実力を持ち、冷静な判断もできる知勇兼備の将である。本作でも定軍山の戦いにおいて、父を殺された怒りから蜀軍を追撃しようとした夏侯覇を諭す場面がある。
ただし、やはり美へのこだわりは強く、戦場で美しいとされている人物に会うと美しさで勝負しようとする。「蜀伝」IFルートでは、美形とは言い難い容姿の関羽に対して、あだ名が「美髯公(びぜんこう)」だからという理由で美しさでの勝負を挑み、関羽を困惑させている。

許褚(きょちょ)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

目次 - Contents