真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。
基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

字(あざな):公閭(こうりょ) 所属勢力:晋 得意武器:舞投刃 身長:185cm CV:髙橋広樹

三国時代後期から晋時代にかけて活躍した武将であり政治家。司馬師・司馬昭・司馬炎(司馬昭の息子で晋の初代皇帝・武帝)に仕え、魏の滅亡と晋建国に貢献した。父の賈逵(かき)は曹操に「太守が皆賈逵のようであれば、心配することがなくなる」と評されたほど優秀な魏の名臣だったが、その息子・賈充は魏への忠節よりも司馬家の台頭をとったのだから皮肉である。

政治能力に優れており、最初の律令法典とされている「泰始律令」の制定など多くの功績を残してはいるが、諸葛誕の叛意を司馬昭に報告し、さらに諸葛誕が反乱を起こすよう仕向けた件や、魏の皇帝・曹髦(そうぼう)殺害の件など多くの事件や陰謀に関わったこと、後に晋の二代目皇帝・恵帝(司馬炎の息子)の皇后となった彼の娘が、国の寿命を縮める大乱の原因になったことなどから、後世の評判は芳しくない。

ゲームオリジナルの設定で司馬昭の親友となっている。司馬昭の怠惰な性格や情に甘いところについて諫めることも多いが、その才や将器を早くから認めており、彼を天下を統べる王者へと至らしめることを目的として行動する。史実ルートでは、親友という関係を壊してでも司馬昭を天下人にするべく暗躍を重ねるが、IFルートでは親友として司馬昭を支えている。

司馬昭を光とすれば影に位置づけられるキャラクターとして、黒を基調にデザインされた。目の下のシャドーや酷薄な笑みで、一筋縄ではいかない冷酷さを演出している。

文鴦(ぶんおう)

字(あざな):次騫(じけん) 所属勢力:晋 得意武器:擲槍 身長:198cm CV:小野友樹

魏の武将・文欽の息子。文鴦の名前は幼名の阿鴦からきた通称で、本名は文俶(ぶんしゅく)という。幼いころから人並外れた勇気と力を持っていたと史書に記録されている。
父親の文欽は武勇には優れていたが、横暴で礼節を弁えない性格で人望も無い人物だった。魏諷(ぎふう)という人物が起こしたクーデター未遂事件に連座したり、報告を水増しするなど問題行動も多く、諸葛誕など多くの同僚に嫌われていた。この父親の存在が、彼の運命を狂わせたとも言える。

司馬師が政権を専横すると、文欽は同僚の毌丘倹(かんきゅうけん)と組んで反乱を起こし、文鴦も父に従軍する。文鴦は司馬師の大軍相手に奮戦したが、結局敗れて父と共に呉へ亡命することになる。
実はこの時、司馬師は悪性の目の瘤を手術しており、それが治りきっていない状態だった。文鴦の奮戦で無理をしたため傷が開いてしまい、それが原因で間もなく亡くなる。そしてこのことが、文鴦の未来に暗い影を落とすことになってしまう。

やがて諸葛誕が司馬昭に対して反乱を起こすと、呉への臣従を表明した諸葛誕の援軍要請を受けて、文鴦は父と弟と共に呉からの援軍として駆けつける。しかし司馬昭の包囲戦術を突破することができず戦局が悪化すると、元々仲の悪かった諸葛誕と文欽が対立し始め、ついに諸葛誕が文欽を殺してしまう。父が殺されたことを知った文鴦は弟と共に司馬昭に投降し、魏の将軍に復帰した。

その後、晋が建国されると、晋の将軍として辺境の異民族討伐などの功績をたてるが、初代皇帝の司馬炎は、伯父の司馬師が夭折した原因ともいえる文鴦を嫌い、冷遇した。さらにその後、司馬炎が亡くなり、暗愚で有名な二代目皇帝の時代になるとクーデターが勃発するが、そのクーデターに司馬繇(しばよう)という人物が加わっていたことで文鴦の悲劇は決定的となる。
司馬繇は諸葛誕の外孫で、祖父の件で文鴦が復讐しにくることを恐れていた。そこで文鴦を叛逆者に仕立て上げ、三族皆殺しの刑に処したのである。『三国志演義』では、その勇猛さから趙雲に匹敵する勇将として描かれている。ちなみに横山光輝版『三国志』には登場していない。

ゲームでは並外れた武勇と清々しいまでの若武者ぶりから「趙雲の再来」と呼ばれている。性格も真面目で思慮深い好青年であるため、史実同様に評判の悪い父親と比べて「鳶が鷹を産んだ」と噂されている場面がある。
「晋伝」IFルート開放に関わる人物の1人。彼を司馬師に帰順させることがIFルート開放条件の1つである。

張春華(ちょうしゅんか)

所属勢力:晋 得意武器:蟷螂鉄糸 身長:170cm CV:浅野真澄

司馬懿の正妻で、司馬師・司馬昭兄弟の実母。幼い頃から博識なことで知られていたと史書に記載されている。
一方で、司馬懿が仮病を使って曹操からの仕官の誘いを断っていた頃、司馬懿の病気が嘘であることを知ってしまった女中を口封じのために殺害したことや、病気に倒れた夫を見舞った際、暴言を吐かれたことに抗議して、2人の息子を巻き込み断食をして命を絶とうとしたことなど過激な逸話も伝わっているため、所謂「鬼嫁」のイメージで語られることが多い。

ゲームの張春華は良妻賢母の誉れ高く、常に柔らかい笑みを絶やさない穏やかな物腰の貴婦人だが、有無を言わせない迫力を持つ女性。実際に夫と息子達からは「怒らせると怖い」と恐れられており、司馬家の影の支配者とも噂されている。ちなみに『無双』シリーズで、父・母・子供全員が操作可能武将なのは司馬家だけである。
司馬昭の母親らしく、彼の特徴である柔らかめの髪と垂れ目を前提にデザインされた。司馬懿のイメージカラーである紫色を基調とした衣装で、夫婦のセット感を演出している。

『真・三國無双7 猛将伝』で追加された新武将

于禁(うきん)

字(あざな):文則(ぶんそく) 所属勢力:魏 得意武器:三尖刀 CV:宮内敦士

関羽・張飛・趙雲・馬超・黄忠の5人を「五虎大将軍」「五虎将」などと呼ぶのに対して、魏には「五将軍」「五大将軍」と呼ばれている5人の武将がいる。張遼・楽進・于禁・張郃・徐晃の5人で、曹操在世時に最も功績をたてた武将達である。『真・三國無双7 猛将伝』で于禁が加わったことにより、魏の五将軍が全員使用可能武将となった。ただし、5人の中で于禁は評価が低い。それは最後を全うできなかったことにある。

黄巾の乱に際し、同郷の鮑信という人物が義勇兵を募った時に参加したのが于禁の武将としての始まりだった。鮑信が黄巾賊との戦いで戦死した後、鮑信と馴染みであった曹操に仕えることになる。于禁は謹厳実直な性格で威厳があり、法律や軍規に厳しく清廉であった。さらに戦果も確実に挙げていたことから、曹操には「古の名将に勝る」と賞賛されたが、その一方で法を重視し過ぎて温情に薄いところから、兵士や民衆は于禁を恐れて懐くことはなかったと正史『三国志』に記載されている。

そして樊城の戦いにおいて、関羽に包囲された樊城の守将・曹仁の救援に龐徳と共に駆けつけた于禁だったが、洪水によって身動きの取れない状態に陥ってしまう。そのため率いていた3万の兵と共に、やむを得ず関羽に降伏した。一方、龐徳も同様に洪水に巻き込まれて関羽に捕まったが、こちらは最後まで降伏せず処刑された。そのすぐ後に関羽は呉軍に敗れ、捕虜となっていた于禁は呉の孫権に保護されることになる。この話を聞いた曹操は「儂が于禁を知ってから30年になる。危機を前に新参者の龐徳に及ばないとは思わなかった」と嘆いたという。

于禁は曹操の死後に魏に帰国したが、髪も髭も真っ白でやせ衰えており、かつての威風堂々とした面影はなかったと伝えられている。曹丕は于禁をねぎらい、曹操の陵墓を参拝するように言いつけるが、その曹操の陵墓には、曹丕の命により于禁が関羽に降伏し、龐徳が降伏を拒んでいる場面が描かれていた。于禁は恥と怒りのあまり病に倒れ、そのまま息を引き取ったという。最後の戦いで敗れて降伏し、その汚名を注ぐ機会もなかったことで、これまでの功績も名声も失ってしまったのである。『三国志演義』では曹操が悪役ポジションであるためか、暗殺の命を請け負ったり龐徳の忠義を疑うなど、悪の手先といった風に描かれている。

ゲームの于禁は謹厳実直で法律の順守を重視し、厳格な態度で兵士達に恐れられているなど、正史寄りの設定となっている。外見も正統派の武将といった出で立ちで、眉間に皺が刻まれているのが特徴的である。彼が登場する『7 猛将伝』のステージはIFシナリオであり、史実の無念を晴らすかのような逆転劇を味わえる。

朱然(しゅぜん)

字(あざな):義封(ぎほう) 所属勢力:呉 得意武器:火焔弓 CV:柿原徹也

呉の宿将・朱治の甥で、子供のいない朱治の養子となった。孫権とは学友の間柄だったことから、孫権が孫策の跡を継ぐと武官に取り立てられる。朱然は孫権の抜擢に見事に応え、異民族討伐や防衛戦など数多くの功績をたてた。関羽討伐戦でも呂蒙に従い、同僚の潘璋と共に関羽を生け捕りにする大功をあげている。
その後、病に倒れた呂蒙は「決断力・実行力共に十二分」と朱然を評価し、自分の後任に推挙した。結局は孫権の差配で陸遜が呂蒙の後任になったのだが、呂蒙が後任に指名したのは実は朱然だったのである。

夷陵の戦いでも別動隊を率いて蜀軍の先鋒を破って退路を遮断し、敗走に追い込むなど活躍している。この時、軍内では劉備の追撃を求める意見が強かったが、朱然は魏の曹丕の動向を警戒し慎重論を唱え、陸遜や孫権も同意した。朱然の懸念は当たり、曹丕は10万近い軍勢を率いて呉への侵攻を開始する。江陵の防衛にあたった朱然は、十重二十重の包囲戦術と折悪しく発生した流行病によって苦戦を強いられながらも城を守り抜き、朱然の名は呉だけでなく魏にも鳴り響くようになったと正史に記録されている。この後も呉の功臣として孫権を支え続け、249年に病死した。孫権の朱然への信頼は最後まで変わらず、葬儀の際には心を込めて哭礼(死者を悼んで泣く儀式)したという。
一方、『三国志演義』での扱いは悲惨である。関羽の捕縛以外に目立った活躍はない上に、夷陵の戦いでは趙雲に斬られ、史実よりも27年も早く死を迎えてしまう。

ゲームでは若くして抜擢された俊英として登場する。感情をストレートに言葉にするため、生意気にみられることもあるが、裏表がなく、自分が悪いと思えば素直に頭を下げる潔い性格の持ち主。孫権と学友だった逸話は拠点で兵士達から聞けるが、シナリオでは陸遜と絡むことが多い。
また、火計を異常なほど好み、台詞のほとんどが火や火計に関係しているほどである。将星モードで陸遜との会話があるが、その会話のタイトルは「火計万歳」で、内容も火計の素晴らしさについて語り合うものとなっている。『7 猛将伝』で追加されたステージにも、陸遜と一緒に火計の練習をしている場面がある。

法正(ほうせい)

字(あざな):孝直(こうちょく) 所属勢力:蜀 得意武器:連結布 CV:橋詰知久

当初は蜀地方を治めていた益州牧の劉璋(りゅうしょう)に仕えていたが、あまり重用されることはなかった。また、劉璋の器量では大業をなせないと考えていたこともあり、劉備に協力して蜀建国に貢献した。その後も諸葛亮と共に中央の政治にあたり、定軍山の戦いでは劉備に策を献じて勝利に貢献するなど、政治と軍事両面で多大な功績を挙げている。しかし、220年に45歳という若さで病死。劉備は何日もその死を悼み、「翼侯」という諡号を送った。なお、劉備から直接諡号を与えられた人物は法正だけである。意外な話だが関羽と張飛、益州攻略中に戦死した龐統にも劉備は諡号を与えていない。

このように能力や功績に関しては文句なしの人物なのだが、人格に大きな問題があった。とにかく執念深く、どんな些細な恨みも絶対に忘れなかったという。そのため劉備が益州を攻略した後は、劉璋時代に自分を冷遇した上司や私怨のある人物を次々と処刑した。この行為に怒った人物が諸葛亮に談判するが、諸葛亮は法正の功績を理由に訴えを退けている。法に厳格な諸葛亮ですら、法正を特別扱いしていたのである。また、諸葛亮は法正の死後に起こった夷陵の戦いについて「法正殿が生きていれば止められたであろうし、止められなくても大敗にはならなかった」と嘆いたと正史『三国志』に記載があることからも、法正の能力の高さと、劉備からいかに信頼されていたかが分かる。

ゲームの法正は、どんな小さな恩、小さな恨みにも報いる徹底した報恩報復主義者。自分の性格の悪さを自覚しており、「悪党」を自称している。劉備を「お人好し」と言いながらも、その仁徳と器量を慕い、彼から受けた恩に報いようと忠誠を尽くす。ただし、主君である劉備にも遠慮なく喋り、勝利のためなら主君を囮にすることも厭わないなど、とんでもない言動や行動を取ることから、趙雲や星彩、諸葛亮など味方の多くからは実力は認められているものの、人物としてはあまり良く思われていない。

『7 猛将伝』では史実でも活躍した定軍山の戦いの他にも、IFとして「夷陵復讐戦」というステージが用意されている。関羽の仇討ちであるこの戦、恩返しや恨みを晴らすことは自然なことと考えているだけあって、実に生き生きとした様子で戦っている。

陳宮(ちんきゅう)

字(あざな):公台(こうだい) 所属勢力:他 得意武器:兵法簡 CV:宮崎寛務

最初は曹操に仕えたが、後に裏切り呂布につく。曹操を裏切った理由は「曹操への疑いを抱いた」と正史『三国志』に記録されているのみで、詳細は不明である。曹操が徐州討伐に向かった隙をつき、呂布を迎え入れて反乱を起こしたものの、荀彧や夏侯惇らの守備を崩すことができなかった。さらに帰還した曹操との戦いに敗北し、劉備を頼って落ち延びることになる。
ここでも劉備を裏切って城を奪い、劉備軍を追い出すことに成功したが、やがて曹操が大軍を率いて呂布軍を攻めたて、たちまち窮地に追い込まれる。陳宮はこの局面を打開すべく呂布に色々と献策するが、1つも採用されなかった。そして下邳城の戦いにて敗北。陳宮は捕縛されて曹操の面前へ引き出された。

曹操は陳宮に「何故このようなことになったのか」と尋ねると、陳宮は「呂布が自分の策を取り上げなかったからだ」と答えた。さらに曹操が、「家族をどうするつもりか」と尋ねると「天下を治める者は、人の親を殺したり、祭祀を途絶えさせたりしないと聞いている。母や妻子の生命は、貴方の心にかかっている」と答え、なおも自分に問いかけようとした曹操に「早く自分を処刑して、軍法を明らかにしていただきたい」と言うとそのまま刑場へ向かった。曹操は涙ながらにそれを見送るも、陳宮は一度も振り返らなかったという。その後、曹操は陳宮の家族を引き取って厚遇し、陳宮の娘も嫁ぐまで面倒をみたと『三国志』に記載されている。
『三国志演義』では董卓暗殺に失敗した曹操を助け、逃亡にも手を貸すものの、結局は曹操の身勝手さに呆れ、袂を分かつことになる。その後は処刑前の曹操とのやり取りなど、大まかな流れは史実とほぼ同じ。

ゲームでは曹操軍に所属していた頃、虎牢関の戦いで呂布と出会ったのがきっかけで、呂布に惹かれるという設定になっている。ひょうきんな性格で、「まさに、まさに~」「なにとぞ、なにとぞ~」などと、要所要所で同じ言葉を2回繰り返す癖があり、喋り方もかなり芝居がかっているのが大きな特徴である。実は大変な野心家で、自分の智謀を後世に残すことを目的に動いている。呂布についたのも、曹操でさえ失敗に終わった董卓の暗殺を成し遂げた呂布の武に、己の才能を活かす場を見出したからである。
史実ルートでは献策が採用されず、呂布と共に破滅の道を進むが、IFルートでは呂布軍の軍師として信頼され、大いに活躍する展開となっている。

呂玲綺(りょれいき)

所属勢力:他 得意武器:十字戟 CV:牛田裕子

呂布の娘。正史によると、群雄の1人・袁術が呂布との同盟のために、自分の息子と呂布の娘との結婚を申し入れた。一度は承諾した呂布だったが、後に婚約を破棄して娘を連れ戻したという。彼女についての記述はこれ以外ではほとんどなく、生母や名前といった詳細は伝わっていない。『三国志演義』でもほぼ同じだが、こちらでは生母は呂布の正室となっている。

ゲームではストーリーモード「呂布伝」史実ルートに登場する、銀髪と黒い鎧が特徴の凛々しい美少女。自らを「鬼神の娘」と称し、率先して戦場に立つ。父譲りの武芸でもって味方を鼓舞する勇敢な女性武将で、兵達にも慕われている。その一方で、気丈な性格とは裏腹に孤独を怖がる一面を持つ。また、得意武器の十字戟は『真・三國無双5』の時に呂布が使用していた武器でもある。

「玲綺」の名前はコーエーテクモゲームスの創作。余談だがコーエーテクモゲームスは、2003年に発売したPS2版ゲーム『三國志戦記2』に登場する呂布の娘にも同じ名前をつけている。

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

目次 - Contents