丸喜拓人/アザトース(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

丸喜拓人(まるき たくと)/アザトースとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目、そのリメイク版である『ペルソナ5 ザ・ロワイル』(P5R)にて追加されたキャラクターである。物語序盤、とある事件がきっかけで、非常勤スクールカウンセラーの拓人がP5主人公の通う高校「秀尽学園(しゅうじんがくえん)」に赴任する。アザトースの方は拓人の持ちペルソナであると同時に、『P5R』で追加された時間軸「3学期」の中で起こる事件の黒幕にあたるキャラクターとして、物語終盤に登場する。

巷で人気の高校生探偵。数々の事件を解決してきた実力を持ち、『ペルソナ5』の本編内では怪盗団を追う立場として登場する。ペルソナ使いであった事が判明した後は、「心の怪盗団」のメンバーとして主人公達と共に行動するようになる。だが実は、大物政治家・獅童正義(しどう まさよし)の命のもと、「心の怪盗団」を破滅に追いやる為に近づいてきていた事や、彼に従い、「認知世界」を通じて幾つもの悪行を行っていた事が、後に発覚する。獅童の愛人の息子であったという秘密も持っており、獅童に従順に従っていたのは、彼に復讐する機会を狙っていたからに過ぎない。だが、獅童の方が明智の狙いに気づいており、「心の怪盗団」明智が敗れた後は、獅童の秘密を知る明智を抹殺する為、自らが作り上げた「認知」の明智に彼を殺すように命じる。全てを知った明智は、その後、獅童の改心をP5主人公達に託し、認知の自分と相打ちになる形で行方知れずとなってしまう。
だが『P5R』で追加された要素「3学期」中に丸喜拓人/アザトースが起こした事件によって生き返ってしまう。明智を死なせてしまったかもしれないという、P5主人公の罪悪感から生まれた「認知」の存在であり、明智本人ではない。その後、丸喜拓人/アザトースの企みを阻止する事を決めたP5主人公と怪盗団達と共に、丸喜拓人/アザトースを止めに行く事となる。

芳澤かすみ(よしざわ かすみ)

丸喜拓人/アザトースと同じく、『P5R』にて追加されたキャラクター。P5主人公と同じ時期に高校「秀尽学園」へ転入してきた女子生徒。容姿端麗な美少女である上に、中学時代から新体操の選手として優秀な結果を出し続けており、将来に期待がされている。性格も明るく活発的で、スポーツ女子故の食欲旺盛さなのか、男性である筈のP5主人公の倍以上の量を食べる一面もある。
だが『P5R』で追加された要素「3学期」中に登場するダンジョン「マルキ・パレス」にて、実は「芳澤かすみ」ではなく、その妹の「芳澤すみれ」であった事、さらに本物のかすみは、本編開始よりも前に、すみれをかばう形で車にはねられ亡くなっていた事が判明する。姉を自分のせいで亡くした事が許せなかった彼女は、その後、カウンセラーの丸喜拓人と出会う。そこで丸喜拓人/アザトースの力によって、自らが「かすみ」であるという曲解した認知を植え付けられ、以降、かすみとして振る舞うようになってしまっていた。全てを思い出したかすみは、今度こそ現実、そして自分自身と向き合うと誓うと共に、ペルソナ使いに覚醒。P5主人公達と共に丸喜拓人/アザトースの企みを阻止する為、彼らのもとへ向かう事となる。

聖杯/ヤルダバオト

『P5R』で追加された要素「3学期」を除く、本編で起こる一連の騒動の元凶であり、黒幕。元は「大衆の願いを叶える存在」として生まれた聖杯だったが、大衆の持つ「誰かに全てを任せて、自分は特に何もせず何も考えず生きていきたい」という怠惰な願いを前に、人類に失望し、人々を統制する神・ヤルダバオトに生まれ変わってしまう。サブダンジョン・メメントスのような世界に現実世界を作り変えようと目論んでいる。それ故、人間の可能性を信じているベルベットルームの主・イゴールを邪魔に思っており、自身の目論見を成功させる為に彼にある「ゲーム」を持ちかける。だが「ゲーム」開始直前、イゴールを封印し、彼が「ゲーム」に必要なペルソナ使いの手伝いをしないよう、その活動を妨げる。さらに、イゴールが用意したペルソナ使い・P5主人公を、絶好のタイミングで絶望の底に叩き落とす為、イゴールのフリをしてP5主人公の手伝いを行うようになる。最終的にはその企みはP5主人公と、ベルベットルームの真の住人・ラヴェンツァによって明かされ、その後、P5主人公達怪盗団との戦闘に敗れる形で、完全なる失敗に終わる事となる。
丸喜拓人/アザトースとは、直接的な関係はないものの、聖杯/ヤルダバオトが、P5主人公達に敗れ、サブダンジョン・メメントスの支配権を失ってしまった事がきっかけで、その支配権が丸喜拓人/アザトースに移る事となってしまう。丸喜拓人/アザトースが「3学期」中の事件を起こす、最大のきっかけとなった存在である。

渋沢(しぶさわ)

丸喜拓人/アザトースの学生時代からの友人。昔からなにかと抜けていたり、勝手に突っ走ったりしてしまう傾向がある丸喜拓人/アザトースの事を心配しており、なにかと面倒を見ている。丸喜拓人/アザトースが、「認知訶学」の実験を中断させられた時も、真っ先にその話を聞いてあげていた。大学を辞めた丸喜拓人/アザトースにカウンセラーの職を進めた張本人でもある。

丸喜拓人/アザトースの名言・名セリフ/名シーン・名場面

丸喜拓人「あぁ…いいさ。どこの誰でもいい…力を貸してくれ!僕に留美を救わせてくれ…!」

丸喜拓人がアザトースの力を手にした時に述べた台詞。
病室で過去のトラウマ(家族が殺された記憶)からパニックに陥った恋人・留美を見た丸喜拓人は、たとえ自分の研究で犯罪の促進を抑制する事ができても、一番救いたい相手である留美は、いつまでも過去に囚われたままである事に気づき、絶望する。自分の力では彼女を救えないと絶望する反面、犯罪の被害者である彼女が永遠に苦しまなければならない現実に熱い怒りが彼の中で巻き起こったその時、彼の想いに呼応するかのように、アザトースが丸喜拓人に自分を喚び、力を使うように声をかける。通常、そんな不思議な存在に声をかけられたとなれば、困惑し、戸惑うのが通常の人間だ。だが丸喜拓人は困惑しながらも、それ以上に留美を救いたいという強い想いが勝った事で、強く「あぁ…いいさ。どこの誰でもいい…力を貸してくれ!僕に留美を救わせてくれ…!」とアザトースに頼む事となる。彼が留美という恋人をどれだけ大事に思っていたかがわかる台詞であると同時に、彼がそれまで『ペルソナ5』に出てきた悪人達とは一線を画するボスキャラクターである事も感じられる。恋人を心の底から大事に想う、彼の優しい人柄が、3学期に起きた騒動の引き金になってしまった事がわかる、悲しい名台詞・名シーンだ。

丸喜拓人「本当なら立ち向かって、乗り越えて、成長すればいい…!けど現実はそう甘くはないんだよ!頑張ったって、努力したって、少しの理不尽で全てが無駄になる事だってある!」

P5主人公達に2度敗れた丸喜拓人が、それでも己の負けを認められなかった結果、P5主人公達に向かって叫んだ台詞。
「本当なら立ち向かって、乗り越えて、成長すればいい…!」という言葉からは、彼自身も自分が本当は「現実と向き合いきれてないだけ」という弱さを持った人間である事を自覚している事がわかる。そうして続く「けど現実はそう甘くはないんだよ!頑張ったって、努力したって、少しの理不尽で全てが無駄になる事だってある!」という台詞からは、立ち向かう事が正しいとわかっていながらも、それが許されるばかりではない現実の厳しさや非情さを説いている事が感じ取れる。この後半の台詞は彼自身の経験の中で、得てしまった答えである事が推測できる。どれだけ頑張っても救えなかった恋人、中断されてしまった研究、認められなかった自分の論文、そういった様々な辛い現実の出来事を実際に体験してきた彼だからこそ言える台詞だといえる。丸喜拓人という人間が歩んできた悲しい人生が詰め込まれた、名台詞である。

丸喜拓人「頼むよ…もう、終わりにしよう。」

P5主人公に負けた事を認めた丸喜拓人が、認知世界の中に落ちていこうとした時、それを寸前のところで助けたP5主人公に向けて、丸喜拓人が述べた台詞。
「頼むよ…もう、終わりにしよう。」と力なく言う丸喜拓人からは、彼が本当に心の底からP5主人公達に負けた事を認め、そして自分の行いの方が間違っていた事を自覚している事が見て取れる。と同時に、己の全力をかけて作り上げた現実世界の全てが、間違いだったという事実に意気消沈し、全てを投げやりになってしまっているのも感じられる。その心情は、P5主人公が必死に丸喜拓人の手を掴み、彼を持ち上げようとする最中、ずっと俯き、その手を握り返そうともしない丸喜拓人の様子からも察しがつく。また丸喜拓人は気づいてはいないが、実はこの台詞は、奇しくも彼が恋人の留美にアザトースの力を使う前に言われた「終わらせて」という台詞に近しい言葉となっている。家族を失った苦しみから立ち上がれなかった留美が最後にこぼした台詞と、似た意味合いの台詞をこぼした丸喜拓人の様は、それだけ彼が今全てを諦めてしまっている、という事実を語る以外の何もでもない台詞だ。だが留美の時と違い、丸喜拓人には彼が諦めても、彼を救う事を諦めなかったP5主人公が居た。それ故に丸喜拓人は助かり、再び前を向く事ができた。それは、留美の時にも、丸喜拓人がP5主人公のように諦めずに彼女と向き合い続けていれば、何か変わったかもしれない可能性を見せているとも推測できる。改めて、3学期の騒動が、丸喜拓人の弱さから来たものであった事を認識させられる台詞である。

丸喜拓人/アザトースの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

丸喜拓人の名前の由来は小説家の「マルキ・ド・サド」説

「マルキ・ド・サド」の小説が集められた選集の1つ「悪徳の栄え 下」の表紙。

丸喜の名前に関して、その由来となったのが小説家の「マルキ・ド・サド」である可能性が、ファンの間において推測されている。この「マルキ・ド・サド」といのは、フランスの小説家であり、同時に「サディズム」という単語の語源となった人物としても知られる著名人でもある。「サディズム」とは、相手に精神的または身体的な苦痛を与える事で快楽を得る事を意味する用語となっており、日本では「サド」や「S」と略されて使用される事が多い。人々の幸せの為にペルソナ能力を使おうとしていた丸喜とは、真反対の性質を持つ用語であるが、それ故に皮肉的な意味を込めて名前の元ネタとして使用された可能性も推測できる、とファンの間では話題になっている模様。
また丸喜が秀尽学園に赴任してきた際に、学園で行われていた中間試験の問題の中にマルキ・ド・サドの小説「悪徳の栄え」が出てくる。さらに、丸喜のコープに登場する彼の大学の友人の名前「渋沢」が、日本にマルキ・ド・サドの小説を広めたフランス文学者の「澁澤龍彦」の名字に近しい事が判明している。明確な答えは不明だが、このような要素から、丸喜の名前の由来はマルキ・ド・サドである事が高いと推測されている。

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

ペルソナ5(P5・Persona 5)のネタバレ解説・考察まとめ

心の力「ペルソナ」を召喚する能力に目覚めた主人公たちの活躍を描く「ペルソナシリーズ」の第5弾。 腐った大人たちにより未来を奪われようとしている主人公達は、ターゲットを改心させるべく「心の怪盗団」を結成し、暗躍する。 システム面においても従来のシリーズ作品より強化されており、やり込み要素も豊富。 スタイリッシュに綴られる学園ジュブナイルは中毒性抜群で何度もプレイしたくなる作品に仕上がっている。

Read Article

ペルソナ5(P5)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

『ペルソナ5』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの5作目にあたるゲーム作品である。「悪人の『改心』を行う怪盗団」の活躍を描く物語となっており、従来の『ペルソナ』シリーズがもつ「ジュブナイル」の要素に「ピカレスクロマン」の要素を足した作品となっている。 怪盗団のメンバーはそれぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いて「悪人」やダンジョン内をうろつく敵と戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

【ペルソナ5・P5】モルガナの正体と事件の真相のネタバレ解説・考察まとめ

ATLUSのRPGシリーズ「ペルソナ」の五作目にて、主人公らと共に「怪盗団」の一味として活躍する謎の黒ネコ・モルガナ。主人公らに怪盗としてのノウハウを教えつつ、日常生活にも溶け込み、悪人を改心すべく活躍する。怪盗団として彼が見つけ出した自身の正体と、真相について解説する。

Read Article

明智吾郎(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

明智吾郎(あけち ごろう)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。巷で人気の高校生探偵であり、数々の事件を解決してきた実力をもつ。初めて登場した際は警察と共に主人公達「心の怪盗団」を追いかける側のキャラクターであったが、後にペルソナ使いであった事が判明し、「心の怪盗団」のメンバーとして主人公達と共に行動するようになる。怪盗団仲間入り時のコードネームは「クロウ」。

Read Article

ジョーカー/P5主人公(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジョーカー/P5主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目の主人公である。ゲーム内での決まった名前はない、ネームレスキャラクター。ただしコミカライズ版では来栖暁(くるす あきら)、アニメ版では雨宮蓮(あまみや れん)という名が与えられている。コードネームは「ジョーカー/JOKER」。様々なペルソナを自由自在に使いこなしながら、「心の怪盗団」のリーダー・切り札として、悪人の心を盗み「改心」させている。

Read Article

佐倉双葉(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

佐倉双葉(さくら ふたば)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場する女性キャラクターである。「心の怪盗団」のダンジョン探索、戦闘時のサポート役を担うペルソナ使い。人間離れした計算能力と天才的なプログラミングスキルを持つハッカー。世界的ハッカー集団「メジエド」の創始者でもある。母を亡くした事をきっかけに、引きこもりとなる。母亡き後は、P5主人公の居候先「喫茶店ルブラン」のマスター佐倉惣治郎(さくら そうじろう)に引き取られ暮らしている。コードネームは「ナビ」。

Read Article

高巻杏(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

高巻杏(たかまき あん)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公が通う「私立秀尽学園高校」に通う高校2年生。アメリカ系クォーター。学業の傍ら、読者モデルもしている。「悪人」な大人によって親友が傷つけられた事をきっかけに、ペルソナ使いに覚醒。その後、同時期にペルソナ使いとなったP5主人公達と共に「心の怪盗団」を結成し、ペルソナ使いの力を使い、悪人の「改心」を行っていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「パンサー」。

Read Article

新島真(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

新島真(にいじま まこと)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目の女性キャラクターである。「私立秀尽学園高校」の生徒会長。検事の姉、新島冴(にいじま さえ)と2人で暮らしている。当初は校長からの指令により、「心の怪盗団」の調査を命じられ、怪盗団であるP5主人公とその仲間達の行動に目を光らせていたが、後にペルソナ使いとして覚醒。「心の怪盗団」の作戦参謀役として、P5主人公達と共に悪人の心を盗み「改心」させていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「クイーン」。

Read Article

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴールとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。『ペルソナ』シリーズ全作品に登場しており、ペルソナ使いである主人公達の活動を手助けしていく役を担っている。1・2ではフィレモンと呼ばれる人物に従っている存在だったが、『ペルソナ3』以降では、不思議な青い部屋・ベルベットルームの主として登場するようになる。長い鼻が特徴のキャラクターとなっており、公式にてネタとしていじられてもいる。

Read Article

芳澤かすみ(ペルソナ5)のネタバレ解説・考察まとめ

芳澤かすみ(よしざわ かすみ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目、そのリメイク版の『ペルソナ5 ザ・ロワイル』(P5R)にて追加されたキャラクターである。物語序盤、P5主人公と共に都内の高校「秀尽学園(しゅうじんがくえん)」に転入してくる。美しい容姿と新体操選手としての優秀な成績がある事から、人々に将来を期待されている。物語後半、ペルソナ使いに覚醒してからは心の怪盗団の協力者となる。「3学期中」に起こる騒動の際は、心の怪盗団と共に黒幕の目論見を止めに向かう。

Read Article

奥村春(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

奥村春(おくむら はる)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。大手ハンバーガーチェーン「オクムラフーズ」の社長令嬢であり、P5主人公達が通う「秀尽学園高校」の3年生。父、奥村邦和(おくむら くにかず)が「悪人」であった為、彼の「改心」を行おうとしていたP5主人公達「心の怪盗団」と知り合う。父の一件をきっかけにペルソナ使いに覚醒。以降は怪盗団に加わり、「悪人」の「改心」を行っていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「ノワール」。

Read Article

喜多川祐介(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

喜多川祐介(きたがわ ゆうすけ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。日本画家、斑目一流斎(まだらめ いちりゅうさい)の下で住み込みの門下生として暮らしている。しかし実は斑目が悪人であった事から彼を「改心」させようとしているP5主人公達「心の怪盗団」と関わるようになる。その結果ペルソナ使いとして覚醒。「心の怪盗団」に加入し、P5主人公達と共に悪人の心を盗み「改心」させていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「フォックス」。

Read Article

坂本竜司(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

坂本竜司(さかもと りゅうじ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公が通う「私立秀尽学園高校」に通う高校2年生。P5主人公が最初に仲良くなる親友、または悪友ポジションのキャラクターとなっている。P5主人公と共に「心の怪盗団」を発足させたペルソナ使いでもある。「怪盗団の切り込み隊長」を自称している。怪盗団内でのコードネームは「スカル」。

Read Article

モルガナ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

モルガナとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目に登場するキャラクターである。P5主人公達がペルソナ使いになる前からその能力を覚醒させ、認知世界で怪盗業に従事していた。猫の姿をしているが、本人曰く「ニンゲンである」とのこと。とある事件で生身を失い、それを取り戻すべくダンジョン「パレス」内にあるオタカラを求めているのだという。P5主人公達と出会ってからは、「心の怪盗団」の先導役として現実世界の悪人の「改心」を行っていく。怪盗団内でのコードネームは「モナ」。

Read Article

吉田寅之助(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

吉田寅之助(よしだ とらのすけ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。渋谷駅前で街頭演説をしている政治家の男。『ペルソナ5』のサブ要素・コープの「太陽」枠を担当している。過去に何度も不祥事を起こしており、7回連続で選挙に落選している。だが本人は過去の事を悔やんでおり、それ故に真剣に国の未来と向き合おうとしている。P5主人公とは街頭演説中に知り合う。自分の演説を訊いてくれたP5主人公を見込んで、演説の手伝いを頼むようになる。

Read Article

東郷一二三(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

東郷一二三(とうごう ひふみ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公の仲間であるペルソナ使い・喜多川祐介(きたがわ ゆうすけ)と同じ高校に通う、女子高生棋士。『ペルソナ5』のサブ要素・コープの「星」枠を担当している。棋士の腕前と美麗な容姿が認められ、「美しすぎる棋士」として人々の注目を集めている。そんな一二三の棋士としての戦術の腕前に興味を持ったP5主人公が、彼女に声をかけた事から2人の交流が始まるようになる。

Read Article

岩井宗久(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

岩井宗久(いわい むねひさ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。渋谷の裏通りに店を構えているミリタリーショップの店長。本作の「武器屋」の店主にあたる人物であり、サブ要素・コープ「刑死者」枠を担当してもいる。モデルガンのカスタムが得意で、P5主人公達「怪盗団」が使う銃のカスタムもしてくれる。P5主人公とは、彼が客として店にやってきた時に知り合う。宗久作の改造銃を欲しがるP5主人公を利用し、己の「シゴト」を手伝わせるようになる。

Read Article

聖杯/ヤルダバオト(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

聖杯/ヤルダバオトとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。本作の一連の事件の黒幕・元凶として、ボスキャラクターを務めている。元は大衆の願いを叶える為に存在していた「聖杯」であったが、大衆が「誰かに全てを任せて、自分は特に何もせず何も考えず生きていきたい」という怠惰な願いを抱くようになった事で歪んでしまい、統制の神・ヤルダバオトになってしまった。人間を管理する存在となり、現実世界をサブダンジョン・メメントスのような世界にする事を目論む。

Read Article

ジュスティーヌ&カロリーヌ/ラヴェンツァ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジュスティーヌ&カロリーヌ/ラヴェンツァとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公の手伝いをする不思議な青い部屋・ベルベットルームの住人。本作のベルベットルームは「監獄」がテーマの為、ジュスティーヌ&カロリーヌは「双子の看守」としてP5主人公の「更生」を手伝っていく事となる。元はラヴェンツァという1人の少女であったが、本作の黒幕・聖杯/ヤルダバオトによって、ジュスティーヌ&カロリーヌの2人に分断されてしまう。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

PERSONA5 the Animation(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『PERSONA5 the Animation』とはアトラス製作のゲーム『ペルソナ5』を原作としたアニメ作品である。 ある出来事をきっかけに“ペルソナ”使いとして覚醒した蓮は、新たに出会った仲間達とともに「心の怪盗団」を結成。 悪しき欲望に塗れた大人達の“歪んだ欲望”を盗んで改心させていく。 大都会“東京”を舞台に高校生として日常生活を送りながらも、放課後は「心の怪盗団」として暗躍する。 壮大なピカレスクロマンの幕が切って落とされる!

Read Article

PERSONA5 the Animation(第1話『I am thou, thou art I』)のあらすじと感想・考察まとめ

とある事件に巻き込まれ、前歴が付いてしまった高校生の雨宮蓮は、一年間の保護観察処分を受け、身元引受人佐倉惣治郎の元での生活を開始する。そんな中、転入先の秀尽学園へ向かう途中、異世界へと迷いこんでしまう。 今回は「PERSONA5 the Animation」第1話『I am thou, thou art I』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents