Wonder Girls(ワンダーガールズ)の徹底解説まとめ

2007年に韓国でデビューしたガールズアイドルグループ。
レトロなダンスナンバー『Tell Me』が爆発的な大ヒットとなり「国民の妹」という愛称がつけられて、その後に訪れる韓国のアイドルブームの火付け役となった。
韓国を代表する人気グループとして活躍し、2017年1月26日に公式サイトで解散が発表された。

2007年9月12日に発売されたフルアルバム『The Wonder Years』に収録されている。
1980年代風のレトロなダンスナンバーで、発売から時間が経った現在でも多くのアイドルグループにカバーされている大ヒット曲。

『Nobody』

「1960年代の復古」というコンセプトで作られた楽曲で、大ヒットした『Tell Me』に続く人気曲。
英語バージョンは韓国のアーティストとしてはじめてアメリカのビルボートホット100にランクインする快挙を成し遂げた。

『Why So Lonely』

これまでシングルとして発売された楽曲は所属事務所の社長のパク・ジニョンが作ったものであったが、この曲ではじめてメンバーが作った曲がシングルに採用された。。
Wonder Girlsがはじめて挑戦したレゲエポップの楽曲で、気だるいボーカルラインが魅惑的な人気曲。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents