AKIRA(アキラ)のネタバレ解説まとめ

AKIRAとは1982年~1990年に連載された大友克洋によるマンガ作品、および1988年劇場アニメ版作品のことである。新型爆弾により崩壊した東京地区に住む主人公・金田は、事故をきっかけに超能力に目覚めた親友の鉄雄と共に軍が秘密裏に研究する超能力者を巡る抗争に巻き込まれる。軍が極秘に封印していた最強の超能力者「アキラ」の封印を解き世界征服を試みる鉄雄の暴走を止めるため、金田は仲間たちと協力し戦う。

鉄雄との最終決戦に命を投げる覚悟でいたケイに対しチヨコ(通称おばさん)が言った台詞。東京の崩壊、そしてネオ東京の破壊と世界が崩壊し人類の存続すら絶望的な中でのチヨコの台詞はとても重く深い。

「わ…わしは…まだ…楽には…死ねんの…だ」(ミヤコ)

鉄雄との最終決戦の時。鉄雄の力をアキラの力とぶつけ相殺させて終わらせるためには不安定な鉄雄の力を最大にまで高める必要があった。異形の姿で暴れる鉄雄をひきつけ、煽り、更なる攻撃を受け血を流しながらミヤコが言い放った台詞。この後ミヤコは使命を全うし息を引き取る。

関連サイト

www.bandaivisual.co.jp

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents