AKIRA(アキラ)のネタバレ解説まとめ

4692057626 14148e1f53 b

AKIRAとは1982年~1990年に連載された大友克洋によるマンガ作品、および1988年劇場アニメ版作品のことである。新型爆弾により崩壊した東京地区に住む主人公・金田は、事故をきっかけに超能力に目覚めた親友の鉄雄と共に軍が秘密裏に研究する超能力者を巡る抗争に巻き込まれる。軍が極秘に封印していた最強の超能力者「アキラ」の封印を解き世界征服を試みる鉄雄の暴走を止めるため、金田は仲間たちと協力し戦う。

軍の最高指揮官であり封印したアキラの管理者でもあった。
アキラに対するこだわりが強く、クーデターを起こしてまでアキラを封印しようと試みるも結果的にはアキラの力を目の当たりにすることとなる。
ネオ東京崩壊後も軍事衛星SOLを使って鉄雄とアキラを抹殺する機会をうかがっていたが、目的を同じとするナンバーズのキヨコたちと共に闘うことになる。

山形(CV:大倉正章)

Yamagata

金田の暴走族グループの特攻隊長的存在。乱暴で喧嘩も強いが仲間に対しては義理堅く面倒見がいい。
超能力を得た鉄雄の前に立ちはだかり惨殺されてしまう。

甲斐(CV:草尾毅)

Kai

金田の暴走族グループの一人。山形とよくつるんでいる小柄な青年。
裕福な家庭で育っており、理性的な性格をしている。
ネオ東京崩壊後はジョーカーたちと共に鉄雄・アキラへの復讐のチャンスをうかがっていた。

マサル(27号)(CV:神藤一弘)

Masaru

小児マヒを患っており浮遊する椅子に座っている。大人びた冷静な性格をしている。

タカシ(26号)(CV:中村龍彦)

Takashi

好奇心が強く少し幼い性格。鉄雄の超能力覚醒のきっかけを作った。
根津による誤射により命を落とすが、これがきっかけでアキラが能力を使いネオ東京が崩壊することになる。

キヨコ(25号)(CV:伊藤福恵)

Kiyoko

優れた予知能力を持つ。身体が弱っており寝たきりであるが、超能力でベッドを浮遊させるなどして移動することができる。
アキラが能力を使った時、マサルと協力してケイや敷島などその場に居合わせた面々を瞬間移動させできるだけ助けようと試みた。
ネオ東京崩壊後はケイらに保護され、後にミヤコの元へ身を寄せる。

ミヤコ(CV:北村弘一)

T02200391 0480085412004369990

元ナンバーズであり19号。最初のアキラによる爆発で両目を失明しているが、超能力により他人の視覚を共有することができる。
その強い超能力は傷ついた者を治癒したりすることもできることから一般市民から崇め奉られ「ミヤコ教」の教祖として一団体を治めている。
ネオ東京崩壊後、路頭に迷う被災民を受け入れたり、ケイや金田に助言したりナンバーズたちを保護するなど重要な役割を果たす。
最終決戦の時、超能力を持つ側近数名を連れて暴走する鉄雄をひきつける役目を果たしそのまま命を落とす。
ちなみに劇場版では「アキラ」を奉る狂信者としてわずかに登場する程度である。

カオリ(CV:淵崎有里子/現:渕崎ゆり子)

Kaori

ネオ東京崩壊後、難民としてさまよっていたところを鉄雄の側近に拾われ、鉄雄の過激な性交渉の相手としてあてがわれる。
与えられた薬物を口にしなかったため命を取り留めたが、それがきっかけで鉄雄の侍女となる。
依存していく鉄雄の面倒を献身的に見ていた。

根津(CV:大竹宏)

Nezu
keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents